パナソニック ティモSをレビュー!各モデルの違いや人気色も紹介

【快適】パナソニック ティモSをレビュー!使いやすい装備が充実の電動自転車
この記事のまとめ

当サイト【ゆんとも】では、パナソニック「ティモS」に乗って感じた良かった点・気になった点をレビュー!

ティモシリーズの違い人気色・おトクに買う方法も紹介しています。

毎日の移動を楽にさせてくれる電動自転車。

人と密になることなく、自分の好きなタイミングで、最短ルートを選んで移動できることから、電動自転車を利用する人が最近増えています。

各メーカーからいろんなモデルが発売される中、

パナソニックが発売しているティモシリーズは、「電動自転車の優等生」として人気を集めています。

ティモS

Panasonic「TIMO・S」

当ブログ【ゆんとも】では、60台以上電動自転車に乗っている筆者が、ティモSに乗って感じた良かった点・気になった点をレビューしています。

乗り心地や使いやすさって、どうなの?」

「ティモシリーズの違いが知りたい

上記が気になる方は、当記事をぜひ参考にしてください!

パナソニック「ティモS」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 荷物が余裕で入る前かご
  • ハンドルロック付きだから、ふらつかない
  • 安定感がバツグン
  • 16.0Ahの大容量バッテリー
  • カルパワードライブユニットを搭載(2023年モデルより)
デメリット
  • アシスト力がマイルド
スポンサーリンク
タップできる目次

パナソニック「TIMO・S(ティモS)」の概要

パナソニック「TIMO・S(ティモS)」の概要

パナソニック「ティモS」は、ゆったり乗れて、長距離走行も疲れにくい電動自転車です。

商品ティモS
価格(税込) 145,000円
(2023年モデルの場合)
タイヤサイズ26インチ
車体サイズ1,875mm×590mm
適応身長(目安)150cm以上
フレームアルミフレーム
車体重量28.3kg
走行モード4モード
OFF
ロングモード
オートマティックモード
パワーモード
変速内装3段変速
バッテリー容量16.0Ah
充電時間約4.5時間
5種類
マットジェットブラック
ファインホワイト
マットオリーブ
モカブラウン
マットネイビー

ティモSは、アルミフレームを採用しています。

フレーム

またぐフレームには、「Panasonic」のロゴが入っています。

ロゴ

色は全部で5種類

  1. マットジェットブラック
  2. ファインホワイト
  3. マットオリーブ
  4. モカブラウン
  5. マットネイビー

この記事で紹介しているカラーは、マットオリーブです。

バッテリー容量は、たっぷり容量の16.0Ah

バッテリー

16.0Ahはパナソニックだけ!

フル充電にかかる時間は約4.5時間。

アシストモード「エコモード」で、約100kmの走行が可能です。

ティモSは、電気の力が後ろのタイヤに伝わる後輪駆動の電動自転車です。

モーター

ティモのドライブユニット

後ろのタイヤに電気の力が伝わることで、誰からが後ろからやさしく押してくれるサポート感が得られます。

ママ
ママ

アシストの力はやさしいので

誰でも安心して乗れます

ティモシリーズは、2023年モデルよりカルパワードライブユニットを搭載。カルパワードライブユニットは、アシストの力強さはそのままに、モーターの軽量化でいつでも快適な走りができるモーターのこと。

アシストをコントロールするモニターは、左ハンドルに付いています。

液晶モニターの見方

アシストボタン「▲▼」を押すと、3種類のアシストモードが選べます。

スクロールできます
ロングモード
やさしいサポートのロングモード
オートマティックモード
街乗りでよく使うオートマチック
パワーモード
坂道で大活躍のパワーモード

「切替」ボタンを押すと、バッテリー残量・走行可能距離・走行可能時間が確認できます。

スクロールできます
バッテリー残量
バッテリー残量の確認画面
走行可能距離
走行可能距離の確認画面
走行可能時間
走行可能時間の確認画面

速度の調整は、右ハンドルに付いている内装3段ギアで行います。

下記の写真の黒いゴム部分を前後にぐりぐり回すと、ギアチェンジできます。

スクロールできます
シフト1
こぎ出しがラクなシフト1
シフト2
使う頻度が多いシフト2
シフト3
スピードに乗ってきたらシフト3へ

タイヤの大きさは26インチ

タイヤ

地面をしっかり捉えるブロックタイヤ

タイヤの太さ

安定感バツグンの太っちょタイヤ

タイヤには、泥ハネを防ぐ泥除けカバーが付いています。

前タイヤの泥除けカバー
後ろタイヤの泥除けカバー

泥除けカバーは、チェーン周りも付いています。

チェーンの泥除けカバー

チェーンの泥除けカバー

ゆんともパパ
ゆんともパパ

チェーンのサビや汚れが

服に付く心配がないよ!

ティモSのブレーキは、前タイヤがキャリパーブレーキ、後ろタイヤがローラーブレーキになります。

前タイヤのブレーキ

前タイヤのブレーキ

バックタイヤのブレーキ

後ろタイヤのローラーブレーキ

グリップは、滑り止め加工されたタイプ。

グリップ

しっかり、ギュッと握れるグリップ

サドルはおしりに接する面積が大きいタイプで、ずっと乗っていてもおしりが痛くなりません。

サドル

ふかふか素材のサドル

サドルの高さは、工具を使わず変更できます。

サドルの高さ調節

レバーをくるくる回して調整

ライトは、暗くなると自動で点灯するオートライトになります。

ライト

帰りが遅くなっても安全運転をサポート

後ろの泥除けカバーには、後ろから来る車に位置を知らせるリフレクターが付いています。

リフレクター

暗くなったら存在をアピール!

カギは、狭い駐輪場でも後ろから施錠・開錠しやすいサークル錠。

鍵

手を伸ばさなくても施錠できるよ

自転車を立てかけておくスタンドは、安定感バツグンのかろやかスタンドです。

スタンド

フラつきにくい両足スタンド

ティモSは最大積載量27kgのパイプキャリアが付いていて、チャイルドシートが付けます

リアキャリア

頑丈な作りのリアパイプキャリア

お得に買う方法はこちら→

ティモS、ティモL、ティモDXとの違い

パナソニックのTIMOシリーズは、次の4種類あります。

ティモシリーズ
  1. ティモS
  2. ティモA
  3. ティモL
  4. ティモDX

違いを比較したものが、下記になります。

スクロールできます
モデルティモSティモAティモLティモDX
画像ティモSティモAティモLティモDX
価格(税込)135,000円135,000円135,000円135,000円
タイヤ26×1.75 HE26×1.75 HE26×1 3/8 WO27×1 3/8 WO
重さ28.3kg26.9kg28.2kg29.9kg
適応身長150cm以上141cm以上141m以上149cm以上
ギア内装3段内装3段内装3段内装5段
1充電の
走行可能距離
パワーモード:約59km
オートマティック:約70km
エコモード:約100km
パワーモード:約59km
オートマティック:約70km
エコモード:約107km
パワーモード:約59km
オートマティック:約70km
エコモード:約100km
パワーモード:約46km
オートマティック:約58km
エコモード:約71km
カルパワー
ドライブユニット
あり
*23年モデルより
ありあり
*23年モデルより
あり
*23年モデルより
バッテリー容量16.0Ah16.0Ah16.0Ah16.0Ah
タイトル商品を見る商品を見る商品を見る商品を見る

各モデルの一番の違いは、またぐフレームの形

  • 小柄な女性でもまたぎやすい:ティモA・ティモL
  • 男性向けのフレーム:ティモS・ティモDX

カルパワードライブユニットは、2022年モデルまでティモAだけに搭載されていましたが、2023年モデルより全ティモシリーズ対応になりました。

カルパワードライブユニットとは、シーンに応じて最適なアシストに自動でコントロールしてくれるモーターのこと。

カルパワドライブユニット
パナソニック独自の技術「カルパワー」

車体が軽くなったことで、どんなシーンでも快適な走りができます。

ママ
ママ

女性におすすめの機能です

見た目のシャープさを取るなら、色の種類が豊富の今回レビューしているティモSがおすすめです。

ギアをこまめに変えるのが好きなら、5段階にスピードが変更できるティモDXがおすすめ。

お得に買う方法はこちら→

パナソニック「ティモS」の良かったところをレビュー

パナソニック「ティモS」の良かったところをレビュー

パナソニック「ティモS」に乗っていて、「ここ、いいね!」と感じたことをレビューしていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ

詳しく見てきましょう

荷物が余裕で入る大型バスケット

ティモSは、荷物が余裕で入る大型バスケットが付いています。

前カゴ

横幅も深さもしっかりある前カゴ

ぼくが普段使っている大きめのリュックをカゴに入れてみました。

リュックを入れたカゴ

大きめリュックがすっぽり入ります

上記の写真を見ると、大きめのリュックを入れてもまだスペースがあることが分かりますね。

ママ
ママ

たくさん荷物があるから

たっぷり載せれるのは助かる~

自転車に乗って買い物に出かける方や、大きなスクールバックを持ち歩いている高校生のお子さんにとって、大型バスケットは大活躍します。

ハンドルロック付きだから荷物が載せやすい

重たい荷物をカゴに載せるとき、カゴがクルッと動かないようにハンドルロックが付いています

ハンドルロック

リングを回すとハンドルが固定できます

ハンドルロックがあることで、次のメリットがあります。

ハンドルロックのメリット
  • 荷物の載せ降ろしが楽チン!
  • 駐車時の転倒を防止
  • チャイルドシートの子どもの載せ降ろしが楽

重たい荷物を載せるとき、片手でハンドルを押さえながら… といったストレスから開放されます

安定感バツグン

ティモはブロックタイヤといって、地面をギュッとしっかり捉えてくれるタイヤを採用しています。

安定感のあるタイヤ

頼りになるタイヤ

ティモのタイヤの太さは、通常の自転車と比べて約1cm太いため、走っているときフラつきにくいのが特徴。

安定感のある走り

安定感のある走りができます

安全運転をサポートしてくるところもティモSの魅力になります。

大容量バッテリーでこまめに充電する必要なし

16.0Ahの大容量バッテリーもティモSの魅力です。

バッテリー

シンプルなデザインの16.0Ahバッテリー

ブリジストン・ヤマハの同タイプバッテリーと比較してみました。

パナソニック
ティモS
ブリヂストン
ステップクルーズe
ヤマハ
PAS RIN
16.0Ah14.3Ah15.4Ah

人気メーカー3社で比較すると、ティモSが最もバッテリー容量が大きいことが分かります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

16.0Ahは

パナソニックだけです

1回の充電でなが~く乗れる点もティモSの魅力。

バッテリーが無くならないか? ヒヤヒヤしながら走る心配がありません。

お得に買う方法はこちら→

パナソニック「ティモS」の気になったところをレビュー

パナソニック「ティモS」の気になったところをレビュー

パナソニックのティモSに乗っていて、「ここ、ちょっと気になるなぁ…」といった大きなデメリットは正直感じませんでした。

ただ、あえてデメリットを挙げるとすると、電動アシストの力がマイルドなところ。

マイルドなアシスト

やさしいアシストが特徴です

「安全運転が第一!」な人にとって、ティモSのアシスト力は快適に感じるでしょう。

ただ、スポーティーな走りが楽しみたい人からすると、「もう少し、アシスト力が強くてもいいかな…」と思うかもです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

アシスト力は好みの問題です

とはいえ、ティモSのアシスト力は坂道を登るには、十分すぎるほどのパワーがあります。

坂道

力むことなくスイスイ登れます

安全かつ、坂道も周りの景色を見ながら楽に登れる電動自転車を探しているなら、ティモSがおすすめです。

パナソニック「ティモS」をお得に買う方法

パナソニック「ティモS」をお得に買う方法

パナソニック「ティモS」は、Amazon・楽天・Yahooショッピング・ヨドバシなどで購入できます。

結論を先にお伝えすると、ティモSがお得に買えるのは楽天での購入です。

ママ
ママ

いくら違うの?

金額を比較すると、下記のとおり。(価格はすべて税込)

楽天AmazonYahoo
ショッピング
ヨドバシ
121,000円130,622円130,622円130,680円

ティモSの最安値は楽天になります。

ママ
ママ

楽天カードを持っていると

ポイントもたまるよ~

最安値で買えて、しかもポイントがザクザク貯まる楽天。

ティモSを買うなら、楽天で決まり!です。

もし今、楽天カードを持っていないなら、この機会に作るのはいかがでしょうか?

いまなら年会費・登録料が無料で、5,000ポイントがGETできます。

\ネットで申し込むだけ/

今なら5,000ポイントもらえる!

パナソニック「ティモS」をおすすめする人・しない

パナソニック「ティモS」をおすすめする人・しない

ティモSをおすすめする人・しない人は、下記のとおり。

おすすめする人
  • やさしいアシストが好きな人
  • カゴに荷物を載せることが多い人
  • 安全運転が第一な人
  • 1回の充電で長く走れる電動自転車を探している人
おすすめしない人
  • スポーティーな走りが楽しみたい人

ティモSは、アシストの力がやさしく、安全運転が第一な人におすすめです。

快適な走りができる

走り出すとき、快適なスタートができます

タイヤが通常の電動自転車と比べて太く、フラつきにくいところもいいですね。

タイヤの太さ

安定感バツグンです

16.0Ahと大容量バッテリーで、1回の充電でなが~く走れるパナソニック「ティモS」。

ゆったり、そして快適に乗れる電動自転車を探しているなら、ティモSが絶対おすすめ!

ちなみに、パナソニックでスポーティーな走りが楽しみたい方は、タイヤが細くてスピードが出やすいベロスターがおすすめです。

お得に買う方法はこちら→

ティモSの人気色ランキング

ティモSの人気色ランキング

サイクルベースあさひのスタッフに聞いたティモSの人気色ランキングは、次のとおり。

ティモSの人気色TOP3
  1. ブラック
  2. マットオリーブ
  3. マットネイビー

人気No1はブラック

どんな服装にも合わせられるところが、人気の理由とのことでした。

スタッフの方の話によると、「2位のマットオリーブもブラックと同じくらい人気」と話していました。

まとめ

当記事では、パナソニック「ティモS」の特徴や、良かった点・気になった点をレビューしました。

あらためて、ティモSのメリット・デメリットをお伝えすると下記のとおり。

メリット
  • 荷物が余裕で入る前カゴ
  • ハンドルロックが付いているから、ふらつかない
  • 安定感が抜群にいい
  • 16.0Ahの大容量バッテリー
デメリット
  • アシスト力がマイルド

自転車に乗って買い物によく出かける人に、ティモSはおすすめ。

なぜなら、大きなリュックを入れても、まだたくさんのスペースができるほど幅と深さが広いバスケットが付いているから。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

車より自転車に乗る機会が多い人は

前カゴ重宝します

電動自転車が初めての人でも安心して乗れるティモS。

普段使いの機能がすべて標準装備された、使い勝手の良い電動自転車です。

【快適】パナソニック ティモSをレビュー!使いやすい装備が充実の電動自転車

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次