【ここがすごい】ヤマハ子供乗せ電動自転車を試乗して感じたメリット・デメリット【口コミもあり】

5
【ここがすごい】ヤマハ子供乗せ電動自転車を試乗して感じたメリット・デメリット【口コミもあり】 子ども乗せ電動自転車
この記事のまとめ

幼稚園の送り迎えのために、子供乗せ電動自転車の購入を考えているママパパへ。

実際に試乗して感じたヤマハ「PAS(パス)」のメリット・デメリットの感想を解説!

パスキスとパスバビーunとun SPの違い口コミ、おすすめレインカバーを紹介!

保育園や幼稚園の送迎で、ママパパたちの必須アイテム「子供乗せ電動自転車」。

ヤマハやブリジストン、パナソニックからたくさんのモデルが発売されているので、どれにしようか? 迷うママパパも多いですよね。

ママ
ママ

ヤマハのPAS(パス)シリーズが気になるんだけど、どうなのかな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

実際に試乗してきた感想を、包み隠さずお伝えしていくね!

わが家は、ブリジストンの「bikke(ビッケ)」に乗っています。

5年以上、子供乗せ電動自転車を乗り回しているぼくが、PAS(パス)を実際に試乗して感じたことを包み隠さずすべてお伝えしていきます。

当サイト【ゆんとも】の記事を参考にしていただき、後悔しない電動アシスト自転車選びをしてもらえればと思います!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

「前乗せ(PAS kiss)と、後ろ乗せ(PAS babby)の違いが知りたい!」や「最安値の情報がすぐ知りたい!」ママパパは、下記の画像をクリックしてください

ママ
ママ

気になるところまで、ジャンプできるよ!

気になるところまで移動

スポンサーリンク

ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗した感想【良かった点】

ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗した感想【良かった点】

電動アシスト自転車「ビッケ」を5年以上乗り回しているぼくが、ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗して感じた6つのメリットについてお伝えしていきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこうね!

頭や足をしっかり覆ってくれるチャイルドシート

パスキスを見て最初に感じたのは、「チャイルドシートが、子どものからだをしっかり守ってくれる形になっている」ことです。

後ろ乗せタイプのチャイルドシートは、頭部を270度包み込む形になっています。

チャイルドシート

頭をやさしく包み込むチャイルドシート

ヘッドレストは可動式になっているので、お子さんの成長に合わせて長く使えます

そして、頭だけでなく足もカバーしてくれる形になっています。

フットレスト

フットレストもやさしく包み込む形

チャイルドシートに足のカバーが付いているのは、ヤマハのPAS(パス)だけです。

ママ
ママ

包み込まれる安心感があるね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ブリジストンやパナソニックにない魅力だね

1歳から乗れるリアチャイルドシート

後ろ乗せのチャイルドシートは、適用年齢が1歳~6歳となっています。

リアチャイルドシート

1歳から乗れるリアチャイルドシート

ちなみに、ビッケの後ろ乗せチャイルドシートは、2歳からです。

ママ
ママ

子どもたちが長く乗れるは、いいよね

頭や足をやさしく包み込んでくれるチャイルドシートは、前乗せタイプも後ろ乗せタイプも1歳から乗ることができます

コンパクト設計だから、ママが運転しやすい

パスキスを試乗して感じたのは、「電動自転車のサイズがコンパクトで、乗りやすい!」でした。

ヤマハの電動アシスト自転車

小回りがきいて乗りやすいパナソニック

ぼくが乗っているビッケモブは、横幅が181センチあります。

パスキスは横幅が172センチなので、9センチ、サイズがコンパクトになります。

ママ
ママ

9センチって、すごい差だね

あと、「前輪が軽くて、段差があってもラクに乗り越えられる」点も魅力に感じました。

ビッケは、電動モーターが前輪に付いているので、重心が前輪側にあります。

ママ
ママ

ビッケは前のタイヤが重たいから、駐輪場に止める時は力がいるんだよね…

駐輪場

駐輪場に止めるビッケ

パスキスは電動モーターが後輪に付いていて、ビッケより前輪を持ち上げるのがラクにできます。

サイズがコンパクトで、段差もラクラクのPAS(パス)は、ママたちが運転しやすいように設計されている電動アシスト自転車と感じました。

ブリジストン・パナソニックと比べて軽い!

ヤマハの電動自転車は、ブリジストンやパナソニックと比べて車体が約0.5kg軽いところが魅力です。

ヤマハの電動アシスト自転車

3社の中で一番軽いヤマハ

具体的にどれくらい軽いのか? 比較したのが、下の表になります。

メーカーヤマハブリジストンパナソニック
モデルPAS babby un SPビッケモブギュット・クルームR EX
車体の重さ32.9kg33.4kg33.4kg
ママ
ママ

ヤマハが一番軽いんだね!

電動アシスト自転車は車体の重さが30キロ以上あるので、すこしでも軽くて運転しやすいほうがいいですよね。

特に小柄のママたちにとって、ヤマハの電動自転車は乗りやすいと感じました。

ハンドルロックが自動でかかるから安心

パスキスは、自転車を止めた時にハンドルロックが自動でかかる機能が付いています。

ハンドルロックとは、子どもを乗せ降ろしするときや、前カゴに荷物を乗せたときにハンドルが動かないようにする機能のこと。

ハンドルロック

自動でハンドルをロックしてくれる機能

ビッケは手動でハンドルロックが必要ですが、急いでいるとけっこう忘れたりするんですよね。

ママ
ママ

わたしはないけど、パパはよくやっているよね…

ハンドルロックがかかっていないと、子どもをチャイルドシートに乗せ降ろしする際、クルッとハンドルが動くですよね。

ぼくはハンドルロックがかかっていない状態で子どもを乗せた時、ハンドルがクルッと動いてヒヤッとした思いをしたことが何度もあります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ぼくのように忘れがちなママは、ハンドルロック機能が付いていた方がいいかもしれないね

液晶ボタンにチャイルドロックがかけられる

電動アシストの電源を入れる液晶ボタンに、チャイルドロックがかけられる機能も便利に感じました。

モニター

子どものいたずら防止できるモニター

子どもって走っている途中で、液晶ボタンをポチポチいじることが結構あるんです。

ママ
ママ

坂を登っていたら、「あれ? 急に重たくなった…」こともしばしば

誤操作や子どもたちのいたずらによる、突然の電源切れになることを防いでくれる電子ロック機能は、とても便利に感じました。

あと、モニターには時計表示できるので、「幼稚園まであと○分しかない!」など、忙しいママたちの朝にピッタリです。

ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗した感想【残念だった点】

ヤマハの子供乗せ電動自転車を試乗した感想【残念だった点】

子どもをやさしく包み込んでくれる、ヤマハの子供乗せ電動アシスト自転車。

100店満点と評価したいところですが、残念ながらデメリットに感じた点がいくつかありました

電動アシスト自転車は10万円以上する買い物なので、買おうかどうか? 迷っているママパパに向けて、残念だった点も包み隠さずお伝えしていきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく紹介してくね!

スマートパワーアシストの凄さは、そこまで感じなかった

ヤマハの電動自転車が売りにしてる「スマートパワーアシスト機能」。

パワーアシスト機能

がんばらなくていいスマートパワーアシスト

発進のとき、なめらかに、そしてパワフルな漕ぎ出しができる機能のようですが、正直なところ、ビッケとの差はまったく感じなかったです。

子どもを乗せて試乗していたわけではないので、これはあくまでぼくの感想になります。

ですが、口コミや評判を見ていると、「あまり違いを感じない…」と言っているママたちが多いのも事実です。

ママ
ママ

ヤマハを乗っているママ友からも、「漕ぎ出しがラク」とは聞いたことはないかな…

ヤマハ・パナソニック・ブリジストンの3社をすべて乗っているぼくの感想としては、「3社とも走り出しに大差はない」になります。

充電(バッテリー)はビッケが勝ち

バッテリーの持ちについては、ビッケに軍配が上がります

バッテリーの容量はそこまで変わらないんですが、ビッケにはDUAL DRIVE(両輪駆動)機能といって、走りながらバッテリーを充電してくれる機能が付いています。

ビッケの両輪駆動機能

走りながら充電してくれるビッケの両輪駆動機能

ママ
ママ

ヤマハの電動自転車には、この機能は付いていないの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

これはビッケだけの機能なんだ

ビッケの「走りながら自動充電の機能」って、あまり知られていない機能なんですよね。

バッテリーを自転車から取り外して、家に持ち込んで、充電して…」という手間が少なくなるので、わが家はすごく助かっています。

ママ
ママ

電気代の節約にもなるのもいいよね

バッテリー機能については、ビッケの勝利になります。

カスタマイズの種類が少ない

自分好みに自転車をカスタマイズできる選択肢が少ない点も、残念に感じました。

ビッケは、下記のように、チャイルドシートカバーやサドルがカスタマイズできます。

カスタマイズできるビッケ

グリップやヘルメットもカスタマイズ可能

「カスタマイズはあまり興味がないよ!」というママたちにとっては、この点はデメリットになりません。

自転車もおしゃれの1つ」「かわいい自転車に乗っているねと、見られたいな」と思うママたちには、カスタマイズの種類の少なさは残念な点かなと思います。

ママ
ママ

わたしは、カスタマイズとかわいらしさに惹かれてビッケにしました

チェーンが鉄製

ヤマハはチェーンが鉄製なのに対し、ビッケはカーボンベルトを使用しています。

チェーン

ビッケのカーボンチェーン

ママ
ママ

鉄製だと、何かダメなことがあるの?

素材が鉄ということは、時間の経過とともにサビていくんですよね。

チェーンがサビると、外れたり、手や服が油で汚れてしまいます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

チェーンのことまでは、考えていないママパパも多いよね

チェーンを新品にすると5,000円以上かかるので、「長くキレイに使える、ビッケのカーボンチェーンの方がいいな」と感じました。

ヤマハの子供乗せ電動自転車は全部で3種類

ヤマハの子供乗せ電動自転車は全部で3種類

ヤマハの子供乗せ電動自転車は、全部で下記の3種類になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれの特徴や違いについて、くわしく解説していくね!

PAS kiss mini unシリーズ

PAS kiss mini unシリーズは、前乗せタイプの子供乗せ電動自転車になります。

ヤマハ「kiss mini unシリーズ」のチャイルドシートは、子どものからだ全体を覆ってくれる形をしています。

コクーンルーム

コクーンルームプラス

ママ
ママ

包み込まれる安心感があるね

また、子どもが窮屈に感じないように足の置き場が広く取られている点や、前からガバっと開いて乗せ降ろしが楽な点も魅力になります。

ゆったり設計

ワイドな居住空間

開口口

子どもを高く抱き上げる必要が無い

ゆんともパパ
ゆんともパパ

子どもの安心・安全と、ママパパの負担軽減を両立させたチャイルドシートだね!

PAS kiss mini unとmini un SPの違い

mini unとmini un SPの主な違いは、下記の4つになります。

  • バッテリー容量
  • カラー
  • 車体の重さ
  • 値段

具体的な内容は、下記になります。

mini un SP
  • バッテリー容量15.4Ah
  • カラー6色
  • 車体の重さ:31.2kg
  • 値段:162,800円(税込)
mini un
  • バッテリー容量12.3Ah
  • カラー2色
  • 車体の重さ:30.6kg
  • 値段:158,400円(税込)
ママ
ママ

SPの方が約4,000円高くなるけど、色が豊富で性能もいいから、迷ったらSPを選んだ方が良さそうだね

PAS babby unシリーズ

PAS babby unシリーズは、後ろ乗せタイプの電動自転車になります。

「前カゴはぜったい欲しい!」ママパパに、人気のモデルです。

ヤマハ「kiss mini unシリーズ」のチャイルドシートは、子どもをやさしく抱きしめるように包み込む形状をしています。

チャイルドシート

頭も足もやさしく抱きしめるチャイルドシート

ママ
ママ

パナソニックやブリジストンのチャイルドシートとは、違った形をしているね

ゆんともパパ
ゆんともパパ

この形が気に入ってヤマハに決める人も多いみたいだね

PAS babby unとun SPの違い

PAS babby unとun SPの主な違いは、下記の4つになります。

  • バッテリー容量
  • カラー
  • 車体の重さ
  • 値段

具体的な内容は、下記になります。

mini un SP
  • バッテリー容量15.4Ah
  • カラー6色
  • 車体の重さ:32.9kg
  • 値段:156,200円(税込)
mini un
  • バッテリー容量12.3Ah
  • カラー2色
  • 車体の重さ:32.1kg
  • 値段:151,800円(税込)
ママ
ママ

値段は約5,000円高くなるけど、種類が豊富で、バッテリー容量が大きいSPを選んだ方が良さそうだね

PAS Crewシリーズ

PAS Crewは、タイヤの大きさが24インチの子ども乗せ電動自転車になります。

PAS kissやbabbyはタイヤのサイズが20インチなのに対し、PAS Crewは24インチと大きいです。

PAS Crewは、パパにもフィットする使い勝手に優れた夫婦共用の子供乗せ電動自転車になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

タイヤのサイズが大きいと、1回こいだ時の進む距離が長くなるよ

ヤマハの子供乗せ電動自転車は、どこで買うのが最安値?

ヤマハの子供乗せ電動自転車は、どこで買うのが最安値?

結論からお伝えすると、ネットでの購入が最安値になります。

なぜ、お店ではなく、ネットで買う方が安いのかというと、「人件費がかかっていないから」です。

ママ
ママ

具体的に、どこで買うのが安いの?

楽天とネット自転車専門サイト「cyma」の価格を比較しました。

下の表は、横にスクロールできます。

モデル画像サイクルベースあさひcyma
kiss mini unkiss mini un149,800円(税込)取扱なし
kiss mini un SPkiss mini un SP154,800円(税込)162,800円(税込)
babby unbabby un134,585円(税込)取扱なし
babby un SPbabby un SP130,166円(税込)152,600円(税込)
CrewCrew154,195円(税込)168,300円(税込)

楽天市場に出店している「サイクルベースあさひ」のネット購入が「最安値」になります。

ママ
ママ

ネットで買うとき、注意点ってあるの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

安さも大切だけど、自宅近くに購入したお店があることも大切だよ

なぜ、自宅近くに購入したお店が必要なのか? というと、修理が必要になった場合にすぐに対応できるからです。

子供乗せ電動自転車を長く使っていると、ブレーキの効きが弱くなったり、こいでいる時に音が出てくることが起きるんですよね。

街の自転車屋さんでも修理してもらえますが、他で購入した自転車を持ち込むと高額な修理費になるケースがあります。

ママ
ママ

修理が必要な時に、お店が自宅から近いと便利だよね

最安値のサイクルベースあさひは日本No1売上の自転車販売店で、全国に400店舗以上のお店があります。

あなたの自宅の近くにも「サイクルベースあさひ」がきっとあるので、ネットで購入したとしても、調子が悪くなれば、適正な料金ですぐに直してくれます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

安さに目が行きがちだけど、メンテナンスのことも考えて、ネットで購入しようね!

サイクルベースあさひの評判・口コミについて知りたい方は、下記の記事を参考にして下さいね。

ヤマハ子供乗せ電動自転車の口コミ・評判

ここでは、Twitterの口コミ・評判をご紹介していきたいと思います。

「走り出しにゆっくり加速するから安心して乗れる」「車体のサイズが、パナソニックやブリジストンより小さくて乗りやすい」という口コミがありました。

他社にはないカラーが選べる点も、ヤマハの魅力です。

人気の子供乗せ電動自転車の比較がしたいママは、下記の記事を参考にしてくださいね。

【徹底比較】全12種類の子供乗せ電動自転車の頂上決定!おすすめのメーカーは?

また、ブリジストンやパナソニックについて詳しく知りたいママは、下記の記事を参考にしてくださいね。

【やっぱりbikke】ビッケモブを3年以上利用して分かったメリット・デメリット【口コミもあり】

【ママに大人気】パナソニック ギュットを試乗して感じたメリット・デメリットを紹介【口コミもあり】

よくある質問

ここからは、ヤマハの子供乗せ電動自転車の購入を考えているママパパが疑問に思う点について、解説していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく解説してくね!

