軽さが人気のおすすめ電動アシスト自転車18選!最軽量モデルはこれ!!

軽さが人気のおすすめ電動アシスト自転車18選!最軽量モデルはこれ!!
この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、軽い電動アシスト自転車おすすめ18選を紹介!

シニア向け・折りたたみ・ミニベロ・カゴ付き・スポーツモデル・値段が安い・子ども乗せタイプのおすすめをそれぞれ紹介しています。

電気のちからで楽に走れる電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、坂道や向かい風が吹いているときでも楽に走れる良さがありますが、

通常の自転車と比べて車体が重たいデメリットがあります。

カスタムしたez
パナソニック「EZ」

当ブログ【ゆんとも】では、「軽い電動アシスト自転車を探している!」読者の方に向けて、おすすめの軽い電動アシスト自転車30選を紹介。

「おすすめが早く知りたい!」方は、下記をタップすると、くわしい特徴がすぐ見れます

  • 最軽量モデル:トランスモバイリー「NEXT140
  • シニア向けのイチオシ:パナソニック「ビビ・SL
  • カゴ付きのイチオシ:パナソニック「グリッター
  • 値段が安いイチオシ:ペルテック「TDN-206
  • スポーツモデルのイチオシ:WELB「Eバイク

すべてのモデルを比較してから決めたい方は、重さ順の比較表を参考にしてください。

おすすめの軽い電動アシスト自転車(タブごとに見れます)

スポンサーリンク
タップできる目次

電動アシスト自転車の重さってどれくらい?

電動アシスト自転車の重さってどれくらい?

「電動自転車って、重たいんだよね…」という印象を持っている人も多いと思います。

電動自転車にはバッテリーやアシストをサポートするモーターが搭載されているため、一般的な自転車と比べて5kg~10kg重たいです。

自転車の種類画像重さ
一般的な
自転車
自転車16kg~19kg
電動
ミニベロ
PDSA120kg~25kg
電動
折りたたみ
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」12kg~25kg
電動
スポーツモデル
JF115kg~25kg
電動
シティモデル
パナソニック「ビビ・SL」20kg~28kg
電動
子ども乗せ
ビッケモブ30kg~35kg

電動アシスト自転車は、種類によって重さが異なります。

電動アシスト自転車の中で軽いのは、持ち運びができる「折りたたみモデル」、爽快な走りができる「スポーツモデル」です。

【重さ順】軽い電動アシスト自転車の比較表

本記事で紹介しているおすすめ電動アシスト自転車18選を、車体の重さが軽い順に並べた比較表がこちら。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さタイプ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
トランスモバイリー
NEXT140
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」約11.3kg折りたたみ113,080円14インチ4.0Ah約24km
VELMO
Pegasus
Pegasus14.8kg折りたたみ198,000円20インチ7.0Ah約60km
BESV
JR1
JR115.7kgスポーツ348,000円700×25C7.0Ah約115km
WELB
Eバイク
WELB16.8kgスポーツ189,800円700×23C6.8Ah約100km
Musashi Velo
CS01
ムサシベロ17.0kgスポーツ242,000円700x28c11.2Ah約120km
デイトナ
DE01
DE0117.8kg折りたたみ195,800円20インチ9.6Ah約100km
VELMO
Q2
Q219.8kgミニベロ129,800円20インチ7.0Ah約60km
パナソニック
ビビ・SL
ビビ SX19.9kgシニア138,000円24インチ8.0Ah約57km
ヤマハ
パスシティX
ヤマハ パスシティX21.1kgミニベロ134,200円20インチ12.3Ah約90km
ヤマハ
PAS SION-U
ヤマハ PAS SION-U21.5kgシニア132,000円20インチ12.3Ah約71km
ブリヂストン
アシスタユニプレミア
ブリヂストン アシスタユニプレミア21.9kgシニア151,000円20×1.75HE12.3Ah約72km
ペルテック
TDA-712L
ペルテック「TDA-712L」約24kg安い82,800円27.5×1.758.0Ah約42km
パナソニック
グリッター
グリッター25.8kgカゴ付き130,000円20インチ12.0Ah約75km
ペルテック
TDN-206
ペルテック「TDN-206」約26kg安い79,800円20インチ8.0Ah約42km
パナソニック
ティモS
ティモS27.4kgカゴ付き135,000円26インチ16.0Ah約100km
ブリヂストン
ステップクルーズe
ブリヂストン ステップクルーズe27.7kgカゴ付き174,000円26×1.75HE14.3Ah約200km
ヤマハ
PAS Kiss mini
ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」31.0kg子ども乗せ165,000円20×2.125HE15.4Ah約78km
パナソニック
ギュット・クルームR
パナソニック ギュット31.9kg子ども乗せ174,000円20インチ16.0Ah約86km

