【2022年】おすすめ電動自転車30選!用途別&人気メーカー別に紹介

【マニアが選ぶ】おすすめ電動自転車30選!用途別&人気メーカー別に紹介
この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、電動自転車のおすすめ30選を紹介!

通勤・通学、スポーツモデル、街乗り向けのミニベロおしゃれなデザイン、折りたたみ、値段が安い、海外の人気モデル、坂道に強いモデル、子ども乗せのおすすめをそれぞれ紹介しています。

急な坂道も、電気のちからでスイスイ走れる電動自転車。

人と密になることなく、自分の好きなタイミングに、好きな道を選んで移動できることから、電動自転車を利用する人が最近増えています。

安定感がバツグン
現在、注目を集めている電動自転車

電動自転車選びで迷うポイントといえば、種類の多さです。

電動自転車が注目されるようになってから、数多くのメーカーがいろいろなモデルを発売しています。

各モデルの特長をくわしく知らないまま買ってしまうと、「あのモデルにすればよかった…」と後悔することに。

そこで当ブログ【ゆんとも】では、電動自転車に60台以上乗っている筆者が使用用途に合わせたあなたにピッタリのモデルを紹介!

ゆんともパパ
厳選した30台を紹介しているので、ぜひ参考にしてください

おすすめの電動自転車30選(タブごとに見れます)

スポンサーリンク
タップできる目次

電動自転車の選び方

電動自転車の選び方

電動自転車は、10万円以上する高価なもの。

買ってから、「あのモデルにすればよかった…」と後悔しないために、はじめに電動自転車の選ぶポイントを紹介してきます。

ゆんともパパ
サラッと

見ていきましょう

使用用途に合わせて選ぶ

電動自転車選びで1番たいせつなのは、使用用途に合わせて選ぶことです。

スクロールできます
種類シティ
タイプ
ミニベロスポーツ
タイプ
折りたたみ子ども乗せ
画像ティモSパスシティCJF1GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」パナソニック ギュット
主な用途通勤・通学
日々の買い物
街乗り通勤
サイクリング
街乗り
ポタリング
子どもを
乗せる
ポイントバッテリー容量
かご付き
タイヤサイズ
デザイン
走りやすさ
軽さ
車体の軽さ
タイヤサイズ
安全性
乗りやすさ

上記のように、使用用途によって選ぶ種類が変わってきます

あなたの用途にピッタリ合うモデルを選びましょう。

バッテリー容量

2つ目のポイントは、バッテリー容量です。

バッテリー容量が大きいほど、1回の充電でなが~く走れます

バッテリー

ただ、バッテリー容量が大きくなると、車体の重量が重たくなる点は注意が必要です。

「電動自転車を使う頻度」と「車体の重さ」の両方を考えて、バッテリー容量を選びましょう。

タイヤサイズ

3つ目のポイントは、タイヤサイズです。

サイズが小さいタイヤ
サイズが大きいタイヤ
タイヤの選び方
  • タイヤサイズが小さい:小回りがきく。5km以内の移動が多い人向け
  • タイヤサイズが大きい:中・長距離移動が楽。5km~10kmの移動が多い人向け

おしゃれなデザイン

毎日乗りたくなるおしゃれなデザインを選ぶのも、たいせつなポイント。

WELB
毎日乗りたくなるデザイン

周囲の視線を釘付けにするおしゃれなデザインの電動自転車に乗っていると、何気ない移動も楽しくなります。

購入後のメーカーサポート

最後、5つ目のポイントは、購入後のメーカーサポートです。

電動自転車は家電製品と同じで、モーターや電動スイッチが故障するケースがあります。

バッテリーを取り外した状態

購入後のメーカーサポートがしっかりしていないメーカーを選ぶと、

モーターが壊れて修理する場合、4万円~5万円の修理代がかかることも…。

購入前に、各メーカーの保証内容をかならずチェックしましょう。

おすすめ電動自転車の一覧表

本記事で紹介するおすすめ電動自転車30選の一覧表が、こちら。

スクロールできます
使用用途メーカー
モデル
画像おすすめ度価格
(税込)
バッテリー1充電
あたりの
最大走行距離
タイヤメーカー
サポート
アシスト力
子ども
乗せ
前乗せ
ブリヂストン
ポーラーe
ポーラーe
4.5/5.0
190,000円15.4Ah約78km20×1.95HE(前)
20×2.125HE(後)
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
パワフル
子ども
乗せ
前乗せ
パナソニック
クルーム EX
パナソニック「ギュット クルームEX」
5.0/5.0
189,000円16.0Ah約80km20インチ本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
子ども
乗せ
前乗せ
ヤマハ
PAS Kiss
ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」
5.0/5.0
165,000円15.4Ah約78km20×2.125HEフレーム 1年
モーター 1年
バッテリー 2年
パワフル
子ども
乗せ
後ろ乗せ
ブリヂストン
ビッケモブ
ビッケモブ
5.0/5.0
190,000円14.3Ah約115km24×1.75HE(前)
20×2.125HE(後)
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
子ども
乗せ
後ろ乗せ
パナソニック
クルームR・EX
パナソニック ギュット
5.0/5.0
184,000円16.0Ah
約86km20インチ本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
パワフル
子ども
乗せ
後ろ乗せ
ヤマハ
PAS Babby
PAS Babby un SP
5.0/5.0
147,400円12.3Ah約75km20×2.125HEフレーム 1年
モーター 1年
バッテリー 2年
パワフル
通勤パナソニック
ジェッター
ジェッター
4.0/5.0
175,000円12.0Ah約85km700×38C本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
通勤ブリヂストン
TB1e
TB1e
5.0/5.0
174,000円14.3Ah約200km27×1-3/8フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
パワフル
通勤ヤマハ
PAS Brace
パスブレイス
4.5/5.0
179,300円15.4Ah約91km26×1.50HEフレーム 1年
モーター 1年
バッテリー 2年
パワフル
通学パナソニック
ティモS
ティモS
4.5/5.0
135,000円16.0Ah約100km26インチ本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
通学ブリヂストン
ステップクルーズe
ステップクルーズe
5.0/5.0
174,000円14.3Ah約200km26×1.75HEフレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
パワフル
通学パナソニック
ベロスター
ベロスター
4.0/5.0
115,000円8.0Ah約50km700×38C本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
値段が
安い
ペルテック
TDN-206
ペルテック「TDN-206」
4.5/5.0
79,800円8.0Ah約42km20インチ1年マイルド
値段が
安い
ペルテック
TDA-712L
ペルテック「TDA-712L」
4.5/5.0
82,800円8.0Ah約42km27.5×1.751年マイルド
スポーツWELB
Eバイク
WELB
5.0/5.0
189,800円6.8Ah約100km700c×23~32フレーム 3年
モーター 1年
バッテリー 1年
パワフル
スポーツBESV
JF1
JF1
4.5/5.0
278,000円7.0Ah約105km700×35Cフレーム 5年
モーター 2年
バッテリー 2年
パワフル
スポーツサードバイクス
FESMOTOR
FESMOTOR
4.0/5.0
198,000円10.4Ah約108km700 × 32Cモーター 2年
バッテリー 2年
標準
街乗り
ミニベロ
VELMO
Pegasus
Pegasus
5.0/5.0
198,000円7.0Ah約60km20インチフレーム 3年
モーター 1年
バッテリー 1年
自宅までサポートあり
パワフル
街乗り
ミニベロ
ヤマハ
PAS CITY C
パスシティC
4.0/5.0
132,000円12.3Ah約83km20インチフレーム 1年
モーター 1年
バッテリー 2年
パワフル
街乗り
ミニベロ
パナソニック
ベロスターミニ
ベロスターミニ
4.0/5.0
115,000円8.0Ah約60km20インチ本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
おしゃれwimo
COOZY
COOZY
5.0/5.0
167,750円10.5Ah約100km20インチフレーム 2年
モーター 2年
バッテリー 2年
標準
おしゃれパナソニック
EZ
EZ
4.5/5.0
139,000円8.0Ah約52km20インチ本体 1年
フレーム 3年
モーター 3年
バッテリー 2年
標準
おしゃれデイトナ
DE01
DE01
3.5/5.0
195,800円9.6Ah約100km20インチフレーム 2年
モーター 1年
バッテリー 1年
マイルド
折りたたみGIC
NEXT140
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」
5.0/5.0
113,080円4.0Ah約24km14インチマイルド
折りたたみハリークイン
Eバイク
ハリークイン
4.0/5.0
169,400円7.0Ah約80km20インチ標準
海外
メーカー
VOTANI
H3
VOTANI「H3」
4.0/5.0
168,000円7.0Ah約80km20インチ超パワフル
海外
メーカー
BESV
JR1
JR1
4.5/5.0
348,000円7.0Ah約115km700×25cフレーム 5年
モーター 2年
バッテリー 2年
超パワフル
海外
メーカー
FANTIC
ISSIMO
FANTIC「ISSIMO」
4.5/5.0
440,000円630Wh約120km20インチ超パワフル
坂道に
強い
VELMO
Q2
Q2
5.0/5.0
129,800円7.0Ah約60km20インチフレーム 3年
モーター 1年
バッテリー 1年
自宅までサポートあり
超パワフル
坂道に
強い
BESV
PSA1
PDSA1
5.0/5.0
238,000円10.5Ah約90km20インチフレーム 5年
モーター 2年
バッテリー 2年
超パワフル
ゆんともパパ
モデル名をタップすると