購入後、チャイルドシートは前乗せや後ろ乗せに対応できる?

前乗せタイプは、リアチャイルドシートを装着すれば、3人乗りが可能になります。

後ろ乗せタイプは、フロントチャイルドシートを装着すれば、2人のお子さんを乗せることができます。

ママ
ママ

チャイルドシートって自分で取り付けできるの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

説明書を見ればできるけど、自転車屋さんに取り付けてもらったほうが安心・安全だよ

たいせつなお子さんを乗せる場所なので、チャイルドシートを取り付ける場合は、自転車のプロにお願いしましょう

サイクルベースあさひは、ネットで注文して店頭受け取りにすれば、無料でチャイルドシートを取り付けてくれます。

ママ
ママ

プロの人に取り付けてもらえるなら安心だね

 

ゆんともパパ
ゆんともパパ

店頭受取は送料無料だし、組み立てから点検、部品の取り付けまで無料だから利用しないと損だよ!

カゴって取り付けできるの?

前乗せタイプのPAS kissシリーズにはカゴが付いていませんが、後付けで取り付け可能です。

ママ
ママ

幼稚園のかばんや、持ち帰ってくる荷物があるから、カゴは絶対あった方がいいよ

カゴを取り付ける時に一緒に揃えたいのが、バスケットカバーです。

電動自転車のカゴって、意外と深さがあまりないので、荷物をたくさん乗せることができないんです。

バスケットカバーを使うことで高さが出せて、収納力がアップするので、「幼稚園帰りにスーパーで買い物をしても、カゴに乗り切らない…」という事態が無くなります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

前乗せタイプを選ぶママパパは、カゴやバスケットカバーは必須アイテムだよ

レインカバーのおすすめは?

レインカバーは、雨対策だけでなく、冬の寒い日に冷たい風からお子さんを守ってくれます

幼稚園までの距離が長い場合や、冬でも移動手段の1つとして電動自転車を使うことを考えているママパパは、レインカバーを揃えましょう。

ママ
ママ

寒い日にレインカバーがないと、乗っている子どもたちはすごく寒そうだからね…

レインカバーはたくさんのメーカーが発売しているので、どれを選んだらいいか? 迷うママパパも多いともいますが、ぼくのおすすめはリトルキディーズです。

イチオシはリトルキディーズ

リトルキディーズのレインカバー

オススメする理由は、下記になります。

リトルキディーズの良い点
  • 景色が最高な作り
  • 風通しが良く、子どもたちが快適に乗れる
  • 雨が中に侵入してこない作り
  • デザインがかわいい
ママ
ママ

幼稚園で一番見るレインカバーが、リトルキディーズだね

雨の日や、寒い冬の日に電動自転車を使うなら、レインカバーも一緒にそろえましょう!

リトルキディーズ楽天市場店
¥10,340 (2021/10/21 08:20時点 | 楽天市場調べ)

カバーって必要なの?

自転車が雨ざらしの環境になるなら、自転車カバーが必要です。

バッテリーが壊れる心配はないですが、サドルが濡れて服が汚れてしまったり、サビの原因になるからです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

たいせつに、長く乗り続けるならカバーもあった方がいいね

まとめ

ヤマハの子供乗せ電動自転車は、チャイルドシートが子どもをやさしく包み込む形をしています。

自転車屋さんのスタッフが、「チャイルドシートの形が気に入って、ヤマハに決める人も多いんですよ」と話していたことが納得できます。

パナソニックやブリジストンと比べて、自転車のサイズが1番小さいところもヤマハの良い点です。

ママ
ママ

電動自転車は重たいから、少しでも軽いと助かるよね

前乗せタイプを探しているママパパは「PAS Kissシリーズ」、後ろ乗せタイプを探しているなら「PAS babbyシリーズ」がおすすめです。

お店より、ネットで購入する方が安いので、少しでも安く買いたいパパママはネットで購入しましょう。

ネットは在庫が無くなることが多く納期が2週間以上かかるので、子供乗せ電動自転車を探しているママパパは在庫があるうちに早めに購入しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました