【通勤の相棒に】おすすめ電動自転車12選!失敗しない選び方も紹介

【通勤の相棒に】おすすめ電動自転車12選!失敗しない選び方も紹介 電動自転車
この記事のまとめ

当サイト【ゆんとも】では、通勤におすすめの電動自転車12選を紹介!

短距離向け長距離向け坂道に強いスピードが早い・折りたたみ・おしゃれなモデルを幅広く紹介しているので、あなたにピッタリの電動自転車が見つかります!

車・電車・バスを使わず、自転車で通勤する人が最近増えています。

その中で特に注目を集めているのが、電気の力で快適に、そして長い距離を走行できる電動自転車です。

ベロスターの欠点・評判をレビュー

Panasonic「ベロスター」

ママ
ママ

通勤用のおすすめ電動自転車が知りたいな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

おすすめ12選を紹介していくね!

当サイト【ゆんとも】では、30台以上の電動自転車に乗っている筆者が、通勤向けのおすすめ電動自転車12選を紹介!

失敗しない選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「早くおすすめが知りたい!」方のために、はじめにおすすめ12選を紹介しておきますね。

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
Panasonic
グリッター
グリッター短距離向け
片道5km以内
12.0Ah 20インチあり
YAMAHA
パスシティC
パスシティC 短距離向け
片道5km以内
12.3Ah 20×1.75HEなし
BRIDGESTONE
TB1e
TB1e 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah 27×1-3/8WOなし
BRIDGESTONE
ステップクルーズe
ステップクルーズe 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah相当 26×1.75HEあり
Panasonic
ベロスター
ベロスタースポーツタイプ 8.0Ah 700×38Cなし
YAMAHA
パスブレイス
パスブレイススポーツタイプ15.4Ah26×1.50(HE)なし
TRANS MOBILLY
NEXT163
next163折りたたみ4.0Ah16×1.5なし
カイホウジャパン
SUISUI STREET
折りたたみ5.8Ah20×1.75なし
WIMO
COOZY
COOZYおしゃれ10.5Ah20×1.75なし
デイトナ
DE01
デイトナおしゃれ 7.8Ah20×1.5なし
BESV
PSA1
BESV坂道に強い10.5Ah 20*1.95なし
VOTANI
H3
VOTANI坂道に強い 7.0Ah20ある
(またぐ場所)
表は横にスクロールできます
ゆんともパパ
ゆんともパパ

商品名をタップすると

詳しい特徴までジャンプできます

当記事は、最初に失敗しない選ぶポイントを紹介した後、おすすめ12選を紹介する流れになっています。

あなたにピッタリの通勤向け電動自転車を探す手助けになればうれしいです!

スポンサーリンク

電動自転車の選び方

電動自転車の選び方

電動自転車は、一般的な自転車と比べて値段が高いです。

なので、購入した後に「あのモデルにすればよかった…」と後悔するのは嫌ですよね。

そこでここでは、電動自転車選びに失敗しないための4つのポイントについて、お伝えしていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

サラッと読み進めて下さい

バッテリー容量

電動自転車選びで1番大切なのは、バッテリー容量です。

バッテリー

電動自転車のバッテリー

バッテリーの容量によって、1回の充電で走れる距離が変わってくるからです。

バッテリー容量の目安としては、

  • バッテリー容量が小さい(4.0Ah~7.0Ah):1日の移動距離が5km前後、週末しか乗らない人
  • バッテリー容量が大きい(8.0Ah~14.0Ah):1日の移動距離が10km前後、ほぼ毎日乗る人