くわしい特徴が見れるよ

おすすめの電動自転車30選(タブごとに見れます)

【ママ・主婦向け】子ども乗せおすすめ電動自転車6選

子ども乗せ電動自転車おすすめ6選

子ども乗せ電動自転車は、「前乗せタイプ」と「後ろ乗せタイプ」の2種類あります。

それぞれのおすすめモデルを紹介していきます。

前乗せモデルのおすすめ3選

次の3つのモデルは、ママに人気の前乗せモデルのおすすめ子ども乗せ電動自転車です。

ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

ブリヂストン「ビッケ ポーラーe」

前乗せモデルのおすすめ子ども乗せ電動自転車の1つ目は、ブリヂストン「ビッケ ポーラーe」です。

ポーラーをカスタマイズ
カスタマイズしたブリヂストン「ビッケ ポーラーe」

ビッケ ポーラーeの特徴をまとめると、次のとおり。

ブリヂストン「ビッケ ポーラーe」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • またぎやすい低フレーム
  • カスタマイズが豊富にできる
デメリット
  • 自動充電機能が付いていない
  • ハンドルロックが手動

ビッケ ポーラーeの1番の魅力は、自分好みにカスタマイズできるところ。

ビッケのカスタマイズ
出典:公式サイト

サドルやグリップ、チャイルドシートのカバーなど、自分好みにカスタマイズできます。

ビッケモブやグリに搭載されている自動充電機能が付いていない点は残念ですが、

「オシャレな自転車に乗りたい!」ママには、ブリヂストン「ビッケ ポーラーe」がおすすめです。

パナソニック「ギュット クルームEX」

前乗せモデルのおすすめ子ども乗せ電動自転車の2つ目は、パナソニック「ギュット クルーム・EX」です。

ギュット・クルーム
パナソニック「ギュット クルームEX」

ギュット クルームEXの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「ギュット クルームEX」
総合評価
( 5 )
メリット
  • チャイルドシートがCombiとのコラボ
  • カギがキーレス(ラクイック機能)
  • ハンドルロックが自動
デメリット
  • カスタマイズの種類が少ない

ギュット クルームEXには、Combiとコラボしたチャイルドシートが搭載されています。

クルームのチャイルドシート
ベビーカーでお馴染みのCombi

また、ラクイック機能といって、電源ボタンを押すとカギが自動で開錠できるキーレス機能が付いています。

かばんやポケットからゴソゴソと鍵を取り出さなくてもいいので、幼稚園の送り迎えでバタバタしているママは大助かり!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210227_101139.jpg
キーレス機能が付いているのは、パナソニックだけ!

子どもの安全や、毎日の使いやすさがたいせつなママには、パナソニック「ギュット クルームEX」がおすすめです。

ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」

前乗せモデルのおすすめ子ども乗せ電動自転車の3つ目は、ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」です。

ヤマハの前乗せチャイルドシート
ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」

PAS Kiss mini un SPの特徴をまとめると、次のとおり。

ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 繭型のチャイルドシートが、子どもの胸まで包んでくれる
  • 坂道が楽に登れるアシスト力
  • 車体がコンパクトで運転しやすい
デメリット
  • カスタマイズの種類が少ない

子どもとのお出かけ、坂道、重たい荷物を載せていても快適に走れるヤマハのPAS Kiss mini un SP。

ヤマハ
坂道には自信ありのPAS Kiss mini un SP

車体の横幅サイズが、ヤマハ・ブリヂストン・パナソニックの中で1番コンパクトのため、小柄なママでも乗りやすくなっています。

小柄なママでも快適に乗れる前乗せモデルを探しているなら、ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」がおすすめです。

後ろ乗せモデルのおすすめ3選

次の3つのモデルは、ママに人気の後ろ乗せモデルのおすすめ子ども乗せ電動自転車です。

ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

ブリヂストン「ビッケ モブ」

後ろ乗せ子ども乗せ電動自転車の1つ目のおすすめは、ブリヂストン「ビッケ モブ」です。

ビッケポーラーとモブの人気の色はこれ!
ブリヂストン「ビッケ モブ」

ビッケモブの特徴をまとめると、次のとおり。

ビッケ モブ
総合評価
( 5 )
メリット
  • バッテリーが走りながら自動充電される
  • 坂道がスイスイ登れる
  • ブレーキアシストが付いているため、坂道でも安心!
  • ハンドルロック付きだから、安心して子どもの乗せ降ろしができる
デメリット
  • 車体が重たい
  • カギの施錠が手動
  • フロントチャイルドシートを取り付けると、前が見ずらい
  • ベルが鳴らしづらい