本記事で紹介している電動アシスト自転車の中で、最軽量モデルはトランスモバイリー「NEXT140」です。

気になるモデル名をタップすると、くわしい特徴までジャンプできます。

おすすめの軽い電動アシスト自転車(タブごとに見れます)

【シニア向け】軽い電動アシスト自転車3選

【シニア向け】軽い電動アシスト自転車3選

シニア向けの軽い電動アシスト自転車のおすすめは、こちらの3つです。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
パナソニック
ビビ・SL
ビビ SX19.9kg138,000円24インチ8.0Ah約57km
ヤマハ
PAS SION-U
ヤマハ PAS SION-U21.5kg132,000円20インチ12.3Ah約71km
ブリヂストン
アシスタユニプレミア
ブリヂストン アシスタユニプレミア21.9kg151,000円20×1.75HE12.3Ah約72km

パナソニック「ビビ・SL」

シニア向けモデルで、軽い電動アシスト自転車の1つ目のおすすめは、パナソニック「ビビ・SL」です。

パナソニック「ビビ・SL」
総合評価
( 5 )
メリット
  • シニア向けの最軽量モデル
  • サドルの高さが低くて乗りやすい
  • らくにペダルがこげれる
  • カルパワードライブユニットを搭載
デメリット
  • ハンドルロックが付いていない

シティタイプの電動アシスト自転車の中で最軽量のパナソニック「ビビ・SL」。

車体の重さが19.9kg」と20kgをきる軽さのため、力を入れなくても持ち上げれます。

楽に持ち上げれる

サドルが従来品と比べて約5cm低く設計されていて、足が付きやすく乗り降りが楽にできる点もいいですね。

低いサドル

軽量化のため、自転車を止めたときにハンドルを固定する機能が付いていない点は残念ですが、

シニア向けで最軽量モデルを探しているなら、パナソニック「ビビ・SL」を選んでおけば間違いなしです

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す»

ブリヂストン「アシスタユニプレミア」

シニア向けモデルで、軽い電動アシスト自転車の2つ目のおすすめは、ブリヂストン「アシスタユニプレミア」です。

ブリヂストン「アシスタユニプレミア」
総合評価
( 4 )
メリット
  • またぎやすい低フレーム
  • アシスト操作パネルが見やすい
  • 小物が落ちにくい樹脂製の大型バスケット
デメリット
  • ハンドルロックが付いていない

ブリヂストン「アシスタユニプレミア」の特徴は、またぐフレームが低く設計されていて、足を引っかける心配がないところ。

適正身長が128cm~で、最軽量モデルのパナソニック「ビビ・SL」と比べて8cmも低いです。

パネルの表示サイズが大きく、見やすいところも魅力的なポイント。

見やすい表示パネル

ブリヂストンのシニア向けの最軽量モデルを探しているなら、ブリヂストン「アシスタユニプレミア」がおすすめです。

ヤマハ「PAS SION-U」

シニア向けモデルで、軽い電動アシスト自転車の3つ目のおすすめは、ヤマハ「PAS SION-U」です。

ヤマハ「PAS SION-U」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ヤマハPASシリーズ内トップクラウの軽さ
  • またぎやすい低フレーム
  • たくさんの荷物が入る大型バスケット
  • パーキングストッパー機能付き
デメリット
  • カギの位置が見ずらい

ヤマハPASシリーズの中で最軽量モデルの「PAS SION-U」。

車体が21.5kgと軽く、またぎやすい低フレームのため、いつでも気軽にお出かけできます。

気軽にお出かけ

パナソニック・ブリヂストンに付いていないハンドルのふらつきを抑止する機能が、PAS SION-Uには付いています。

ハンドルロック

こぎ出しや、坂道が楽に走れるモーターが搭載されています。

こぎ出しや坂道が楽に登れる

カゴに荷物を入れたとき、ハンドルが動かない機能が付いているシニア向け軽量モデルを探しているなら、ヤマハのPAS SION-Uがおすすめです。

【折りたたみ】軽い電動アシスト自転車3選

【折りたたみ】軽い電動アシスト自転車3選

折りたためる軽い電動アシスト自転車のおすすめは、こちらの3つです。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
トランスモバイリー
NEXT140
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」約11.3kg113,080円14インチ4.0Ah約24km
VELMO
Pegasus
Pegasus14.8kg198,000円20インチ7.0Ah約60km
デイトナ
DE01
DE0117.8kg195,800円20インチ9.6Ah約100km

トランスモバイリー「NEXT140」

折りたたみモデルの1つ目のおすすめは、トランスモバイリー「NEXT140」です。

GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1分で折りたためる
  • とにかく軽い!
  • タイヤが小さいのに、しっかり走る
  • 坂道もスイスイ走れる
  • バッテリーの持ち運びが楽
デメリット
  • バッテリー容量が小さい
  • カギやライトが付いていない

トランスモバイリー「NEXT140」は、本記事で紹介する電動アシスト自転車の中で最軽量モデルです。

trans-mobilly
最軽量モデル

NEXT140は、車体の重さが約11.3kg

片手で楽に持てます

2L×6本入のペットボトルより軽いです。

コンパクトに折りたたんで、専用キャリーケースに入れて持ち運びできます。

旅行先に持っていけます

バッテリー容量は4.0Ahと小さいものの、モバイルバッテリーとして利用できます。

バッテリーで携帯を充電
旅先で大活躍!

