【最軽量】TRANS MOBILLYをレビュー!持ち運ぶために作られた最小の電動アシスト自転車

4.5
【TRANS MOBILLY レビュー】持ち運ぶために作られた最小・最軽量の電動アシスト自転車 電動ミニベロ

評価:4.5

この記事のまとめ

トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)が気になる方へ。

トランスモバイリーに乗って感じた良かった点・気になった点をレビュー!

口コミ・評判は? お得に買えるのはどこ? バッテリーってどうなの? カゴやペダルなどのカスタムも紹介!

タイヤが小さくて、小回りの効く自転車が最近、幅広い世代で人気を集めています。

その中で、いま話題を呼んでいる自転車といえば、折りたたみができる小型の電動ミニベロです。

trans-mobilly

気軽に乗れて、どこでも行けるE-bike

ママ
ママ

テレビや雑誌でよく取り上げられる「トランスモバイリー」が気になるんだけど、どうなのかな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

実際に乗って感じたことを

すべてレビューするね!

当サイト【ゆんとも】では、トランスモバイリーに乗って感じた「良かった点・気になった点」を徹底レビュー!

タイヤが小さいけど、しっかり走る?」「折りたたみできるタイプと、できないタイプで迷っている…」と気になっている方は、ぜひ参考にして下さい。

メリット
  • 1分で折りたためる
  • とにかく軽い!
  • タイヤが小さいのにしっかり走る
  • 坂道もスイスイ走れる
  • バッテリーの持ち運びが楽
デメリット
  • バッテリー容量が小さい
  • カギやライトが標準装備されていない
スポンサーリンク

トランスモバイリー「GIC TRANS MOBILLY NEXT」の概要

GICのトランスモバイリーは、「NEXT140」と「NEXT163」の2つのモデルがあります。

トランスモバイリー「GIC TRANS MOBILLY NEXT」の概要
モデルULTRA LIGHT E-BIKE
TRANS MOBILLY NEXT140
ULTRA LIGHT E-BIKE
TRANS MOBILLY NEXT163
画像NEXT140NEXT163
価格(税込)109,780円115,500円
フレームアルミフレームアルミフレーム
組立てサイズ(mm)1190×500×760-910mm1290×540×760-960mm
折りたたみサイズ(mm)650×450×610mm700×450×610mm
重量約11.3kg約11.9kg
タイヤサイズ14×1.7516×1.5
ブレーキVブレーキVブレーキ
ギアなし3変速ギアあり
バッテリー容量4.0Ah4.0Ah
充電時間約3時間約3時間
2色
ブラック・ホワイト
3色
ブラック・シルバー・ホワイト

TRANS MOBILLYは、アルミフレームを採用しています。

フレーム

フレームが低いからまたぎやすい!

フレームには、「TRANS MOBILLY」のロゴが入っています。

ロゴ

またぐフレームのロゴ

後輪のフレームロゴ

後輪を支えるフレームのロゴ

色の種類は、

  • NEXT140:2色(ブラック・ホワイト)
  • NEXT163:3色(ブラック・ホワイト・シルバー)

になります。

NEXT140

NEXT140の色は2色

NEXT163

NEXT163の色は3色

GICスタッフさんの話によると、一番人気は「黒」。

バッテリーは、携帯性に優れている超コンパクトサイズ。

バッテリー

片手でラクラク持てるサイズ

バッテリーの重さは、約670gと超軽量。

バッテリーの重さ
ママ
ママ

自転車のバッテリーって

重さが2~3kgくらいあるから

約670gってすごく軽いね!!

バッテリーの裏側がマグネットになっていて、ハンドルに取り付けできます。

バッテリーを取り付ける前の状態

バッテリーを取り付ける前の状態

バッテリーを取り付けた後の状態

バッテリーを取り付けた後の状態

バッテリーをロックした状態

バッテリーが走行中に外れないようにロック

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ビックリするほど

カンタンに取り付けできます

バッテリー容量は、4.0Ah

約24kmの走行が可能です。

TRANS MOBILLYのバッテリーは、モバイルバッテリーとしても使用できます。

バッテリーで携帯を充電

USB差し込み口があるよ

ママ
ママ

でかけた先で

充電器としても使えるんだ!