ビッケモブの魅力は、走っているときにバッテリーが勝手に充電されるところ。

ビッケを乗りこなすママ
ブリヂストン独自の技術「走りながら自動充電」

バッテリー容量は14.3Ahと他社より小さいですが、走りながら自動充電の機能がついているおかげで、エコモードで走った場合、約200km走れます

  • 何度も充電するが面倒…
  • 電気代を節約したい

上記のママには、ブリヂストンのビッケモブがピッタリです。

あと、カスタマイズの種類が豊富なところもビッケモブの魅力です。

チャイルドシート
チャイルドシートカバーもかわいい柄にカスタムできます

おどろくほど長~く乗れて、かわいくカスタムできる後ろ乗せモデルを探しているなら、ビッケモブがおすすめです。

パナソニック「ギュット クルームR・EX」

後ろ乗せ子ども乗せ電動自転車の2つ目のおすすめは、パナソニック「ギュット クルームR・EX」です。

ギュットクルームとアニーズの違いを徹底比較
パナソニック「ギュット クルームR・EX」

ギュット クルームR・EXの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック ギュット
総合評価
( 5 )
メリット
  • ブリヂストン「ビッケ」より、前輪が軽くて運転しやすい
  • チャイルドシートがCombiとのコラボ
  • ハンドルロックが自動
  • カゴが大きくて、収納力バツグン
  • カギのキーレスで便利!
デメリット
  • バッテリーの持ちは、ブリヂストン「ビッケ」に軍配が上がる
  • カスタマイズの種類が少ない
  • チェーンが金属製

ギュット クルームR・EXの魅力は、次の2つです。

  • チャイルドシートがCombiとのコラボ
  • キーレス機能が付いている

ベビーカーでおなじみのComibとコラボしたチャイルドシートが使われています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: rire-child-seat-with-combi.jpg
ふかふかクッションのチャイルドシート

かぎをカバンから取り出さなくても開錠できる、ラクイック機能が付いている点も魅力です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210227_101139.jpg
いそがしい朝に大助かり!

ギュット クルームRは、キーレス機能が付いている「EX」と、キーレス機能がない「DX」の2種類あります。

値段は「EX」方が高くなりますが、保育園~幼稚園の期間、ほぼ毎日使うことを考えると、EXの方を選ぶことをおすすめします。

ヤマハ「PAS Babby un SP

後ろ乗せ子ども乗せ電動自転車の3つ目のおすすめは、ヤマハ「PAS Babby un SP」です。

ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗した感想【良かった点】
ヤマハ「PAS Babby un SP」

PAS Babby un SPの特長は、次のとおり。

ヤマハ PAS Babby un SP
総合評価
( 5 )
メリット
  • チャイルドシートが子どもの頭・足をしっかり守ってくれる
  • 1歳から乗れるリアチャイルドシート
  • 車体がコンパクトで、ママが運転しやすい!
  • ハンドルロックが自動
  • 液晶モニターにチャイルドロックがかけられる
デメリット
  • 電動アシストのパワーがマイルド
  • バッテリーの持ちは、ブリヂストン「ビッケ」に軍配が上がる
  • カスタマイズの種類が少ない
  • チェーンが金属製

PAS Babby un SPのチャイルドシートは、子どもの頭や足をやさしく包み込んでくれる形をしています。

頭をぐるっとカバー
足もぐるっとカバー

子どもたちは、チャイルドシートに乗っていると足を左右にバタつかせることがありますが、

ぐるっと覆われているため、走っているときに足を物にぶつける心配がありません

ヤマハの電動アシスト自転車
後ろに気を取られず、運転に集中できます

PAS Babby un SPは、ブリヂストン・パナソニックより横幅サイズがコンパクトのため、

小柄なママでも運転しやすくなっています。

子どもの安全と、ママの乗りやすさ、どっちも大切なママにはヤマハ「PAS Babby un SP」がおすすめです。

子ども乗せ電動自転車のことがもっとくわしく知りたママは、こちらも記事も参考ください。

通勤におすすめの電動自転車3選

通勤におすすめの電動自転車3選

次の3つのモデルは、タイヤが大きく、1回の充電で長く走れる通勤向けの電動自転車です。

ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

パナソニック「ジェッター」

通勤用の1つ目のおすすめは、パナソニック「ジェッター」です。

ジェッター
Panasonic「ジェッター」

ジェッターの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「ジェッター」
総合評価
( 4 )
メリット
  • タイヤが太く、安定感があって安心して乗れる
  • 坂道が楽に登れるアシスト力
  • 見やすく操作しやすいアシストパネル
  • コスパが高い
デメリット
  • 泥除けカバー・カギが付いていない
  • 好みが分かれるデザイン

ジェッターはタイヤが太く、安定感バツグンの走りができます。

安定感バツグンの走り

走っているときに横にブレることがなく、電動自転車がはじめての人でも安心して乗れます。

電動アシストのモニターサイズが大きく、操作しやすいのも特徴です。

エコモード
シンプルかつ、見やすいディスプレイ

バッテリーがフレームの上に付いているデザインは好みが分かれるところですが、

パナソニックで通勤向けの電動自転車を探しているなら、ジェッターがおすすめです。

ブリヂストン「TB1e」

通勤向けの2つ目のおすすめは、ブリヂストン「TB1e」です。

TB1e
ブリヂストン「TB1e」

TB1eの特徴をまとめると、次のとおり。

ブリヂストン「TB1e」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 走りながら自動充電できる
  • スポーティな走りができる
  • 使いやすい機能が充実
  • パンクに強いタイヤ
デメリット
  • グリップは好みが分かれる

TB1eには、走っている途中にバッテリーが勝手に充電される自動充電機能が付いています。

スムーズな走り
走りながら自動充電機能は、ブリヂストンだけ!

走行中にペダル回転を止めたとき、および左ブレーキをかけたときにバッテリーが勝手に充電されます。

TB1eのバッテリー容量は14.3Ahとそこまで大きくないものの、自動充電機能を搭載しているおかげでエコモードなら約200kmの走行が可能です。

ロングレッドタイヤ
おどろくほど、なが~く乗れます

泥除けカバー・カギ・ライトなどもすべて標準装備。

利便性・走行性を兼ね備えたブリヂストン「TB1e」は、通勤向けのイチオシ電動自転車です。

ヤマハ「PAS Brace」

通勤向けの3つ目のおすすめは、ヤマハ「PAS Brace」です。

ヤマハ「PAS Brace」をおすすめする人・しない人
ヤマハ「PAS Brace」

PAS Braceの特徴をまとめると、次のとおり。

ヤマハ「PAS Brace」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 走り出しが楽
  • 坂道がスイスイ登れる
  • サスペンション付きだから、乗り心地最高
  • スポーティな走りが楽しめる
デメリット
  • グリップの形は、好みが分かれる
  • サドルがちょっと固い

PAS Braceはスマートパワーアシストといって、アシストを自動でコントロールしてくれるモーターを搭載。

快適な走り
アシスト選びはモーターにおまかせ

道の状況に応じて、アシストをポチポチ変更しなくていいので、走りに夢中になれます。

地面からの衝撃を吸収してくれるサスペンション付きなところも、他社と違う特長です。

サスペンション
シルバーのパーツがサスペンション

「通勤時の走りの快適さが一番たいせつ!」なら、ヤマハのPAS Braceがおすすめ。

通勤用のおすすめ電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しているので参考にしてください。

通学におすすめの電動自転車3選

通学におすすめの電動自転車3選

次の3つのモデルは、大きなカバンがすっぽり入るカゴ付き(ベロスターは要カスタム)の通学におすすめ電動自転車です。

ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

パナソニック「ティモS」

通学向けの1つ目のおすすめは、パナソニック「ティモS」です。

ティモS
パナソニック「ティモS」

ティモSの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「ティモS」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 荷物が余裕で入る前かご
  • ハンドルロック付きだから、ふらつかない
  • 安定感がバツグン
  • 16.0Ahの大容量バッテリー
デメリット
  • アシスト力がマイルド

ティモSの特長を一言で表すと、電動自転車の優等生

理由は、通学に必須アイテム(前かご・カギ・ライト・泥除けカバー)がすべて標準装備されているためです。

スクロールできます
大きなカバンがすっぽり入るかご
カンタンに施錠できるカギ
ライト
泥除けカバー

ハンドルロックが付いているため、かごに荷物を入れたときにハンドルがクルッと動かないのもいいですね。

ハンドルロック
ハンドルがカチッと固定できます

手頃な値段で、快適な走りができる通学向け電動自転車を探しているなら、パナソニック「ティモS」がおすすめ。

ブリヂストン「ステップクルーズe」

通学用の2つ目のおすすめ電動自転車は、ブリヂストン「ステップクルーズe」です。

ステップクルーズe
ブリヂストン「ステップクルーズe」

ステップクルーズeの特徴をまとめると、次のとおり。

ブリヂストン「ステップクルーズe」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 坂道がスイスイ登れる
  • 走っていると、バッテリーが自動充電される
  • 普段使いに便利な機能が満載
デメリット
  • 後輪のアシストサポートが好きな人には向かない

ステップクルーズeの魅力は、走っているときにバッテリーが自動充電される機能が搭載されているところ。

坂道がスイスイ登れる
ブリヂストン独自の機能「走りながら自動充電」

ステップクルーズeは走行中にペダル回転を止めたとき、また左ブレーキをかけたときにバッテリーが勝手に充電されます。

ステップクルーズeの概要

バッテリー容量は、1つ前に紹介したティモSと比べて14.3Ahと小さいですが、

走りながら自動充電機能が付いているおかげで、1回の充電で走れる距離はティモSより長いです。

通学に必須のアクセサリー(かご・カギ・泥除けカバー・ライト)がすべて標準装備のステップクルーズe。

値段はティモSよりすこし高くなるものの、快適さで比較するとステップクルーズeに軍配が上がります。

パナソニック「ベロスター」

通学におすすめの電動自転車3つ目は、パナソニック「ベロスター」です。

ベロスター
パナソニック「ベロスター」

ベロスターの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「ベロスター」
総合評価
( 4 )
メリット
  • スポーティな走りが楽しめる
  • 普段使いのパーツが充実している
  • コスパが高い
デメリット
  • アシスト力がマイルド
  • かごが付いていない

ベロスターは、爽快な走りが楽しめる電動自転車です。

スポーティーな走りが楽しめる

安定感バツグンなタイヤ(700×38c)や、初心者でも安心して乗れるマイルドなアシストがベロスターの特長です。

パナソニック「ベロスター」の概要

オシャレな洗練されたデザインも魅力的。

ロゴ
ロゴもおしゃれ

純正の状態ではカゴが付いていないため、通学向けにカスタムしましょう。

カゴのカスタムが必要ですが、コスパが高い通学向け電動自転車を探しているなら、パナソニック「ベロスター」がおすすめです。

通学向けのおすすめ電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しているので参考ください。

値段が安いおすすめ電動自転車2選

値段が安い電動自転車おすすめ2選

次の2つのモデルは、7~8万円で買える値段が安いおすすめ電動自転車です。

値段が安いおすすめ電動自転車2選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

ペルテック「TDN-206」

値段が安いおすすめ電動自転車の1つ目は、ペルテック「TDN-206」です。

ペルテック
ペルテック「TDN-206」

ペルテック「TDN-206」の特徴をまとめると、次のとおり。

ペルテック「TDN-206」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アシスト力がマイルド
  • パーツが充実している
  • コスパが高い
  • 1年保証が付いている
デメリット
  • ギア比が小さい
  • 折りたためるけど、車体が重たい

ペルテック「TDN-206」の魅力は、カゴ・ライト・カギ・泥除けカバーがすべて標準装備さているところ。

スクロールできます
たくさんの荷物が入るカゴ
ライト
施錠がラクなカギ
泥除けカバー

電動アシストは、電動自転車が初めての人でも安心して乗れるようマイルドに設計されています。

やさしく進む
やさしいサポートが特長

「値段が安い電動自転車は、故障が心配…」と思うかもですが、

ペルテック「TDN-206」は1年間の保証が付いているため、もしメンテンスが必要になっても無料でサポートが受けれます。

1年保証

Amazonの電動自転車カテゴリーでNo1のペルテック「TDN-206」。

タイヤが小さい街乗り用で、値段が安い電動自転車を探しているなら、ペルテック「TDN-206」がおすすめです。

ペルテック「TDA-712L」

値段が安い電動自転車の2つ目のおすすめは、ペルテック「TDA-712L」です。

ペルテック「TDA-712L」
ペルテック「TDA-712L」

ペルテック「TDA-712L」の特徴をまとめると、次のとおり。

ペルテック「TDA-712L」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • タイヤが太くて、安定感バツグン
  • アシスト力がマイルドで乗りやすい
  • カギ・スタンドが標準装備
  • 安心の1年保証付き
デメリット
  • スポーティな走りはできない
  • ギアが低め

ペルテック「TDA-712L」は、1つ前に紹介した「TDN-206」のスポーツモデルです。

タイヤサイズが27.5インチと大きく、5km~10kmの中・長距離移動向け。

ペルテックの電動自転車「TDA-712L」の概要

タイヤが太く安定感バツグンで、アシストのパワーがマイルドなので、電動自転車が初めての人でも安心して乗れます。

前から引っ張ってもらる感覚
心地よい走りが楽しめます

泥除けカバーは付いていないものの、カギやライトは標準装備となっています。

カギ
ライト

Amazonの電動自転車カテゴリーでNo1人気のペルテック。

値段が安い、スポーツモデルの電動自転車を探しているなら、ペルテック「TDA-712L」がおすすめです。

値段が安い電動自転車を探しているなら、こちらの記事も参考にしてください。

スポーツタイプのおすすめ電動自転車3選

スポーツタイプの電動自転車おすすめ3選

次の3つのモデルは、爽快な走りが楽しめるスポーツモデルのおすすめ電動自転車です。

スポーツモデルのおすすめ電動自転車3選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

WELB「Eバイク」

スポーツモデルのおすすめ電動自転車の1つ目は、WELBのEバイクです。

WELB
WELBのEバイク

WELBの特徴をまとめると、次のとおり。

WELB「Eバイク」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 爽快な走りが楽しめる
  • 車体が驚くほど軽い!
  • デザインがカッコいい!!
  • カスタムが豊富
デメリット
  • 充電方法に課題あり
  • カゴが付いていない