「とにかく、1番軽い電動アシスト自転車を探している!」なら、14インチのトランスモバイリー「NEXT140」をおすすめします。

VELMO「Pegasus」

折りたたみモデルの2つ目のおすすめは、VELMO「Pegasus」です。

VELMO「Pegasus」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 自転車が14.8kgと超軽量
  • アシストなしでもスイスイ走れる
  • 操作しやすいアシストモニター
  • コンパクトに折りたためる
  • 洗練されたおしゃれなデザイン
デメリット
  • カギやカゴが付いていない
  • 値段がちょっと高い

Pegasusの魅力は、ぱっと見、電動アシスト自転車に見えないおしゃれなデザインです。

楽に持ち上げれる軽さ
バッテリーはフレームに内蔵されています

車体が14.8kgと軽く、20インチタイヤなので、電動アシストのサポートを借りなくても爽快な走りが楽しめます。

アシスト無しでも快適に走れる
翼を持った馬のように、心地よい風を感じながら走れます

坂道を走るときは、左ハンドルに付いている操作パネルでアシストをONにします。

コンパクトで操作しやすいアシストパネル

VELMO「Pegasus」は購入してから2年間、メンテンスが必要になった場合、スタッフが自宅まで修理に来てくれるサポートが付いています。

自宅まで来てくれるってステキ!

「自転車の軽さとメーカーサポート、どっちも大切!」なら、他社にない出張修理サポートが付いているVELMO「Pegasus」がおすすめです。

デイトナ「DE01」

折りたたみモデルの3つ目のおすすめは、デイトナ「DE01」です。

デイトナ「DE01」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • アシスト力がマイルド
  • デザインがオシャレ
  • 折りたたんで持ち運びが可能
  • シンプルな操作
デメリット
  • アシスト力が他社と比べて弱い
  • ライトやカギが付いていない
  • バッテリー容量が小さい
  • サドルがかたい

デイトナ「DE01」は、バッテリーがポーチに入った可愛らしいデザインの電動アシスト自転車です。

デイトナの電動自転車「DE01」
サドル後ろのポーチにバッテリーが入っています

街なかをおしゃれに走れるよう、サドルやグリップにはレザー素材が使われています。

サドル
グリップ

ギアは9段で、自分の好きなスピードが自由にコントロールできます。

電動アシスト操作は手元ではできず、ポーチの電源ボタンで行うところは、慣れるまで不便を感じるかもしれません。

人とは違った、おしゃれな電動アシスト自転車を探しているなら、デイトナのDE01がおすすめです。

折りたたみのおすすめは、こちらの記事でも紹介しているので参考にしてください。

【ミニベロ】軽い電動アシスト自転車2選

【ミニベロ】軽い電動アシスト自転車2選

電動ミニベロの中で軽いおすすめモデルは、こちらの2つです。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
VELMO
Q2
Q219.8kg129,800円20インチ7.0Ah約60km
ヤマハ
パスシティX
ヤマハ パスシティX21.1kg134,200円20インチ12.3Ah約90km

VELMO「Q2」

軽い電動ミニベロの1つ目のおすすめモデルは、VELMO「Q2」です。

VELMO「Q2」
総合評価
( 5 )
メリット
  • アシストがパワフル
  • 爽快な走りが楽しめる
  • おしゃれなデザイン
  • コンパクトに折りたためる
  • アフターサービスが充実している
デメリット
  • カゴやカギが付いていない
  • バッテリーのプラグが付けづらい

VELMO「Q2」の特徴は、電動アシストのパワーが他の電動アシスト自転車と比べて約1.4倍強いところ。

Q2
アシストがめちゃくちゃパワフル!

急な坂道や、強い向かい風が吹いていても、グイグイ前に進みます。

アシスト操作は、左ハンドルに付いているパネルで行います。

アシスト1
サイズがコンパクトで、見やすい!

バッテリーがサドルのシートポスト内にあるため、電動アシスト自転車に見えないデザインに仕上がっています。

充電している様子
電動アシスト自転車に見えない!