になります。

移動に自転車をよく使う人や、1回の充電で長く走りたい人は、バッテリー容量が大きいタイプを選びましょう。

タイヤサイズ

2つ目のポイントは、タイヤサイズです。

タイヤサイズの特徴をまとめると、下記になります。

  • タイヤが小さい:小回りが効く、乗り降りしやすい、5km前後の移動向け
  • タイヤが大きい:地面からの衝撃が受けづらい、5km~10kmの移動向け

20インチの小さいタイヤは、小回りが効いて、5km圏内の移動に向いているところが特徴です。

votani「H3」の良かったところをレビュー

街乗り向けの20インチタイヤ

一方、26~27インチの大きいタイヤは、5km~10kmの中・長距離移動向けです。

後ろからサポート

タイヤが小さいと、「ペダルをたくさん漕がないといけないんだよね…」と思われがちですが、タイヤの大きさは関係ありません。

ペダル一こぎの進む距離に関係するのは、「ギアの大きさ」です。

チェーンホイール

円形のシルバーの部分がギア

移動距離によって、タイヤのサイズ選びが変わってくる点が2つ目のポイントです。

種類

3つ目の選ぶポイントは、電動自転車の種類です。

通勤用の電動自転車は、大きく分けると下記の4種類に分けられます。

電動ミニベロ
タイプ
折りたたみ
タイプ
シティタイプクロスバイクタイプ
画像パスシティ パスブレイス
特徴タイヤが小さい
小回りがきく
自転車の出し入れが楽
タイヤが小さい
折りたたんで持ち運びできる
自宅や玄関先に保管できる
スポーティーな走りが楽しめる
長距離の移動に向いている
スピードが出やすい
前傾姿勢が取れる
表は横にスクロールできます

電動自転車は、乗りやすさ・使いやすさ・デザインなどの違いがあります。

あなたの通勤スタイルがどれに当てはまるのか? 種類選びをしておくと、自分にピッタリが見つけやすくなります。

メーカー

最後4つ目のポイントは、メーカー選びです。

メーカーによって電動アシストのパワーや、標準装備されている機能が違います。

パスシティC

初めての人でも乗りやすいヤマハ「PAS CITY-C」

ブリジストン「TB1e」

走りながら充電できるブリヂストン「TB1e」

デザインや価格だけでなく、各メーカー独自の機能に注目することもたいせつです。

通勤におすすめの電動自転車12選

通勤におすすめの電動自転車12選

ここからは、通勤におすすめの電動自転車12選をご紹介していきます。

それぞれのシーンにピッタリ合うおすすめは、下記のとおり。

ママ
ママ

気になるところをタップすると

そこまでジャンプできるよ

ゆんともパパ
ゆんともパパ

特徴を1つずつ

詳しく紹介していきますね

短距離(1~5km)の通勤におすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
Panasonic
グリッター
グリッター短距離向け
片道5km以内
12.0Ah 20インチあり
YAMAHA
パスシティC
パスシティC 短距離向け
片道5km以内
12.3Ah 20×1.75HEなし
表は横にスクロールできます

パナソニック「グリッター」 

短距離通勤向けの1つ目のおすすめは、パナソニックのグリッターです。

パナソニック「グリッター」の概要

Panasonic「グリッター」

グリッターの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • アシスト力がやさしくい
  • 荷物がたくさん入る大容量バスケット
  • ハンドルが固定できる
  • 座り心地が最高なサドル
デメリット
  • またぐフレームがすこし高い
  • スポーティーな走りができない

パナソニックのグリッターの魅力は、収納力バツグンなバスケットが標準装備されているところ。

パナソニック「グリッター」の良かったところをレビュー

かばんやリュックが余裕で入る大型バスケット

カゴに荷物を入れたときに、ハンドルがクルッと動かないようにハンドルロックが付いているのもいいですね。

ハンドルロック

重たい荷物を入れるときに便利なハンドルロック機能

電動アシストの力はマイルドなので、電動自転車が初めての人でも安心して乗れます

快適な走り

アシストのやさしさが心地良いです

かばんを持って通勤している人は、収納力バツグンのかごが付いたパナソニック「グリッター」がおすすめ!

グリッターについてくわしく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

ヤマハ「パスシティC」

通勤用の2つ目のおすすめは、ヤマハのパスシティCです。

パスシティC

YAMAHA「PAS CITY-C」

パスシティCの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • またぎやすいU字フレーム
  • 力強いアシスト
  • サドルがやわらかい
  • コンパクトで乗りやすい
デメリット
  • カゴが付いていない
  • グリップは好みが分かれる

パスシティCは、男性女性問わず乗りやすい電動自転車です。

具体的には、またぐフレームがU字になっているので、小柄な女性でも足を引っかけることなく乗れるところ。

ヤマハ「PAS CITY-C(パスシティC)」の概要

またぐフレームが低いから乗りやすい!