WELBの魅力は車体が軽く、爽快な走りが楽しめるところ。

楽に持てる
ヒョイと持ち上げられます
爽快な走り
いつまでも乗っていたくなるWELBのEバイク

電動自転車は車体の重さが20kg前後が一般的ですが、WELBは車体の重さが16.8kgと群を抜いて軽いです。

バッテリーがフレームに内蔵されているため、見た目がスタイリッシュなところも魅力的なポイント。

デザイン賞受賞
2021年度GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)を受賞

計16パーツが自由にカスタムできるWELBのEバイク。

オシャレに、爽快な走りを楽しみたいなら、WELBのEバイクがおすすめです。

なお、WELBのEバイクは当ブログ限定の特典があります。

BESV「JF1」

スポーツモデルのおすすめ電動自転車の2つ目は、BESV「JF1」です。

BESV「JF1」
BESV「JF1」

JF1の特徴をまとめると、次のとおり。

BESV「JF1」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アシストがパワフル
  • ギアが10段変速で走りが楽しめる
  • 車体が軽いから扱いやすい
  • デザインがオシャレ
デメリット
  • カギやライトが付いていない
  • 液晶モニターのサイズがもう少し大きければ良かった

JF1は、走りとデザインの両方を兼ね備えたスポーツ電動自転車です。

走りの面ではギアが10段と細かな設定ができ、BESVオリジナルのパワフルなアシストが楽しめます。

快適に走れる
グイグイ前に引っ張ってくれるBESVのアシスト

デザイン面ではバッテリーがフレーム内蔵型のため、ぱっと見、電動自転車に見えません。

BESV「JF1」をおすすめする人・しない人
見た目はクロスバイク

車体が16.1kgと軽く運転しやすいため、平坦な道であればアシストOFFの状態でも快適な走りができます。

海外ブランドのスポーツ電動自転車を探しているなら、BESV「JF1」がおすすめです。

サードバイクス「FESMOTOR」

スポーツモデルのおすすめ電動自転車3つ目は、サードバイクスのFESMOTORです。

サードバイクス「FESMOTOR」
サードバイクス「FESMOTOR」

FESMOTORの特徴をまとめると、次のとおり。

サードバイク「FESMOTOR」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 安定感がバツグンで乗りやすい
  • 絶妙なアシストサポート
  • 充電しやすいバッテリー
  • 見た目がミニマルデザインでスタイリッシュ
デメリット
  • シンプルな電動アシストパネル
  • サドルがかたい

FESMOTORは、電動自転車がはじめてな人でも乗りやすいように設計されたEバイクです。

具体的には、タイヤが700×32Cと他社より幅が太いタイヤが使われているため、地面をしっかり捉えて走れます。

サードバイクス「FESMOTOR」の気になったところをレビュー

電動アシストは、「ここで押して欲しい…」ときに絶妙の力でサポートしてくれるため、いつでも快適な走りが楽しめます。

安全運転

他社のスポーツバイクはバッテリーを充電する際、コンセントにダイレクトにつなぐ必要がありますが、

FESMOTORはカギを使えばカンタンに取り外れるため、自宅で充電できます。

自宅で充電
バッテリーを取り外して充電が可能

電動自転車に乗るのが初めてで、電動スポーツモデルを探しているなら、サードバイクスのFESMOTORがおすすめです。

電動自転車のスポーツモデルのことがもっとくわしく知りたい方は、こちらの記事も参考ください。

【ミニベロ】街乗り向けのおすすめ電動自転車3選

【ミニベロ】街乗り向けの電動自転車おすすめ3選

次の3つのモデルは、タイヤが20インチと小さくて、小回りがきく街乗り向けのおすすめ電動ミニベロです。

ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

VELMO「Pegasus」

街乗り向けのおすすめ電動ミニベロの1つ目は、VELMO「Pegasus」です。

Pegasus
VELMO「Pegasus」

Pegasusの特徴をまとめると、次のとおり。

VELMO「Pegasus」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 自転車が14.8kgと超軽量
  • アシストなしでもスイスイ走れる
  • 操作しやすいアシストモニター
  • コンパクトに折りたためる
  • 洗練されたおしゃれなデザイン
デメリット
  • カギやカゴが付いていない
  • 値段がちょっと高い

Pegasusの魅力は車体の重量が14.8kgと軽く、いつでも爽快な走りが楽しめるところ。

楽に持ち上げれる軽さ
びっくりするほど軽い、Pegasus

タイヤが小さく、車体が軽いため、小回りがきいて街なかを自由自在に走れます

アシスト無しでも快適に走れる
気になっているあの店に、気軽に行けます

Pegasusは翼を持った馬のように軽いため、平坦な道であれば「アシストが欲しいな…」と感じることがありません

コンパクトに折りたためるところもPegasusの魅力。

リュックとサイズ比較
幅はリュック並みにコンパクトになります

車に積んで、旅行先のサイクリング用としても使えます。

電動自転車に見えないおしゃれなデザインで、街なかで快適な走りを求めるならVELMOのPegasusがおすすめです。

なお、Pegasusには購入してから2年間、メンテナンスが必要になった場合にスタッフが自宅まで来てくれるサポートが無料で付いています。

ヤマハ「PAS CITY C」

街乗り向けのおすすめ電動ミニベロの2つ目は、ヤマハ「PAS CITY C」です。

パスシティC
ヤマハ「PAS CITY C」

PAS CITY Cの特徴をまとめると、次のとおり。

ヤマハ「PAS CITY C」
総合評価
( 4 )
メリット
  • またぎやすいU字フレーム
  • 力強いアシスト
  • サドルがやわらかい
  • コンパクトで乗りやすい
デメリット
  • かごが付いていない
  • グリップは好みが分かれる

PAS CITY Cの魅力は、横幅のサイズがコンパクトで乗りやすいところ。

ヤマハ「PAS CITY-C(パスシティC)」の概要

またぐフレームがU字になっていて、足を高く上げなくても乗れるため、PAS CITY Cは女性から支持を集めているモデルです。

フレーム
ロングスカートでも楽に乗れます

バイクを開発しているヤマハが開発している電動自転車だけあって、アシストのパワーは力強いです。

急な坂道でも、景色を楽しみながらスイスイ登れます。

サドルには、おしりが痛くならないふかふか素材が使われています。

サドル
座り心地最高なサドル

街乗りにピッタリのかわいい電動自転車を探しているなら、ヤマハのPAS CITY Cがおすすめです。

パナソニック「ベロスターミニ」

街乗り向けのおすすめ電動ミニベロの3つ目は、パナソニック「ベロスターミニ」です。

ベロスターミニ
パナソニック「ベロスターミニ」

ベロスターミニの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「ベロスターミニ」
総合評価
( 4 )
メリット
  • タイヤが太く、安定感バツグン
  • 坂道がスイスイ登れる
  • スタイリッシュなデザイン
  • 泥除けカバー・スタンド・カギが標準装備
デメリット
  • 慣れるまでまたぎにくい
  • カゴが付いていない

スタイリッシュなデザインを追求したベロスターミニ。

ベロスターミニの特徴

慣れるまではちょっとまたぎづらいですが、フレームの形がオシャレさを演出しています。

オシャレなフレームロゴ
フロントフレームのロゴ

段差をしっかり越えられる太いタイヤが使われているため、街なかを快適に走れます。

LEDライト

見た目がスタイリッシュな街乗り電動自転車を探しているなら、パナソニックのベロスターミニがおすすめです。

街乗り向けのおすすめ電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しています。

デザインがおしゃれなおすすめ電動自転車3選

デザインがおしゃれな電動自転車おすすめ3選

次の3つのモデルは、周囲の視線を釘付けにできるデザインがおしゃれな電動自転車です。

デザインがオシャレなおすすめ電動自転車3選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

wimo「COOZY」

おしゃれなデザインの1つ目のおすすめは、wimo「COOZY」です。

COOZYのデザイン
wimo「COOZY」

COOZYの特徴をまとめると、次のとおり。

wimo「COOZY」
総合評価
( 5 )
メリット
  • こぎ出しがスムーズ
  • 坂道がスイスイ登れる
  • デザインがオシャレ
  • メンテンスが不要のチェーン
デメリット
  • グリップは好みが分かれる
  • バッテリーON/OFF操作は、慣れるまでに時間がかかる