Q2には、購入してから2年間、メンテンスが必要になった場合にスタッフが自宅まで来て修理してくれるサポートが付いています。

他社にはない出張修理サポート

坂道がグイグイ登れて、他社にはない購入後のサポートが充実しているモデルを探しているなら、VELMO「Q2」がおすすめです。

ヤマハ「パスシティX」

軽い電動ミニベロの2つ目のおすすめモデルは、ヤマハ「パスシティX」です。

ヤマハ「パスシティX」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 坂道がスイスイ登れる
  • タイヤが細いから、スピードが出やすい
  • ブレーキがスポーツ仕様でしっかり止まる
  • アシスト操作パネルが見やすい・使いやすい
  • 内装変速だから見た目スッキリ
デメリット
  • タイヤが細いから衝撃に弱い
  • カゴが付いていない
  • フラットバーだから、長距離移動には向かない

ヤマハ「パスシティX」は、タイヤが細くて、スポーティーな走りができる電動ミニベロです。

クロスバイクによく使用されるVブレーキを搭載しているため、止まりたいタイミングでしっかり止まれます。

シマノのブレーキ
ShimanoのVブレーキ

カゴは付いていませんが、カギ・泥除けカバー・ライトは標準装備となっています。

スクロールできます
カギ
泥除けカバー
ライト

通勤・通学がおしゃれにできるよう、サドルやグリップにはブラウンのカラーが使われています。

サドル
グリップ

大手メーカーで、街なかを爽快に走れるモデルを探しているなら、ヤマハのパスシティXがおすすめです。

20インチの電動ミニベロのことがもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてださい。

【カゴ付き】軽い電動アシスト自転車3選

【カゴ付き】軽い電動アシスト自転車3選

カゴ付きの軽い電動アシスト自転車は、こちらの3つ。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
パナソニック
グリッター
グリッター25.8kg130,000円20インチ12.0Ah約75km
パナソニック
ティモS
ティモS27.4kg135,000円26インチ16.0Ah約100km
ブリヂストン
ステップクルーズe
ブリヂストン ステップクルーズe27.7kg174,000円26×1.75HE14.3Ah約200km

パナソニック「グリッター」

カゴ付きの1つ目のおすすめ電動アシスト自転車は、パナソニック「グリッター」です。

パナソニック「グリッター」
総合評価
( 4 )
メリット
  • アシスト力がやさしい
  • 荷物がたくさん入る大容量バスケット
  • ハンドルが固定できる
  • 座り心地が最高なサドル
デメリット
  • またぐフレームがすこし高い
  • スポーティーな走りができない

グリッターは、タイヤが20インチと小さく、小回りがきく電動アシスト自転車です。

大きなカバンや、買い物袋がすっぽり入る大きな前カゴが特徴。

パナソニック「グリッター」の良かったところをレビュー
荷物が余裕で入る大型バスケット付き

またぐフレームが低く、小柄な女性でも足を引っかけることなく安心して乗れます。

スカートを履いていても、楽にまたげます

電動アシストを操作するモニターは、ボタンが少なくシンプルで、見やすいレイアウトになっています。

サドルはおしりに接する面積が広いタイプで、ふかふか素材が使われています。

ずっと乗っていても、おしりが痛くならない!

小回りがきく街乗り用で、カゴ付きを探しているならパナソニックのグリッターがおすすめです。

パナソニック「ティモS」

カゴ付き電動アシスト自転車の2つ目のおすすめは、パナソニックのティモSです。

パナソニック「ティモS」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 荷物が余裕で入る前かご
  • ハンドルロック付きだから、ふらつかない
  • 安定感がバツグン
  • 16.0Ahの大容量バッテリー
  • カルパワードライブユニットを搭載(2023年モデルより)
デメリット
  • アシスト力がマイルド

ティモSは、タイヤサイズが26インチの電動アシスト自転車です。

パナソニック「ティモS」の特徴を一言で言い表すと、電動アシスト自転車の優等生

ティモS

理由は、普段の生活に必須の前カゴ・ライト・泥除けカバー・カギがすべて標準で装備されているから。

スクロールできます
大きなカバンが入るカゴ
ライト
泥除けカバー
カギ

大きな荷物をかごに入れたとき、ハンドルがくるっと動かないようハンドルロックが付いている点もいいですね。

大きな荷物も安心して載せられます

2023年モデルよりカルパワードライブユニットが搭載され、車体の重量が軽くなりました。

Panasonicのオリジナル技術

手頃な値段で、性能もしっかりしているカゴ付きの電動アシスト自転車を探しているなら、パナソニックのティモSをおすすめします。

ブリヂストン「ステップクルーズe」

カゴ付き電動アシスト自転車の3つ目のおすすめは、ブリヂストン「ステップクルーズe」です。

ブリヂストン「ステップクルーズe」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 坂道がスイスイ登れる
  • 走っていると、バッテリーが自動充電される
  • 普段使いに便利な機能が満載
デメリット
  • 後輪のアシストサポートが好きな人には向かない

ステップクルーズeは、タイヤサイズが26インチの電動アシスト自転車です。

ステップクルーズe
ブリヂストン「ステップクルーズe」

ステップクルーズeの魅力は、走っているときにバッテリーが勝手に自動充電される「走りながら自動充電機能」が付いているところ。

走りながら自動充電とは、走行中にペダルを止める、または左ブレーキをかけると自動で充電されるしくみのこと

ステップクルーズeの口コミ・評判をレビュー
走りながら自動充電は、ブリヂストン独自の技術!

走りながら自動充電の機能が付いているおかげで、エコモードで走ったとき、最大200kmの走行が可能です。

驚くほどなが~く乗れるステップクルーズe

前カゴは、グリッターやティモSと比べると深さはないもの、カバンや買い物袋が載せられます。

幅広の前カゴ

1回の充電でなが~く走れて、カゴ付きの電動アシスト自転車を探しているなら、ブリヂストンのステップクルーズeで決まりです。

【スポーツモデル】軽い電動アシスト自転車3選

【スポーツモデル】軽い電動アシスト自転車3選

スポーツモデルの軽い電動アシスト自転車のおすすめは、こちらの3つ。 

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
BESV
JR1
JR115.7kg348,000円700×25C7.0Ah約115km
WELB
Eバイク
WELB16.8kg189,800円700×23C6.8Ah約100km
Musashi Velo
CS01
ムサシベロ17.0kg242,000円700x28c11.2Ah約120km

BESV「JR1」

スポーツモデルで軽い電動アシスト自転車の1つ目のおすすめは、BESV「JR1」です。

BESV JR1
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 坂道や向かい風が吹いていても爽快な走りができる
  • 車体が軽い
  • 平坦な道はアシストの出番はほぼなし!
  • デザインがカッコいい
デメリット
  • スタンドが付いていない
  • 値段がちょっとお高め

JR1は、ロードバイクタイプの電動アシスト自転車です。

アルミフレーム
デザインがスタイリッシュ!

ドロップハンドルのため、自由自在にスピードがコントロールできます。

ドロップハンドル
前傾姿勢で、思いっきり駆け抜けれます

車体が15.8kg(サイズXSの場合)と超軽量で、楽に持ち上げれます。

片手で持てるJR1
片手で持てるJR1

ハンドル中央に付いている液晶ディスプレイは、スマホと連携して次のデータが記録できます。

  • A地点からB地点までのルート設定
  • GPSによる位置や移動経路の記録
  • 近くのお店や人気スポットの検索 など
小型サイズのアシスト操作パネル

他と比べると値段は高いですが、「軽さ」と「走り」の究極を目指したいなら、BESVのJR1がおすすめです。

WELB「Eバイク」

スポーツモデルで軽い電動アシスト自転車の2つ目のおすすめは、WELB「Eバイク」です。

WELB「Eバイク」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 爽快な走りが楽しめる
  • 車体が驚くほど軽い!
  • デザインがカッコいい!!
  • カスタムが豊富
デメリット
  • 充電方法に課題あり
  • カゴが付いていない

WELB「Eバイク」の魅力は、バッテリーがフレームに内蔵されたスタイリッシュなデザインです。

WELB
電動アシスト自転車に見えないデザイン

車体の重さが16.8kgで、軽々と持ち上げれます。

女性でも持てる重さです

WELBのEバイクは、ハンドルやタイヤなど計16パーツが自由にカスタムできます。

WELB Eバイクの評判・口コミ
世界に1台の自転車が手に入ります

年間9,800円のフォローサービスに加入すれば、出張修理サポート最大で1億円の損害賠償補償が受けられます。

Follow Service Premium
WELBが提供するFollow Service Premium

「デザイン」「走り」「購入後のサポート」、三拍子揃ったWELBのEバイク。

スポーツモデルの中でイチオシの電動アシスト自転車です。

Musashi Velo「CS01」

スポーツモデルで軽い電動アシスト自転車の3つ目のおすすめは、Musashi Velo「CS01」です。

Musashi Velo「CS 01」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 余計なギア操作がなく、走りに夢中になれる
  • アシストOFFでも快適な走り
  • 車体が軽い
  • ミニマルデザイン
  • 2年間のメーカー保証
デメリット
  • シングルギアは好みが分かれるところ
  • 充電方法

Musashi Velo「CS01」は、車体の重さが17kgのスポーツ電動アシスト自転車です。

自転車が軽い
ラクに持てる軽さ

2つ目に紹介したWELB同様、バッテリーがフレームに内蔵れているため、ぱっと見、電動アシスト自転車に見えません。

電動自転車に見えないデザイン
シンプルなデザインがカッコいい

ギアはシングルで、電動アシストの強弱で走りをコントロールします。

ギアチェンジが欲しい
ギア調整が必要ないので、走りに集中できます

アシストモニターは通常、左ハンドルもしくは、中央に付いていますが、

Musashi Velo「CS01」は右ハンドルに付いているため、モニターに目線を下げることなく自由自在にアシストがコントロールできます。

右ハンドルを握ったまま操作
右ハンドルを握ったまま操作できます

スポーツモデルで、余分な操作をすることなく、とにかく走りに夢中になりたいなら、Musashi VeloのCS01がおすすめです。

スポーツモデルの電動アシスト自転車について、くわしく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

【値段が安い】軽い電動アシスト自転車2選

【値段が安い】軽い電動アシスト自転車2選

値段が安くて、軽い電動アシスト自転車のおすすめは、こちらの2つです。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
ペルテック
TDA-712L
ペルテック「TDA-712L」約24kg82,800円27.5×1.758.0Ah約42km
ペルテック
TDN-206
ペルテック「TDN-206」約26kg79,800円20インチ8.0Ah約42km

ペルテック「TDN-206」

値段が安くて軽い電動アシスト自転車の1つ目のおすすめは、ペルテック「TDN-206」です。

ペルテック「TDN-206」
総合評価
( 4 )
メリット
  • アシスト力がマイルド
  • パーツが充実している
  • コスパが高い
  • 1年保証が付いている
デメリット
  • ギア比が小さい
  • 折りたためるけど、車体が重たい

ペルテック「TDN-206」は、タイヤが20インチで、小回りがきく電動アシスト自転車です。

ペルテック
街乗りに最適な20インチタイヤ

ペルテック「TDN-206」の魅力は、カゴ・カギ・ライト・泥除けカバーがすべて標準装備で、価格が税込み8万円をきる破格な値段。

スクロールできます
大きな荷物が入るカゴ
カギ
ライト
泥除けカバー

ペルテック「TDN-206」は、電動アシスト自転車が初めての人でも乗りやすいよう電動アシストのパワーはマイルドに設計されています。

やさしく進む
からだが引っ張られる感覚がないのがいいね!

「値段が安いのは、ちょっと心配…」と思うかもですが、1年保証が付いているため安心です。

1年保証

Amazonの電動アシスト自転車カテゴリーで、Amazonおすすめに選ばれているペルテック「TDN-206」。

値段が手頃で、小回りがきく街乗り用の電動アシスト自転車を探しているなら、ペルテック「TDN-206」がおすすめです。

ペルテック「TDA-712L」

値段が安くて軽い電動アシスト自転車の2つ目のおすすめは、ペルテック「TDA-712L」です。

ペルテック「TDA-712L」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • タイヤが太くて、安定感バツグン
  • アシスト力がマイルドで乗りやすい
  • カギ・スタンドが標準装備
  • 安心の1年保証付き
デメリット
  • スポーティな走りはできない
  • ギアが低め

ペルテック「TDA-712L」は、1つ前に紹介したTDN-206のスポーツタイプです。

ペルテック「TDA-712L」
中・長距離移動に向いています

タイヤの太さが1.75インチと太く、地面をしっかり捉えてくれるため、安定感バツグンの走りができます。

地面をぎゅっと捉えて走れます

電動アシストの力はマイルドなので、電動アシスト自転車が初めての人でも安心して乗れます。

前から引っ張ってもらる感覚
前からロープをつないで、引っ張ってもらえる感覚

スタンド・カギ・ライトは、すべて標準装備

スクロールできます
スタンド
スタンド
カギ
カギ
ライト
ライト

Amazonで口コミ評価が高い、ペルテックのTDA-712L

手の届きやすい価格のスポーツモデルを探しているなら、おすすめの電動アシスト自転車です。

値段が安いモデルを探しているなら、こちらの記事も参考にしてください。

【子ども乗せ】軽い電動アシスト自転車2選

【子ども乗せ】軽い電動アシスト自転車2選

子ども乗せ電動アシスト自転車で軽いモデルは、次の2つです。

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
ヤマハ
PAS Kiss mini
ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」31.0kg165,000円20×2.125HE15.4Ah約78km
パナソニック
ギュット・クルームR
パナソニック ギュット31.9kg174,000円20インチ16.0Ah約86km
ゆんともパパ
前乗せと後ろ乗せ

それぞれのおすすめを

紹介するね

ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」

前乗せタイプの子ども乗せ電動アシスト自転車の最軽量モデルは、ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」です。

ヤマハ PAS Babby un SP
総合評価
( 5 )
メリット
  • チャイルドシートが繭型で、子どもの体をしっかり守ってくれる
  • 電動アシストのパワーが協力
  • 車体がコンパクトで、ママが運転しやすい!
  • ハンドルロックが自動
  • 液晶モニターにチャイルドロックがかけられる
デメリット
  • バッテリーの持ちは、ブリヂストン「ビッケ」に軍配が上がる
  • カスタマイズの種類が少ない
  • チェーンが金属製

ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」のチャイルドシートは、子どもたちの胸まで包んでくれる繭型をしています。

ヤマハの前乗せチャイルドシート
やさしく包み込んでくれます

PAS Kiss miniに搭載されているアシストモーターは、ヤマハ電動アシスト自転車の中で最高レベルのパワーを持っています。

きつい坂道でも楽勝に登れるモーター

スタンドをかけると、自動でハンドルロックがかかる機能が付いているため、安心して子どもの乗せ降ろしができます。

ハンドルがくるっと動く心配がありません

またぐフレームがU字になっていて、かつ、車体サイズがコンパクトのため、小柄なママでも運転しやすいです。

前乗せタイプで軽い子どもの乗せ電動アシスト自転車を探しているなら、ヤマハのPAS Kiss mini un SPがおすすめです。

パナソニック「ギュット・クルームR・DX」

後ろ乗せタイプの子ども乗せ電動アシスト自転車の最軽量モデルは、パナソニック「ギュット・クルームR・DX」です。

パナソニック ギュット
総合評価
( 5 )
メリット
  • ブリヂストン「ビッケ」より、前輪が軽くて運転しやすい
  • チャイルドシートがCombiとのコラボ
  • ハンドルロックが自動
  • カゴが大きくて、収納力バツグン
デメリット
  • バッテリーの持ちは、ブリヂストン「ビッケ」に軍配が上がる
  • カスタマイズの種類が少ない
  • チェーンが金属製

ギュット・クルームR・DXの特徴は、チャイルドシートがベビーカーでおなじみのCombiとのコラボなところ。

クルームRのチャイルドシート
ふわふわクッションが子どもたちを包んでくれます

アシストモーターは、業界最軽量のカルパワードライブユニットを搭載しています。

カルパワードライブユニット
軽いのに、力強い走りができます

自転車を止めたとき、ハンドルがくるっと動かないようハンドルロック機能が付いています。

自動でハンドルロック
子どもの乗せ降ろしや、荷物を載せるとき安心!

ダイワサイクルのスタッフのはなしによると、後ろ乗せモデルの一番人気がパナソニック「ギュットシリーズ」とのこと。

パナソニックのギュットを試乗して感じた残念だった点【デメリット】
ママから人気No1のギュットシリーズ

後ろ乗せモデルで、1番軽い子ども乗せ電動アシスト自転車を探しているなら、パナソニック「ギュット・クルームR・DX」がおすすめです。

子ども乗せのおすすめモデルが知りたいママは、こちらの記事も参考にしてください。

電動アシスト自転車の選び方

電動アシスト自転車の選び方

電動アシスト自転車は、10万円以上する高価なものです。

購入したあと、「あのモデルにすれば良かった…」と後悔しないため、電動アシスト自転車の選ぶポイントをお伝えします。

自転車の種類

はじめに、自転車の種類を選びましょう。

電動アシスト自転車には、使用用途によって選ぶ種類が異なります

スクロールできます
種類シティ
タイプ
ミニベロスポーツ
タイプ
折りたたみ子ども乗せ
画像ティモSパスシティCJF1GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」パナソニック ギュット
主な用途通勤・通学
日々の買い物
街乗り通勤
サイクリング
街乗り
ポタリング
子どもを
乗せる
ポイントバッテリー容量
かご付き
タイヤサイズ
デザイン
走りやすさ
軽さ
車体の軽さ
タイヤサイズ
安全性
乗りやすさ

上記を参考に、まずは自分にぴったりのモデルを選びましょう。

タイヤのサイズ

続いて、タイヤのサイズ選びです。

タイヤサイズの特徴は、次のとおり。

タイヤサイズ小さいタイヤ
(14~20インチ)
大きいタイヤ
(26~27インチ)
メリット車体サイズがコンパクト
小回りがきく
駐輪場に停めやすい
中・長距離移動が楽
乗り心地がいい
地面からの衝撃を感じにくい
デメリット5km~10kmの中・長距離移動は不向き
地面からの衝撃を感じやすい
車体サイズが大きい
小回りがきかない

自宅付近の移動が多いなら、小回りがきく20インチタイヤの自転車が便利です。

5km以上の移動が多いなら、タイヤが大きい電動アシスト自転車(26~27インチ)を選びましょう。

バッテリーの容量

3つ目のポイントは、バッテリー容量です。

バッテリー容量の特徴は、次のとおり。

バッテリー
容量
バッテリー容量
小さい
バッテリー容量
大きい
メリット軽い
充電時間が短い
1回の充電で
長い距離走れる
デメリット1回の充電で
走れる距離が短い
重い
充電時間が長い

バッテリー容量が大きい場合、1回の充電で長い距離走れる良さがある一方、自転車全体の重さが重たくなるデメリットがあります。

カゴやカギなどの付属アイテム

カゴ・カギ・泥除けカバーは、標準で付いているモデルもあれば、付いていないモデルもあります。

標準で付いているモデルを選ぶことで、あとから買い足す必要がないメリットがありますが、

自転車にパーツとして装着させることで自転車が重たくなるデメリットがあります。

ゆんともパパ
自転車をとにかく軽くしたいなら、付属アイテムが付いていないモデルを選びましょう

フレームの種類

電動アシスト自転車のフレームは、次の3種類あります。

フレーム
種類
特徴
カーボン軽い
剛性バランスをコントロールできる
衝撃に弱く、割れやすい
値段が高い
アルミカーボンより強度が高い
衝撃や腐食に強い
値段が手頃
スチール
(クロモリ)
重たい
細くて、デザインがいい
衝撃に強く、修復も可能

もっとも軽いのは、カーボンフレームです。

電動アシスト自転車でよく使われているフレームは、強度が高く、腐食に強いアルミ素材になります。

電動アシスト自転車のよくある質問

電動アシスト自転車のよくある質問

ここでは、電動アシスト自転車のよくある質問にお答えしていきます。

普通の自転車と電動アシスト自転車、どっちがいい?

普通の自転車と、電動アシスト自転車の特徴をまとめたものがこちら。

普通の
自転車
電動アシスト
自転車
画像自転車ブリヂストン「アシスタユニプレミア」
メリット値段が手頃
車体が軽い
坂道が楽に登れる
長距離移動でも疲れない
デメリット坂道を登るのが大変
長距離移動が疲れる
値段が高い
車体が重たい
価格帯2万円~5万円10万円~20万円

普通の自転車は、値段が2万円~5万円と手頃で、車体が軽く扱いやすい特徴があります。

電動アシスト自転車は、値段が高く車体は重たいですが、坂道が楽に登れる、また長距離移動もラクなメリットがあります。

電動自転車ってどうして重たいの?

電動アシスト自転車が重たい理由は、次のとおり。

  • バッテリーが搭載されている(2kg~3kg)
  • 電動アシストのモーターが搭載されている(3kg~4kg)

電動アシスト自転車は、通常の自転車にバッテリーとモーターユニットが付いているため重たくなります。

電動アシスト自転車の注意点は?

電動アシスト自転車に乗るときの注意点は、次のとおり。

  • アシストの電源は発進時、両足を地面につけて入れる
  • こぎ出しは、ペダルをゆっくり踏み込む
  • ケンケン乗りはしない

上記のポイントを守らないで乗ると、自転車が急発進することがあるので注意して下さい。

まとめ

本記事では、軽い電動アシスト自転車のおすすめを紹介しました。

あらためて、紹介すると次のとおり。

おすすめの軽い電動アシスト自転車

スクロールできます
メーカー
モデル
画像重さタイプ価格タイヤ
サイズ
バッテリー
容量
1充電あたり
走行可能距離
トランスモバイリー
NEXT140
GIC「TRANS MOBILLY NEXT140」約11.3kg折りたたみ113,080円14インチ4.0Ah約24km
VELMO
Pegasus
Pegasus14.8kg折りたたみ198,000円20インチ7.0Ah約60km
BESV
JR1
JR115.7kgスポーツ348,000円700×25C7.0Ah約115km
WELB
Eバイク
WELB16.8kgスポーツ189,800円700×23C6.8Ah約100km
Musashi Velo
CS01
ムサシベロ17.0kgスポーツ242,000円700x28c11.2Ah約120km
デイトナ
DE01
DE0117.8kg折りたたみ195,800円20インチ9.6Ah約100km
VELMO
Q2
Q219.8kgミニベロ129,800円20インチ7.0Ah約60km
パナソニック
ビビ・SL
ビビ SX19.9kgシニア138,000円24インチ8.0Ah約57km
ヤマハ
パスシティX
ヤマハ パスシティX21.1kgミニベロ134,200円20インチ12.3Ah約90km
ヤマハ
PAS SION-U
ヤマハ PAS SION-U21.5kgシニア132,000円20インチ12.3Ah約71km
ブリヂストン
アシスタユニプレミア
ブリヂストン アシスタユニプレミア21.9kgシニア151,000円20×1.75HE12.3Ah約72km
ペルテック
TDA-712L
ペルテック「TDA-712L」約24kg安い82,800円27.5×1.758.0Ah約42km
パナソニック
グリッター
グリッター25.8kgカゴ付き130,000円20インチ12.0Ah約75km
ペルテック
TDN-206
ペルテック「TDN-206」約26kg安い79,800円20インチ8.0Ah約42km
パナソニック
ティモS
ティモS27.4kgカゴ付き135,000円26インチ16.0Ah約100km
ブリヂストン
ステップクルーズe
ブリヂストン ステップクルーズe27.7kgカゴ付き174,000円26×1.75HE14.3Ah約200km
ヤマハ
PAS Kiss mini
ヤマハ「PAS Kiss mini un SP」31.0kg子ども乗せ165,000円20×2.125HE15.4Ah約78km
パナソニック
ギュット・クルームR
パナソニック ギュット31.9kg子ども乗せ174,000円20インチ16.0Ah約86km

上記を参考に、あなたにピッタリのモデルを見つけてくださいね。

おすすめの軽い電動アシスト自転車(タブごとに見れます)

軽さが人気のおすすめ電動アシスト自転車18選!最軽量モデルはこれ!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次