また、スマートパワーアシストといって、

  • 坂道では、自動でパワフルなアシスト
  • 下り坂では、自動でアシストセーブ

アシストパワーを自動でコントロールしてくれる機能付きなのがいいですね。

快適に走れる

どんな道でもスイスイ走れます

前カゴが付いていないのが残念ですが、カゴは後付けで自分好みにカスタマイズできるので、大きなデメリットではありません。

ヤマハ「PAS CITY-C」の気になったところをレビュー

籐カゴをカスタマイズしています

小回りがきいて、いつでも快適に乗れる電動自転車を探しているなら、パスシティCがおすすめです。

パスシティCについてくわしく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

長距離(5~10km)の通勤におすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
BRIDGESTONE
TB1e
TB1e 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah 27×1-3/8WOなし
BRIDGESTONE
ステップクルーズe
ステップクルーズe 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah相当 26×1.75HEあり
表は横にスクロールできます

ブリヂストン「TB1e」 

長距離通勤向けの1つ目のおすすめは。ブリヂストンのTB1eです。

TB1e

BRIDGESTONE「TB1e」

TB1eの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • スポーティーな走りができる
  • 走りながら自動で充電できる
  • 使いやすい機能が充実
  • 夜でも安全運転できる
  • パンクの強いタイヤ
デメリット
  • 駐輪場から出すとき
    ちょっと大変
  • グッリプは好みが分かれる

TB1eの良いところは、走りながら充電できる自動充電機能が付いているところ。

ロングランができる

1回の充電でなが~く走れるTB1e

走りながらの自動充電は、ブリヂストン独自の技術です。

フル充電した状態で、エコモードで走り続けた場合、約130km走れます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

東京から富士山まで行けちゃいます笑

片道30分以上かかる長距離の通勤でも、週に1~2回の充電で済むのがいいですね。

ギアが7段変速で、スポーティーな走りが楽しめるところもおすすめのポイント。

スムーズな走り

細かくギア変更ができます

赤信号で止まっても、アシストのパワーを使えば、華麗なストップ・アンド・ゴーができます。

5km~10kmの長距離でも快適に移動できる自転車を探しているなら、ブリヂストン「TB1e」がおすすめです。

TB1eについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

ブリヂストン「ステップクルーズe」

長距離通勤用の2つ目のおすすめは。ブリヂストンのステップクルーズeです。

ステップクルーズe

BRIDGESTONE「ステップクルーズe」

ステップクルーズeの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • 坂道がスイスイ登れる
  • バッテリーの持ちがいい
  • 普段使いに便利な機能が満載
デメリット
  • 後輪のアシストサポートが好きな人には向かない

ステップクルーズeは、1つ目に紹介したTB1e同様、走りながら充電できる自動充電機能が付いています。

坂道がスイスイ登れる

走っている間にモーターが発電して自動に充電

片道30分以上の長距離移動でもバッテリーが長持ちして、想像以上に長く走れます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

もっと長く、

もっと遠くへ行けます

ステップクルーズeは、チェーンが錆びにくいカーボンベルトを使っていて、チェーンのメンテナンスが不要なところも魅力です。

チェーンの泥除けカバー

さびない+汚れにくいカーボンベルト

1つ前に紹介したBRIDGESTONE「TB1e」との大きな違いは、

  • 前カゴが付いている
  • ギアが内装3段変速

になります。

TB1eはスポーツ向け、ステップクルーズeは街乗り向けの電動自転車です。

ステップクルーズeについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

スポーツタイプのおすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
Panasonic
ベロスター
ベロスタースポーツタイプ 8.0Ah 700×38Cなし
YAMAHA
パスブレイス
パスブレイススポーツタイプ15.4Ah26×1.50(HE)なし
表は横にスクロールできます

パナソニック「ベロスター」 

スポーツタイプの1つ目のおすすめは、パナソニック「ベロスター」です。

ベロスター

Panasonic「ベロスター」

ベロスターの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • スポーティーな走りが楽しめる
  • 普段使いのパーツが充実している
  • コスパが高い
デメリット
  • アシスト力がマイルド
  • かごが付いていない

ベロスターの魅力は、スタイリッシュなデザインと、スポーティーな走りが楽しめるところ。

ベロスターの欠点・評判をレビュー

フレームがシャープな形でスタイリッシュ

スポーティーな走りが楽しめる

坂道もスイスイ走れます

ギアが7段階に変更できて、道の状況に応じて走る楽しさが味わえます。

シフター

外装7段変速

快適な走りができる機能が満載で、価格が10万円をきっているコスパの高さもベロスターの魅力になります。

ベロスターをおすすめする人・しない人

他社が真似できない価格を実現

軽快な走りを楽しみたいなら、コスパが高く、スタイリッシュなデザインのベロスターがおすすめです。

ベロスターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

ちなみに、ベロスターはタイヤが20インチと小さいミニモデルもあるので、そちらも合わせてどうぞ。

ヤマハ「パスブレイス」

スポーツタイプの2つ目のおすすめは、ヤマハ「パスブレイス」です。

パスブレイス

YAMAHA「PAS BRACE」

パスブレイスの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • 走り出しがすごく楽
  • 坂道がスイスイ登れる
  • サスペンション付きだから、乗り心地が最高!
  • スポーティーな走りができるタイヤ
デメリット
  • グリップの形は、好みが分かれる
  • サドルがちょっと固い

パスブレイスはセミスリックタイヤといって、スピードが出やすく、曲がるときにグリップが効いてしっかり止まるタイヤを搭載しています。

タイヤ

スポーティーな走りが楽しめるタイヤ

ゆんともパパ
ゆんともパパ

普段の通勤の景色が

違って見えるようになります

スピードだけでなく、走る快適さもこだわったパスブレイス。

具体的には、下からの衝撃を吸収するサスペンション付きなところや、止まりたいときにピタッと止まれるディスクブレーキを搭載しています。

スポーティーなタイヤ

段差が楽に越えられるサスペンション

ヤマハ「PAS Brace」の気になるところをレビュー

気付いた時にすぐ止まれるディスクブレーキ

どこにでも行けてしまいそうな、ヤマハ「パスブレイス」。

周囲をごぼう抜きする快感を味わいたいなら、PAS BRACEがおすすめです。

パスブレイスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

折りたたみタイプのおすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
TRANS MOBILLY
NEXT163
next163折りたたみ4.0Ah16×1.5なし
カイホウジャパン
SUISUI STREET
折りたたみ5.8Ah20×1.75なし
表は横にスクロールできます

TRANS MOBILLY「NEXT163」 

折りたたみタイプの1つ目のおすすめは、TRANS MOBILLY「NEXT163」です。

trans-mobilly

TRANS MOBILLY「NEXT163」 

TRANS MOBILLYの魅力は、片手で持てる軽さです。

「NEXT 163」の重さは約11.9kgで、片手で楽に持つことができます。

トランスモバイリーを持った状態

電動自転車とは思えない軽さ!

駐輪場がなくても、片手で持ち運んで、ちょっとした空きスペースに保管できます。

TRANS MOBILLY「NEXT163」は軽くてコンパクトに折りたためるので、収納バックに入れて持ち運ぶこともできます

肩にかけて持ち運びできる

バックに入れれば、電車への持ち込みもOK

楽な持ち運びを可能にしてくれる、TRANS MOBILLY「NEXT163」。

通勤だけでなく、出かけた先でマイ自転車に乗って探索する楽しみ方もできます。

TRANS MOBILLY「NEXT163」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

カイホウジャパン「SUISUI STREET」

折りたたみタイプの2つ目のおすすめは、カイホウジャパン「SUISUI STREET」です。

スイスイの電動自転車

カイホウジャパン「SUISUI STREET」

SUISUI STREETの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • 坂道が楽に登れるアシスト力
  • 外装6段変速で、色んな走りが楽しめる
  • 折りたたみが可能
  • コスパが高い
デメリット
  • バッテリー容量が小さい
  • かごが付いていない

「SUISUI STREET」の魅力は、カギ・ライト・泥除けカバーといった必須アイテムが全て標準されていて税込み6万円以下で買えるところ。

ライト

帰りが遅くなったら明るく照らしてくれるライト

カギ

片手でカンタンに施錠できるカギ

コンパクトに折りたためて、玄関先や自宅で保管できます。

折りたたみできる電動自転車

慣れれば1分かからず折りたためます

車体の重さが22kgあるので、持ち運ぶにはすこし力が必要ですが、電動アシストの力で快適に走れるSUISUI STREET。

楽に走れる

坂道も余裕で登れます

コスパが高い通勤用の折りたたみ電動自転車を探しているなら、カイホウジャパン「SUISUI STREET」がおすすすめです。

SUISUI STREETについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

また、折りたたみ電動自転車おすすめ8選を紹介してる記事も参考にしてください。

おしゃれなデザインのおすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
WIMO
COOZY
COOZYおしゃれ10.5Ah20×1.75なし
デイトナ
DE01
デイトナおしゃれ 7.8Ah20×1.5なし
表は横にスクロールできます