COOZYの魅力は、街なかで走っていると思わず振り返って見たくなるデザインの良さです。

COOZYの良かったところをレビュー
電動自転車に見えないデザイン

バッテリー・サドル・操作パネル、いずれもこだわり抜かれたデザインとなっています。

スクロールできます
フレームに吊り下がっているバッテリー
サドルはイタリアの高級サドルメーカー
見やすい液晶モニター

wimoがスゴイのは、デザインだけでなく品質にこだわっているところ。

wimoの電動自転車は自転車の職人が1台1台、手づくりで組み立てを行っています。

公式サイト
出典:公式サイト

品質検査基準に合格するフレームは、3台に1台という厳格さ。

長く使っていてフレームが変形しないかどうか? 10万回以上の強度および耐振性試験も行っています。

デザインだけでなく、品質も抜かりないwimoのCOOZY。

おしゃれなデザインのイチオシ電動自転車はCOOZYです。

パナソニック「EZ」

おしゃれなデザインの2つ目のおすすめは、パナソニック「EZ」です。

カスタムしたez
Panasonic「EZ」

EZの特徴をまとめると、次のとおり。

パナソニック「EZ」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • デザインが無骨でカッコいい
  • 安定感バツグンの極太タイヤ
  • BMXスタイルが楽しめる
  • 坂道でも楽に登れるアシスト力
デメリット
  • カスタム前提で設計されている
  • サドルがかたい

海外の自転車を彷彿させるパナソニックのEZ。

極太のブロックタイヤが、他の電動自転車とは違ったオーラを放っています。

パナソニック「EZ」の良かったところ・評判をレビュー

EZは、男性からの人気が高いモデルと思われがちですが、

安定感バツグンで乗りやすいため、「他の人とは違った電動自転車に乗りたい!」女性からも支持を集めています

おしゃれなデザイン
無骨なデザインが人気!

自分好みにカスタマイズすること前提で作られているため、カスタムするお金がかかるものの、

クールなデザインの電動自転車を探していているならEZがおすすめです。

デイトナ「DE01」

おしゃれなデザインの3つ目のおすすめは、デイトナ「DE01」です。

デイトナの電動自転車「DE01」
デイトナ「DE01」

デイトナ「DE01」の特徴をまとめると、次のとおり。

デイトナ「DE01」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • アシスト力がマイルド
  • デザインがオシャレ
  • 折りたたんで持ち運びが可能
  • シンプルな操作
デメリット
  • アシスト力が他社と比べて弱い
  • ライトやカギが付いていない
  • バッテリー容量が小さい
  • サドルがかたい

デイトナ「DE01」の一番の特長は、バッテリーです。

電動自転車のバッテリーは、フレームに付いていることが多いですが、

デイトナ「DE01」はかわいいポーチの中に入っています。

レザーボックスに入っているバッテリー
この中にバッテリーが入っています

DE01は、自分の足でペダルをこいで走る楽しみを追求した電動自転車のため、

電動アシストのパワーは他社と比べてマイルドに設計されています。

こぎ出しがナチュラル
電動自転車が初めての人でも安心して乗れます

コンパクトに折りたたみが可能で、玄関先の省スペースでの保管、また車に積んで旅先でサイクリング用として利用できます。

デザインがおしゃれで、電動自転車ぽくない電動自転車を探しているならデイトナ「DE01」がおすすめです。

おしゃれな電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しているので参考にしてください。

折りたたみできるおすすめ電動自転車2選

折りたたみ電動自転車おすすめ2選

次の2つのモデルは、コンパクトに折りたためる電動自転車です。

折りたたみ電動自転車おすすめ2選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」

折りたたみ電動自転車の1つ目のおすすめは、GICのTRANS MOBILLY NEXT140です。

trans-mobilly
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」

TRANS MOBILLY NEXT140の特徴をまとめると、次のとおり。

GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 1分で折りたためる
  • とにかく軽い!
  • タイヤが小さいのに、しっかり走る
  • 坂道もスイスイ走れる
  • バッテリーの持ち運びが楽
デメリット
  • バッテリー容量が小さい
  • カギやライトが付いていない

TRANS MOBILLY NEXT140は、持ち運ぶために作られた電動自転車です。

車体の重さが約11.3kgしかないため、片手で楽に持ち運びできます。

トランスモバイリーを持った状態
ペットボトル2L×6本入より軽い!

TRANS MOBILLY NEXT140は、1分かからずリュックより小さいサイズに折りたためます。

トランスモバイリーとリュックサックのサイズ比較
リュックよりコンパクトサイズ

専用バックに入れれば、電車に持ち込むことができます。

収納バックに入れたトランスモバイリー
すっぽり入るNEXT140

サクッと折りたためて、自由自在に持ち運びできる電動自転車を探していているなら、GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」がおすすめです。

重さが約0.6kg重たくなりますが、ギアが3段階にチェンジできるタイヤが16インチのNEXT163もあります。

ハリークイン「Eバイク」

折りたたみ電動自転車の2つ目のおすすめは、ハリークインのEバイクです。

ハリークイン
ハリークイン「Eバイク」

ハリークイン「Eバイク」の特徴をまとめると、次のとおり。

ハリークイン「Eバイク」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 折りたためて、コンパクトに収納できる
  • 転がして移動できる
  • パワフルなアシスト力
  • 内蔵型バッテリーだから、見た目スッキリ
デメリット
  • ギアがシングル

ヨーロッパを連想させるおしゃれなデザインのハリークイン「Eバイク」。

女性でもカンタンに、コンパクトに折りたためます。

ハリークインとリュックのサイズ比較
幅は、リュックと同じくらい

「折りたためるのはいいけど、持ち運ぶのは重たくてちょっと…」という方のために、

ハリークインのEバイクにはキャスターが付いていて、コロコロ転がして移動できます。

転がして移動できる
これなら、誰でも運べるね

ギアがシングルで不安に思うかもですが、電動アシストがパワフルなので、坂道でもスイスイ走れます。

ギアのチェンジが必要なく、走りに夢中になれる折りたたみ電動自転車を探していているなら、ハリークインのEバイクがおすすめです。

折りたたみできる電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しているので参考にしてください。

海外のおすすめ電動自転車3選

海外の電動自転車おすすめ3選

次の3つのモデルは、海外メーカーのおすすめ電動自転車です。

海外のおすすめ電動自転車3選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

VOTANI「H3」

海外のおすすめ電動自転車の1つ目は、VOTANI「H3」です。

votani「H3」
VOTANI「H3」

H3の特徴をまとめると、次のとおり。

VOTANI「H3」
総合評価
( 4 )
メリット
  • パワフルなアシスト力
  • サスペンション付きだから快適
  • おしゃれなデザイン
  • コスパが高い
デメリット
  • カギが付いていない
  • サドルがかたい
  • バッテリー容量が小さい

VOTANI「H3」は、カゴがまたぐフレームにある特徴的な電動自転車です。

ロゴ
手提げかばんやドリンクが入るカゴ

バッテリーは「VOTANI」のロゴが書いてあるBOXに入っていて、海外ぽいデザインに仕上がっています。

votani「H3」の良かったところをレビュー

アシストのパワーは強力で、急な坂道でも景色を楽しみながら登ることができます。

パワフルなアシスト
頼もしいアシスト力

海外の電動自転車は20万円以上と値段が高いモデルが多い中、

VOTANI「H3」は20万円以下で買えるコスパの良さも特長です。

コスパが高い海外の電動自転車を探していているなら、VOTANI「H3」がおすすめ。

BESV「JR1」

海外電動自転車の2つ目のおすすめは、BESV「JR1」です。

JR1
BESV「JR1」

BESV「JR1」の特徴をまとめると、次のとおり。

BESV JR1
総合評価
( 5 )
メリット
  • 坂道や向かい風が吹いていても爽快な走りができる
  • 車体が軽い
  • 平坦な道はアシストの出番はほぼなし!
  • デザインがカッコいい
デメリット
  • スタンドが付いていない
  • 値段がちょっとお高め

ロードタイプの電動自転車、BESV「JR1」。

爽快な走りができる電動自転車は、BESV「JR1」の右に出る者はいないでしょう。

アシストなしで走れる
めちゃくちゃ快適な走りが楽しめます

車体が約16kgと軽いため、平坦な道を走っているときはアシストのサポートを借りるシーンがほとんどありません

「電動アシストのサポートが欲しいな…」と思うのは、急な坂道や強い向かい風が吹いているときくらい。

アシストの出番がほぼない
さすが、ロードタイプのEバイク

値段が約35万円と、気軽に手が出せるモデルではないですが、

究極の走りが楽しめるロードタイプの電動自転車を探しているならBESV「JR1」がおすすめです。

FANTIC「ISSIMO」

海外ブランドの3つ目のおすすめ電動自転車は、FANTIC「ISSIMO」です。

ISSIMO
FANTIC「ISSIMO」

ISSIMOの特徴をまとめると、次のとおり。

FANTIC「ISSIMO」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 乗り心地が最高
  • 安定感がバツグン
  • 力強いアシスト
  • おしゃれなデザイン
デメリット
  • カギが付いていない
  • 値段が高い

バイクのようなデザインのFANTIC「ISSIMO」。

自転車とは思えない極太タイヤが、最高の乗り心地と安定感を再現しています。

FANTIC「ISSIMO(イッシモ)」の概要
自転車ではなく、バイクに乗っている感覚です

ISSIMOは、「ヨーロッパ仕様モデル」と「日本の型式認定モデル」の2種類。

「ヨーロッパ仕様モデル」は最大トルクが80Nmで、日本で発売されているモデルと比べると2倍の馬力があります。

快適な走り
他の電動自転車がおもちゃに思えてしまほどの馬力

フレームのサイドカバーが自由にカスタマイズできるところも、ISSIMOの魅力。

鮮やかなビビッドライム
ホワイトカバー

街で乗っている人がほとんどいないため、ISSIMOに乗っていると優越感に浸れます。

値段が高いところがデメリットですが、周囲の視線を釘付けにしたいならFANTIC「ISSIMO」がおすすめです。

海外の電動自転車のことがくわしく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

坂道に強いおすすめ電動自転車2選

坂道に強い電動自転車おすすめ2選

次の2つのモデルは、坂道がスイスイ登れるおすすめ電動自転車です。

坂道に強いおすすめ電動自転車2選
ゆんともパパ
それぞれ

くわしく見ていきましょう

VELMO「Q2」

坂道に強い電動自転車の1つ目のおすすめは、VELMO「Q2」です。

Q2
VELMO「Q2」

Q2の特徴をまとめると、次のとおり。

VELMO「Q2」
総合評価
( 5 )
メリット
  • アシストがパワフル
  • 爽快な走りが楽しめる
  • おしゃれなデザイン
  • コンパクトに折りたためる
  • アフターサービスが充実している
デメリット
  • カゴやカギが付いていない
  • バッテリーのプラグが付けづらい

アシストが超パワフルなVELMO「Q2」。

アシストなしで爽快に走れる
後ろからグイグイ押してくれます

Q2の開発担当者が、「電動アシスト自転車の型式認定ギリギリを攻めた自転車なんですよ」と話していただけあって、坂道が楽に登れます。

型式認定は、道路交通法などに規定されている基準に適合した自転車として国家公安委員会から認定を受けたものをいいます。

坂道が快適に走れる
景色を楽しみながら坂道が登れます

Q2はコンパクトに折りたためるため、玄関先の省スペースでの保管や、車に積んでサイクリング用として楽しめます。

リュックとサイズ比較
リュックの幅と同じくらいコンパクト

もう1つのQ2の魅力、それは、購入してから2年間、メンテンスが必要になった場合にスタッフが自宅まで修理に来てくれるサポートが付いているところ。

自宅まで出張修理サポート
自宅まで修理に来てくれるのって素敵!

坂道をスイスイ登れるパワフルさも然ることながら、購入後のメーカーサポートが充実しているVELMO「Q2」。

たいせつに、なが~く乗り続けたいなら、Q2がおすすめです。

なお、VELMO「Q2」は当ブログ限定の特典が付いています。

BESV「PSA1」

坂道に強いおすすめ電動自転車の2つ目は、BESV「PSA1」です。

BESV「PSA1」の概要
BESV「PSA1」

PSA1の特徴をまとめると、次のとおり。

BESV「PSA1」
総合評価
( 5 )
メリット
  • アシスト機能が抜群にいい!
  • サスペンションが快適走行をサポート
  • 大容量バッテリーで長距離走行が可能
  • デザインがとにかくオシャレ
デメリット
  • カゴ・ライト・カギが付いていない
  • 純正のサドルがかたく、おしりが痛くなる

走った瞬間に、見える世界を変えてくれるBESV「PSA1」。

アシスト2
アシスト機能がめちゃくちゃ強力です

PSA1の開発担当者と話していたところ、ある面白い話が聞けました。

それは、パナソニックやヤマハのEバイク開発スタッフが、BESVのことを次のように話していたエピソードです。

「BESVって型式認定(公道で走行OKと認定されたもの)、ギリギリを攻めたEバイクですね。ぼくらは、真似できません(笑)

サイクリング
国内大手の開発担当者をうならせるBESV「PSA1」

PSA1はパワフルさも魅力ですが、快適な走りが楽しめるところも忘れてはいけません。

地面からの衝撃を吸収してくれるサスペンションが前後のタイヤに付いているため、段差道があってもサドルからおしりを離すことなく走れます。

前タイヤのサスペンション
後ろタイヤのサスペンション

「パワフルさ」「快適さ」「オシャレ」、三拍子揃ったBESVのPSA1。

値段はすこし高いですが、乗れば「なるほどね!」と納得できる電動自転車です。

坂道に強い電動自転車は、こちらの記事でもくわしく紹介しているので参考にしてください。

電動自転車のおすすめ人気メーカー

電動自転車のおすすめ人気メーカー

電動自転車のおすすめ人気メーカーは、次のとおり。

ゆんともパパ
各メーカーの特長を

コンパクトにまとめて

お伝えしていきますね

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ 電動自転車の特長は、次のとおり。

ヤマハの特長
  • 坂道に強いパワフルモーター
  • アシストは自動でコントロール
  • 大容量バッテリー

バイクのモーターを開発しているヤマハだけあって、電動自転車のモーターも強力

また、大容量バッテリーのモデルが多く、1回の充電でなが~く走れます。

最近、新しいスポーツモデル(WABASH RT・WABASH RT)を発売しているところも注目するポイントです。

ヤマハのおすすめ電動自転車

パナソニック

パナソニック

パナソニック 電動自転車の特長は、次のとおり。

パナソニックの特長
  • キーレス搭載モデル(ラクイック)あり
  • カルパワードライブユニット搭載車あり
  • 購入後のメーカー保証が充実(モータ3年、バッテリー2年)

手元のボタンを押すだけで開錠できる独自の機能(ラクイック)を搭載してパナソニック。(商品名にEXが付いているモデルが対象)

カバンからカギを取り出したり、暗がりでカギを探したりする手間がないのがいいですね。

パワフルなアシスト力を維持しながら大幅な軽量化を実現したカルパワードライブユニット搭載の電動自転車は、2023年より次の10モデルになります。

  • ViVi(ビビ)シリーズ:5車種
  • 子乗せモデル「Gyutto(ギュット)」シリーズ:2車種
  • 通学モデル「TIMO(ティモ)」シリーズ:3車種

また最近は、子ども乗せやシティモデル以外に、最近ではスポーツモデル(XEALT)の開発にも力を入れています。

パナソニックのおすすめ電動自転車

ブリヂストン

ブリヂストン

ブリヂストン 電動自転車の特長は、次のとおり。

ブリジストンの特長
  • 走りながら自動充電できる
  • モーターは前輪に搭載
  • チェーンがカーボンベルト
  • 購入後のメーカー保証が充実(モータ3年、バッテリー2年)

ブリヂストンの特長は、走りながらバッテリーが自動充電される機能を搭載しているところ。(非搭載モデルあり)

走っていると勝手にバッテリーが充電されるため、エコモードの場合、他社の約2倍 約200km走れます。

子ども乗せモデル「ビッケモブ」は、2023年モデルよりエコモードが115km→180kmと従来品比約56%アップを実現。

なお、モーターはヤマハが開発したモーターを使用しています。

ブリヂストンのおすすめ電動自転車

BESV

BESV

BESV 電動自転車の特長は、次のとおり。

BESVの特長
  • デザインがおしゃれ
  • パワフルなアシスト
  • 快適な走り

台湾発のブランド「BESV」。

BESVの特長は、一度見たら忘れられないデザイン性の高さです。

また、強力なアシストや、衝撃を吸収してくれるサスペンションが快適な走りをサポートしてくれます。

BESVのおすすめ電動自転車

アベントゥーライフ

アベントゥーライフ

アベントゥーライフ 電動自転車の特長は、次のとおり。

アベントゥーライフの特長
  • 購入後のサポートが充実
  • パワフルなアシスト
  • 女性でもラクに持てる折りたたみ自転車

アベントゥーライフの一番の特長は、購入後のサポートが充実しているところ。

おすすめで紹介した「Q2」と「Pegasus」は購入してから2年間、メンテナンスが必要な場合にスタッフが自宅まで修理に来てくれます

ヤマハやパナソニックほど会社は大きくないものの、メーカーと近い距離でしっかりとしたサポートが受けれるところが魅力です。

アベントゥーライフのおすすめ電動自転車

GIC

GIC

GIC 電動自転車の特長は、次のとおり。

GICの特長
  • 最小・最軽量の電動自転車
  • 折りたたみ電動自転車の種類が豊富
  • しっかりとしたメーカーサポート

GICの特長は、折りたたみできる電動自転車を多数扱っているところ。

おすすめで紹介した「NEXT140」は、車体の重量が2L×6本入りペットボトルより軽い約11.3kg。

車に積んで散策用に使いたい人や、輪行用の電動自転車を探している人におすすめのメーカーです。

GICのおすすめ電動自転車

電動自転車のよくある質問

電動自転車のよくある質問
電動自転車のメリット・デメリットが知りたい

電動自転車のメリット・デメリットは、次のとおり。

メリット
  • 坂道があっても楽に移動できる
  • 行動範囲がグッと広がる
  • 子どもを二人乗せて楽に走れる
  • 車やバスを使うより経済的
デメリット
  • 値段が高い
  • 車体が重たい
  • バッテリーが消耗品

電動自転車の一番のメリットは、きつい坂道があっても楽に走れるところです。

電動自転車のメリット・デメリットがくわしく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

雨の日に乗っても大丈夫?

電動自転車は、雨の日に乗っても大丈夫です。

バッテリーは、家電製品と違って雨に濡れても使用できる設計になっています。

電動自転車と雨の関係についてくわしく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

何キロまで速度が出せる?

電動自転車は、道路交通法によってアシストが利く速度に制限がきまっていて時速24kmまでとなります。

時速10kmまではペダルをこぐ力の2倍のアシストがかかり、時速が24km/hに到達するとアシストのサポートがOFFになります。

ちなみに、自転車は法律上時速60kmまで速度を出すことができます。

月の電気代やメンテナンスサイクルや費用が知りたい

電動自転車バッテリーの充電1回の電気代は、バッテリーの容量・種類によって異なりますが約5~12円

メンテナンスサイクルや費用の目安は、次のとおり。

  • タイヤ:1年に1回、前後のタイヤ交換で5,000円~10,000円
  • ブレーキ:半年に1回、前後のブレーキ交換で2,000円~3,000円前後
  • バッテリー交換:2年~5年、40,000~50,000円

なお、メンテナンスのサイクルは、利用頻度や走る道の状況によって異なります。

バッテリーや本体の寿命ってどれくらい?

バッテリーや電動自転車本体の寿命は、次のとおり。

  • バッテリー寿命:2年~5年
  • 本体の寿命:8年~10年

バッテリーの寿命を伸ばす方法は、こちらの記事でくわしく紹介しています。

バッテリーの充電時間は? 1回の充電で何キロ走れる?

バッテリーの充電時間は容量によって異なりますが、8.0Ah容量なら約3時間、16.0Ahなら約4.5時間でフル充電できます。

1回の充電で走れる走行可能距離は、8.0Ahの場合は約50km、16.0Ahの場合は約90km

まとめ

当記事では、電動自転車のおすすめ30選を紹介しました。

電動自転車選びでたいせつなのは、使用用途に合ったモデルを選ぶこと。

2~3km圏内の街乗りが多い人と、5km~10km移動が多い人では、選ぶモデルがぜんぜん違います。

ここで紹介した選ぶポイントを参考に、あなたにピッタリのモデルを見つけてくださいね!

おすすめの電動自転車30選(タブごとに見れます)

【マニアが選ぶ】おすすめ電動自転車30選!用途別&人気メーカー別に紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次