バッテリーの前部にはライトが付いていて、暗い場所で懐中電灯としても利用できます。

バッテリーライト

バッテリーボタンを長押しすると光るよ

バッテリーの充電は、専用の充電器で行います。

充電器

コンパクトだから、持ち運びに便利

タイヤサイズはNEXT140は14インチNEXT163が16インチとなります。

nent140のタイヤ

NEXT140のタイヤ:14インチ

nent163のタイヤ

NEXT163のタイヤ:16インチ

タイヤの太さはNEXT140が1.75インチNEXT163が1.5インチ

next140のタイヤの太さ

NEXT140のタイヤ:安定感バツグンのタイヤ

next163のタイヤの太さ

NEXT163のタイヤ:細めのスポーティタイプ

前輪のタイヤには、モーターが付いています。

モーター

黒い部分がモーター

前輪モーターの特徴は、誰かが前からロープで引っ張ってくれるような感覚が得られるところ。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

きつい坂道でも

自然と前に進むよ!

フレームに付いているコントローラーが、ペダルの力や速度を感知して、最適な走りを再現してくれます。

コントローラー

トランスモバイリーの司令塔

サイズが小さいタイヤでも、一こぎでしっかり前に進めるように、大きめのフロントギアが使わています。

フロントギア

Gear ratio F:46T

ママ
ママ

タイヤが小さいと何回もペダルをこがないといけない感じがするんだけど、一こぎでしっかり進むんだね!

ギアはNEXT140がシングルスピードNEXT163は3段変速になります。

next140後輪ギア

NEXT140のギア:シングル

next163後輪ギア

NEXT163のギア:3段変速

NEXT163のギアチェンジは、右ハンドル下にあるシフトレバーを使って行います。

ギアチェンジ

慣れればカンタンに操作できるよ

ブレーキは、Vブレーキを採用。

前輪のブレーキ

前輪のブレーキ

後輪のブレーキ

後輪のブレーキ

ブレーキの効きは良く、止まりたいタイミングでしっかり止まれます。

グリップはNEXT140が丸グリップ、NEXT163はエルゴグリップになります。

nent140のグリップ

NEXT140のグリップ

next163のグリップ

NEXT163のグリップ

サドルは、汗や水をしっかりはじく、メッシュ素材が使われています。

サドル

濡れてもすぐ乾くよ

サドルの調節は、クイックレバー式なので、工具を使わず自分の好みの高さに変更できます。

サドルの調節

ガバッと開けて締めるだけ

サドルの下には、帰りが遅くなっても安全に自転車に乗れるよう、反射板が付いています。

反射板

夜遅くなっても安心だね

ちなみに、バッテリーやスマホが入れられるサドルポーチが標準装備品として付いています。

サドルポーチ
ママ
ママ

ポーチが最初から

付いているのっていいね!

ハンドルはサドル同様、自分の好みの高さに自由に変更できます。

ハンドルの高さ調節

ハンドルの高さ調節も工具不要だよ

ペダルは、踏み外しがないよう、表面にデコボコ加工がされています。

ペダル

ペダルもおしゃれ

スタンドは、標準装備となっています。

nent140のスタンド

NEXT140のスタンド

nent163のスタンド

NEXT163のスタンド

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

TRANS MOBILLY NEXT140とNEXT163の違い

「NEXT140」と「NEXT163」の大きな違いは、下記の4つになります。

NEXT140とNEXT163の違い
  • タイヤのサイズ
  • ギアチェンジの有無
  • グリップの形状

1つ目の違いは、タイヤのサイズ

  • NEXT140:14インチ
  • NEXT163:16インチ
nent140のタイヤ

NEXT140のタイヤ:14インチ

nent163のタイヤ

NEXT163のタイヤ:16インチ

2つ目の違いは、色の種類

NEXT163は、NEXT140のカラー(ブラック・ホワイト)に加え、シルバーがあります。

next163のシルバー

メタリックなカラーが超カッコいいシルバー

3つ目の違いは、ギアチェンジができるかどうか? です。

NEXT140は、変速機がなくシングルスピード。

一方、NEXT163は、3段変速機が付いています。

next163後輪ギア

スポーツ感覚で走れる3段ギア

最後4つ目の違いは、グリップの形状です。

NEXT140は、シティーサイクルでよく使われる丸グリップ。

NEXT163は、エルゴグリップになります。

nent140のグリップ

NEXT140のグリップ

next163のグリップ

NEXT163のグリップ

どちらも試乗したぼくの感想としては、

  • NEXT140:男女、年齢問わず乗りやすいE-bike
  • NEXT163:スポーティな走りを楽しみたい人向けのE-bike

になります。

NEXT163はペダルを止めると、「ジー、ジー」とロードバイクと同じようなラチェット音がします。

スポーティーな走りが楽しみたい方や、ロードバイクのようなラチェット音が好きな方は、NEXT163がおすすめ。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

音が心地いいです

一方、小回りが効いて、オーソドックスな自転車に乗りたい方には、NEXT140がおすすめ。

ギアはなくシングルスピードですが、アシスト力のおかげで、どんな道でもスイスイ走れて、快適な自転車ライフが楽しめます。

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

トランスモバイリーの良いところ・評判をレビュー

トランスモバイリーの良いところ・評判をレビュー

トランスモバイリーに乗って、「ここいいね!」と感じたことをお伝えしていきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ

くわしく見ていきましょう!

折りたたむと超コンパクト

トランスモバイリーの魅力は、自転車が折りたためるところ

折り畳んだトランスモバイリー

びっくりするほどコンパクト

コンパクトに折り畳めることで、自宅にスペースを取らず保管ができます。

また、車に積み込んで、出かけた先で自転車に乗って散策できます。

ママ
ママ

旅行先で自転車を使って

いろいろ行けるのっていいよね

「自転車を折りたたむのが難しそう…」と思うかもですが、これが超カンタン!

1分もあれば、下記のようにササッと折りたためます。

ハンドルを倒す

まず、ハンドルを倒します

サドルを下げる

続いて、サドルを下げます

フレーム中央で畳む

フレーム中央の部分で折りたたみます

バンドルで固定

バンドで固定して完了!!

ママ
ママ

これなら

わたしにでもできそう!

折り畳みのサイズは、下記のとおり。

  • NEXT140:1190×500×760-910mm
  • NEXT163:1290×540×760-960mm

イメージがつきやすいように、リュックと並べてみました。

トランスモバイリーとリュックサックのサイズ比較

ぼくのリュックの方が、幅が広い…

専用の収納バックを使えば、肩にかけて持ち運びも可能です。

収納バックに入れたトランスモバイリー

すっぽり収まります

ゆんともパパ
ゆんともパパ

バックを使えば

電車に持ち込むこともできるよ

専用の収納バックは、折りたたむとポーチくらいのサイズまで小さくなります。

専用かばん

バックは下記のように、自転車のハンドルに引っかけて持ち運びできます。

ハンドルにかばんを引っ掛ける

かばんに入れなくても持ち運びできるよ!

ベロライン(Vélo Line)
¥3,771 (2021/10/25 20:19時点 | Amazon調べ)

14インチのNEXT140には、専用のキャリーケースがあります。

キャリーケース

キャスターが付いていて、肩にかけなくても、コロコロして持ち運びできるのがいいですね。

キャスター
ママ
ママ

女の人は

特に助かるよね

ちなみに、キャリーケースは、自転車を入れるだけでなく、旅行かばんとしても使えます

旅行かばん

自転車以外にも使えるのがいいね!

最小サイズに折りたためて、どこにでも持ち運びできるところが、トランスモバイリーの魅力になります。

とにかく軽い!

トランスモバイリーはコンパクトかつ、超軽量の電動アシスト自転車です。

車体重量は14インチで約11.3kg、16インチで約11.9kg

トランスモバイリーを持った状態

GICのスタッフさんに持っていただきました

片手でラクラク持てる、トランスモバイリー。

かばんを持つような感覚で自転車が持ち運べるので、今まで行きたくても行けなかった場所に気軽に行けます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

行動範囲がびっくりするほど

広がります

自転車の使い方の常識を変えるトランスモバイリー。

まさに、「持ち運ぶためにつくられた」、最軽量の電動アシスト自転車です。

小さいタイヤなのにしっかり走る

普段、20インチの電動自転車に乗っているぼくは、トランスモバイリーに乗るまで

「タイヤが14インチや16インチの自転車って、ペダルをこいでも全然進まないんだろうな…」

と思っていました。

ですが、ペダルをこいだ瞬間、「えっl、うそでしょ!?」と思わず声が出てしまうくらい、快適に走りはじめてびっくりしました。

快適に走れる

あの感覚は今でも忘れません

タイヤが小さくても、一般の自転車と同じように快適に走れるのは、大きなフロントギアが使われているためです。

大きなフロントギア

フロントギア

ちなみに、バッテリーアシストをOFFにした状態でも、力むことなく快適に走りれます

平坦な道はバッテリーOFFでも快適に走れる

平坦な道は、バッテリーOFFで十分!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

もしバッテリーが無くなっても

安心して走れるよ!

坂道がスイスイ登れる

トランスモバイリーのアシスト力は、想像以上にパワフルでした。

前のめりになってペダルをこがなくても、坂道がスイスイ登れたことにびっくり。

坂道

どんな坂道でも怖くない!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

景色を楽しみながら

坂道が登れたよ

トランスモバイリーは前輪にモーターが付いていて、前からグイグイ引っ張ってくれます。

例えるなら、数人の友達が前からロープでやさしく引っ張ってくれる感じ

坂道でも、ペダルからおしりを離すことなく、登ることができます。

バッテリーの持ち運びがラク

バッテリーの持ち運びがラクなところも、トランスモバイリーの魅力です。

バッテリーはカンタンに脱着できる

数秒で脱着可能!

一般の電動アシスト自転車は、バッテリーを外すのにカギが必要です。

バッテリー

他社のバッテリー

ママ
ママ

毎回カギをさして外すのって

面倒なんだよね…

トランスモバイリーのバッテリーは、マグネットの力でカンタンに脱着できます。

数秒のことかもしれないですが、自転車はほぼ毎日使うものなので、カギを差したり抜いたりする面倒なストレスから開放されます。

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

トランスモバイリーの気になったところ・評判をレビュー

トランスモバイリーの気になったところ・評判をレビュー

「トランスモバイリー最高!!」と言いたいところですが、気になったところもありました。

トランスモバイリーの購入を検討している方に向けて、デメリットに感じた点も包み隠さずお伝えしていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、

見ていきましょう

バッテリーの容量が小さい

バッテリーの容量が4.0Ahと小さいところが、デメリットに感じました。

容量は小さくなればなるほど、アシストの走行可能距離が短くなるからです。

ただ、バッテリー容量は大きくなればなるほど、重量は重たくなり、持ち運びが大変になります。

バッテリー

大容量は、形がゴツくなります

トランスモバイリーは、「持ち運ぶために、最小・最軽量に作られた電動アシスト自転車」です。

軽さやサイズを優先するために、バッテリーの容量が小さくなるのは仕方がないかなと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

何事も、長所と短所があるからね

「バッテリー容量がもっと欲しい!」方には、バッテリーの2つ持ちをおすすめします。

2つあれば、旅先でバッテリー充電がなくなる心配がありません。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

重さは約730gだから

かばんに入れて持ち運べるよ

トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)
¥19,800 (2021/10/25 20:19時点 | Amazon調べ)

カギやライトが標準装備でない

カギやライトが付いていない点も、デメリットに感じました。

カギやライトがない

カギやライトが付いていない理由をGICスタッフの方に聞いたところ、

「軽量をコンセプトに設計した自転車なので、アクセサリーはできる限り付けず、シンプルにしました

と話がありました。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

たしかに、カギやライトを付けると

その分、重たくなるからね

トランスモバイリーはスポーツバイクと同じで、後付けでいろいろカスタムする楽しさがあります。

Tiakia
¥1,699 (2021/10/25 19:23時点 | Amazon調べ)

トランスモバイリーはどこで買うのがお得?

トランスモバイリーはどこで買うのが最安値?

トランスモバイリーは、Amazon・楽天・Yahooショッピング・ライトシリーズECサイトなどで購入できます。

結論を先にお伝えすると、

ライトシリーズECサイト

での購入が1番お得です。

ママ
ママ

どうして?

その理由は、下記のとおり。

ライトシリーズがイチオシな理由
  • トランスモバイリー直営店
  • メンテナンス相談など、サービスが充実している
  • 自転車+パーツ購入で、オプションパーツ取り付け工賃が0円
  • 1週間以内であれば、返品・交換が可能(未使用に限る・送料は負担)

自転車は長く乗り続ける乗り物なので、買った後のアフターサービスがたいせつです。

ライトシリーズはトランスモバイリーの直営店で、購入後のメンテナンスサービスが充実しています。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

スタッフの方は

すごく親切で相談しやすいです

パーツとセットで購入すれば、無料で取り付けてくれるサービスもいいですね。

トランスモバイリーを購入するなら、アフターサービスが充実しているライトシリーズECサイトで購入しましょう!

ちなみに、ライトシリーズECサイトで購入すれば、「ライトシリーズ東京/自由が丘店」・「ライトシリーズ大阪/心斎橋店」での店舗で受け取れます。

ママ
ママ

下記の楽天やYahooは

ライトシリーズ直営店です

トランスモバイリーの評判・口コミ

ここでは、トランスモバイリーに乗っている人の評判・口コミをご紹介してきます。

車に乗せて、出かけた先で自転車を楽しむ人が多かったです。

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

トランスモバイリーをおすすめする人・しない人

トランスモバイリーをおすすめする人・しない人

これまで、トランスモバイリーの特徴や、メリット・デメリットをレビューしてきました。

以上をふまえ、トランスモバイリーをおすすめする人・しない人をお伝えしてきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

あなたは

どっちに当てはまるかな?

おすすめする人

おすすめする人
  • 折りたたみ電動アシスト自転車を探している人
  • 軽量でコンパクトな電動アシスト自転車を探している人
  • 旅先や、出かけた先で自転車を使いたい人

折りたたみができる電動自転車を探している人に、トランスモバイリーはおすすめ。

重さが約11kgと軽量で、男女問わず、カンタンに持ち運びできるからです。

折り畳んだNEXT140とNEXT163

折り畳んだNEXT140とNEXT163

カンタンに片手で持てる

ペットボトル2L×6本のケースより軽い!

ママ
ママ

片手で持てる自転車って

なかなかないよね!

車に積んで、また専用のキャリーバックに入れて持ち運ぶことで、行動範囲がグッと広がります

ゆんともパパ
ゆんともパパ

気になっている場所にも

気軽に行けるようになるよ

普段使いはもちろんのこと、ちょっとしたお出かけや、旅先に大活躍のトランスモバイリー。

軽くて、折りたためる電動自転車を探している人に、絶対おすすめ!

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

おすすめしない人

おすすめしない人
  • 長距離走れる電動アシスト自転車を探している人
  • こまめに充電するのが面倒な人

片道15km前後の長い距離移動する人には、トランスモバイリーはおすすめしません。

バッテリー容量が4.0Ahと小さいからです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

4.0Ahのバッテリーは

24Kmまでの走行が可能です

トランスモバイリーはアシストをOFFにした状態でも、通常の自転車と同じように走れます

もしバッテリーがきれたとしても、きつい坂道が連続しない限り、特に問題ないでしょう。

楽に乗れるよ

ペダルが軽いから、OFFでも楽に走れるよ

ですが、いつもアシストをONの状態で走りたい人には、4.0Ahのバッテリー容量は少なく感じるはず。

また、「充電するのが面倒…」と思う方にもおすすめしません。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ただ、バッテリー容量が大きくなると

その分、重たくなります

電動ミニベロのおすすめ10選を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

トランスモバイリーのよくある質問

トランスモバイリーのよくある質問

ここでは、トランスモバイリーについてよくある質問について取り上げていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれ

見ていきましょう

カスタムアイテムが知りたい

トランスモバイリーは、下記のアイテムがカスタムできます。

  • ペダル
  • サドル
  • ライト
  • カゴ

ワンタッチで折りたためるペダルは、輪行時に邪魔にならず便利です。

折り畳んだペダル
ウエルゴ(WELLGO)
¥2,136 (2021/10/25 20:19時点 | Amazon調べ)

「サドルがちょっとかたい…」と思うなら、スポーツ性は落ちてしまうものの、クッション性の高いサドルにカスタムしましょう。

ライトやカゴもカスタムできるため、優先順位を決めて1つずつ、自分好みの自転車に仕上げていきましょう。

ベロライン(Vélo Line)
¥5,073 (2021/10/25 20:19時点 | Amazon調べ)

販売店が知りたい

トランスモバイリーは、Amazonや楽天などのECサイト以外に、GICの直営店でも購入できます。

RIGHT SERIES自由が丘店

RIGHT SERIES自由が丘店

RIGHT SERIES「自由が丘店」と「心斎橋店」では、今回ご紹介したトランスモバイリーNEXT140・NEXT163の両方試乗できます。

ちなみに、RIGHT SERIESではハリークインの販売・試乗も行っています。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

スタッフの方はとても親切で

細かいところまで説明してくれるよ

TRANS MOBILLYをお得に買うならここ!

まとめ

当記事では、トランスモバイリーの特徴や、口コミ・評判をレビューしました。

あらためて、トランスモバイリーのメリット・デメリットをお伝えすると、下記のとおり。

メリット
  • 1分で折りたためる
  • とにかく軽い!
  • タイヤが小さいのにしっかり走る
  • 坂道もスイスイ走れる
  • バッテリーの持ち運びが楽
デメリット
  • バッテリー容量が小さい
  • カギやライトが標準装備されていない

軽くて、折りたためる電動自転車を探しているなら、トランスモバイリーがおすすめ。

重さが約11kgと、自転車とは思えないような軽さで、持ち運びできるからです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

自宅で保管したい人や

旅行先で使いたい人におすすめ

トランスモバイリーがあれば、気になっていたお店や、旅先でタクシーを使わないと行かないといけなかった場所に、気軽に行けます。

ママ
ママ

行動できる範囲が

今よりぐっと広がります!<!– wp:pochipp/linkbox {“pid”:8904,”hideAmazon”:true} /–>

コメント

タイトルとURLをコピーしました