WIMO「COOZY」 

おしゃれなデザインの1つ目のおすすめは、WIMO「COOZY」です。

COOZY

WIMO「COOZY」

COOZYの特徴をまとめると、下記になります。

メリット
  • こぎ出しがスムーズ
  • 坂道もスイスイ登れる
  • デザインがオシャレ!
  • メンテナンスが不要のチェーン
デメリット
  • グリップの好みが分かれる
  • バッテリーのON-OFFが慣れるまでに時間がかかる

COOZYは、街中を走っているとつい振り返ってみたくなるおしゃれデザインの電動自転車です。

COOZYのデザイン

インスタ映えするデザイン

COOZYの魅力は、電動自転車には見えないおしゃれデザイン以外に、品質の高さが挙げられます。

具体的には、COOZYのフレームは自転車職人が一台ずつ、フレームを点検しながら作り上げられている点です。

公式サイト

出典:公式サイト

長く使っていてフレームが変形しないかどうか? 10万回以上の強度および耐振性試験も行っています。

ママ
ママ

デザインだけでなく

性能もバッチリということね!

おしゃれなデザインからは想像できない、電動アシストのパワフルさも魅力です。

COOZYをおすすめする人・しない人

毎日の通勤が楽しくなります

自転車にまたがると、朝の眠い気持ちをスッキリ覚めさしてくれるCOOZY。

ワクワク気分で通勤したいなら、COOZYがおすすめです。

COOZYについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

デイトナ「DE01」

おしゃれなデザインの2つ目のおすすめは、デイトナ「DE01」です 。

デイトナの電動自転車「DE01」

Daytona「DE01」

デイトナ「DE01」の特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • アシスト力がやわらかい
  • デザインがオシャレ
  • 折り畳んで持ち運び可能
  • シンプルな操作
デメリット
  • アシスト力が他社と比べて弱い
  • ライトやカギが付いていない
  • バッテリー容量が小さい
  • サドルが固い

デイトナ「DE01」は、バッテリーがポーチに入ったちょっと変わったデザインの電動自転車です。

後ろから見たデイトナ電動自転車「DE01」

ブラウンのポーチにバッテリーが入っています

グリップ・サドル・ポーチが全てブラウンで統一されていて、一目見たら忘れられないデザインをしています。

デイトナ電動自転車「DE01」の良かったところをレビュー

電動自転車に見えない電動自転車

デイトナ「DE01」は、電動自転車が初めての人でも乗りやすいよう、電動アシストの力がマイルドに設計されています。

こぎ出しがナチュラル

やさしくサポートしてくれます

電気の力を借りつつ、自分の足でしっかりペダルを漕いで進む感じですね。

走る楽しさを味わいながら、おしゃれに通勤したい人におすすめな電動自転車です。

デイトナ「DE01」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

坂道に強いおすすめ2選 

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
BESV
PSA1
BESV坂道に強い10.5Ah 20*1.95なし
VOTANI
H3
VOTANI坂道に強い 7.0Ah20ある
(またぐ場所)
表は横にスクロールできます

BESV「PSA1」

坂道に強い電動自転車の1つ目のおすすめは、BESV「PSA1」です。

ベスビーPSA1

BESV「PSA1」

BESV「PSA1」の特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • アシスト機能が抜群にいい!
  • サスペンションが快適走行をサポート
  • 大容量バッテリーで長距離走行が可能
  • デザインがとにかくオシャレ
デメリット
  • カゴが付いていない
  • 純正のサドルは硬くて、おしりが痛くなる
  • ライトが付いていない
  • カギが付いていない

BESV「PSA1」の魅力は、デザインの良さも然ることながら、電動アシストのパワーです。

30台以上電動自転車を乗り比べしていて、BESVの電動アシストのパワーに勝てる電動自転車は未だに出てきていません

PSA1に乗っているところ

見える世界が変わります

きつい坂道があっても、鼻歌を歌いながらスイスイ登れるパワフルさがあります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

前を走っている自転車を

ごぼう抜きできます

バッテリー容量が10.5Ahあって、1回の充電で長く走れるところもBESVの魅力です。

フロントサスペンション

コンパクトサイズなのに大容量のバッテリー

どんな坂道が来ても怖くない、BESV「PSA1」。

電動アシストのパワフルさを求めるなら、PSA1がおすすめです。

BESVについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

VOTANI「H3」

坂道に強い電動自転車の2つ目のおすすめは、VOTANI「H3」です。

votani「H3」

VOTANI「H3」

VOTANIの特徴をまとめると、下記のとおり。

メリット
  • パワフルなアシスト力
  • サスペンション付きだから快適
  • オシャレなデザイン
  • コスパが高い
デメリット
  • カギが付いていない
  • サドルがかたい
  • バッテリー容量が小さい

VOTANI「H3」は、坂道に強い電動自転車の1つ目のおすすめに紹介したBESVの姉妹ブランドです。

電動アシストのパワーはBESV同様、パワフルです。

パワフルなアシスト

快適に通勤・通学できます

VOTANI「H3」はまたぐフレームにカゴが付いていて、手さげかばんが入れれます

votani「H3」

出典:公式サイト

ペダルを力んでこがなくても、快適に走れるVOTANI「H3」。

暑い夏の日でも、涼しい顔をして通勤できます。

VOTANI「H3」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

通勤におすすめの電動自転車比較

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
Panasonic
グリッター
グリッター短距離向け
片道5km以内
12.0Ah 20インチあり
YAMAHA
パスシティC
パスシティC 短距離向け
片道5km以内
12.3Ah 20×1.75HEなし
BRIDGESTONE
TB1e
TB1e 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah 27×1-3/8WOなし
BRIDGESTONE
ステップクルーズe
ステップクルーズe 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah相当 26×1.75HEあり
Panasonic
ベロスター
ベロスタースポーツタイプ 8.0Ah 700×38Cなし
YAMAHA
パスブレイス
パスブレイススポーツタイプ15.4Ah26×1.50(HE)なし
TRANS MOBILLY
NEXT163
next163折りたたみ4.0Ah16×1.5なし
カイホウジャパン
SUISUI STREET
折りたたみ5.8Ah20×1.75なし
WIMO
COOZY
COOZYおしゃれ10.5Ah20×1.75なし
デイトナ
DE01
デイトナおしゃれ 7.8Ah20×1.5なし
BESV
PSA1
BESV坂道に強い10.5Ah 20*1.95なし
VOTANI
H3
VOTANI坂道に強い 7.0Ah20ある
(またぐ場所)
表は横にスクロールできます

よくある質問

よくある質問

ここでは、通勤用の電動自転車を探している方が疑問に思う点についてまとめました。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれ見ていきましょう

安いEバイクが知りたい

電動自転車の相場は、10万円~15万円です。

値段は、ブランドやバッテリー容量、スペックによって異なります。

通勤用の安い電動自転車を探しているなら、下記の記事を参考にしてください。

電動アシスト力のランキングが知りたい

搭載している電動アシストモーターは各社違うため、比較するのは難しいのが正直なところ。

これはぼくの感覚になりますが、30台以上乗り比べて、電動アシスト力のパワフルさを一番感じたのは「BESV」です。

ベスビーPSA1

ぼくの中でアシスト力ランキングNo1のBESV

ちなみに、ヤマハは、こちらのHPで電動アイスト力のランキングを発表しているので参考にしてくださいね。

まとめ

本記事では、通勤・通学におすすめの電動自転車を12選紹介しました。

今回ご紹介した12車をあらためてここで紹介しておきますね。

モデル画像種類バッテリー容量タイヤサイズ前カゴ
Panasonic
グリッター
グリッター短距離向け
片道5km以内
12.0Ah 20インチあり
YAMAHA
パスシティC
パスシティC 短距離向け
片道5km以内
12.3Ah 20×1.75HEなし
BRIDGESTONE
TB1e
TB1e 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah 27×1-3/8WOなし
BRIDGESTONE
ステップクルーズe
ステップクルーズe 中・長距離向け
片道5~10km
14.3Ah相当 26×1.75HEあり
Panasonic
ベロスター
ベロスタースポーツタイプ 8.0Ah 700×38Cなし
YAMAHA
パスブレイス
パスブレイススポーツタイプ15.4Ah26×1.50(HE)なし
TRANS MOBILLY
NEXT163
next163折りたたみ4.0Ah16×1.5なし
カイホウジャパン
SUISUI STREET
折りたたみ5.8Ah20×1.75なし
WIMO
COOZY
COOZYおしゃれ10.5Ah20×1.75なし
デイトナ
DE01
デイトナおしゃれ 7.8Ah20×1.5なし
BESV
PSA1
BESV坂道に強い10.5Ah 20*1.95なし
VOTANI
H3
VOTANI坂道に強い 7.0Ah20ある
(またぐ場所)
表は横にスクロールできます

上記の比較表を見ながら、自分にピッタリのモデルを見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました