パナソニック グリッターをレビュー!スリムなのに大容量入るカゴ搭載の電動自転車

4
パナソニック グリッターをレビュー!スリムなのに大容量入るカゴ搭載の電動自転車 電動ミニベロ
この記事のまとめ

パナソニックのグリッターが気になる方へ。

当サイト【ゆんともブログ】では、グリッターに乗って感じた良かった点・気になった点をレビュー!

評判・口コミは? どこで買うと最安値? 2021年最新モデルの乗り心地を紹介!

近場の移動手段として、また隣町まで軽々乗っていける電動自転車。

一度乗ると、その快適性はやみつきになり、幅広い世代で人気を集めています。

グリッター

Panasonic「グリッター」

ママ
ママ

グリッターって、乗り心地や使いやすってどうなのかな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

グリッターに乗って感じたことを

すべてお伝えします!

当サイト【ゆんともブログ】では、20台以上電動自転車に乗っている筆者が、グリッターに乗って感じた良かった点・気になった点をレビューしています。

乗り心地や使いやすさって良いのかな?」

口コミや評判ってどうなの?」

と気になる方は、ぜひ参考にして下さい!

メリット
  • アシスト力がやさしくい
  • 荷物がたくさん入る大容量バスケット
  • ハンドルが固定できる
  • 座り心地が最高なサドル
デメリット
  • またぐフレームがすこし高い
  • スポーティーな走りができない
スポンサーリンク

パナソニック「グリッター」の概要

パナソニック「グリッター」の概要

パナソニック「グリッター」は、街乗り用に最適な電動自転車です。

商品グリッター
価格(税込)123,000円
タイヤサイズ20インチ
車体サイズ1,600mm×585mm
乗車適応身長(目安)139cm以上
フレームアルミフレーム
車体重量25.8kg
走行モード4モード
(OFF・ロング・オートマチック・パワー)
変速内装3段変速
バッテリー容量12.0Ah
充電時間約4時間
4種類
ココモミルク
マットオリーブ
ダークレッドローズ
マットマロンベージュ

グリッターは、アルミフレームを採用しています。

フレーム

またぐときに足を引っ掛けないように、フレームは低めに設計されています。

女性でもまたぎやすいフレーム

女性でも安心してまたげるフレームの高さ

またぐフレームの箇所には、Panasonicのロゴが入っています。

パナソニックのロゴ

色は、全部で下記の4種類

  • ココモミルク
  • マットオリーブ
  • ダークレッドローズ
  • マットマロンベージュ

今回、ご紹介しているのは「マットマロンベージュ」です。

バッテリー容量は12.0Ah

バッテリー

サイズは小さいけど、たっぷり容量のバッテリー

フル充填にかかる時間は、約4時間。

ロングモードなら、約75kmの走行が可能

パナソニック「グリッター」は、後輪駆動の電動自転車です。

後輪駆動の自転車

電気の力が後ろのタイヤに伝わります

後輪駆動の特徴は、誰かが後ろからやさしく押してくれるサポート感が得られるところ。

ママ
ママ

電動自転車が初めての方でも

安心して乗れます

タイヤのサイズは、20インチです。

タイヤ

小回りがきく20インチサイズ

タイヤの太さ

フラつきにくい太っちょタイヤ

20インチタイヤのいいところは、

  • 小回りがきく
  • 運転しやすい
  • 駐輪場の出し入れが楽

になります。

タイヤには、泥除けカバーが搭載されています。

前タイヤの泥除けカバー

前タイヤの泥除けカバー

後ろタイヤの泥除けカバー

後ろタイヤの泥除けカバー

泥除けカバーが付いていることで、雨が降った翌日でも泥ハネを気にせず走れます。

グリッターには、「くるピタ」といってハンドル部を固定し、駐輪時の転倒を防止する機能が付いています。

ハンドルロック

ギザギザの部分をくるっと回すと固定できます

ハンドルの左側には、エコナビ液晶スイッチが付いています。

液晶モニターの見方

アシストボタン▲▼を押すと、3種類のアシストモード(ロング・オートマチック・パワー)が選べます。

ロングモード

一番アシスト力が続くロングモード

オートマチックモード

自動でアシスト力をコントロールするオートマチック

パワーモード

坂道で大活躍のパワーモード

「切替」ボタンを押すと、「バッテリー残量・残走行距離・残走行時間」が確認できます。

バッテリー残量

バッテリー残量の表示画面

残走行距離

残走行距離の表示画面

残走行時間

残走行時間の表示画面

グリッターのギアは、内装3段変速になります。

内装3段変速

下記の外装変速と比較すると、見た目のスッキリさが全然違います。

shimano

外装変速。見た目がゴツい…

内装3段変速の良いところは、見た目のスッキリさ以外に

  • 止まっている時もギアチェンジできる
  • チェーンやベルトが外れにくい

といったメリットもあります。

ギアは、ハンドルの右側に付いているシフターで変更できます。

シフター

ギアは3段階に変更できます

ママ
ママ

操作がカンタンなところがいいね

パナソニックのグリッターは、前輪がサイドプル形キャリパーブレーキ、後輪がローラーブレーキを採用しています。

前タイヤのブレーキ

前輪のブレーキ

後ろタイヤのブレーキ

後輪のローラーブレーキ

ローラーブレーキの良いところは、雨に強く、音鳴りが発生しづらいところ。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

キッー、キッーって

嫌な音がならないのがいいよね

グリップは、滑り止め加工がされた丸グリップ。

グリップ

表面のザラザラ加工が手にフィットします

サドルは、長時間座っていてもおしりが痛くならない、面積が大きいフカフカ素材を使用しています。

サドル

レトロなデザインがおしゃれなサドル

サドルの高さ調節はクイックレバー式で、工具を使わず変更できます。

サドルの高さ調節

ガバっと開いて、締めるだけ!

ペダルは、スニーカーにジャストフィットするサイズです。

ペダル

滑り止め加工がされたペダル

カギは、片手でカンタンにロックできるリング錠が付いています。

カギ

カンタンに施錠できるリング錠

自転車を立てかけるスタンドは、安定感バツグンの両足スタンドになります。

両足スタンド

グリッターの最安値はこちら→

パナソニック「グリッター」の良かったところをレビュー

パナソニック「グリッター」の良かったところをレビュー

パナソニックのグリッターに乗っていて、「ここ、いいね!」と感じたことをレビューしていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ

詳しく見ていきましょう!

アシスト力がやさしくい

パナソニック「グリッター」に乗って一番印象に残っているのが、

「アシスト力がマイルドで、とても運転しやすい!

になります。

電動自転車と聞くと、ジェットコースターのように体が後ろに持っていかれる感覚があるかもですが、

パナソニックのグリッターは後ろからやさしく押してくる感覚で、安心して運転できました。

快適な走り

アシスト力のやさしさが心地良いです

電動自転車に乗るのが初めてな方でも安心して乗れるところが、グリッターの良さと感じました。

ちなみに、やさしさの中にも力強さがあるので、坂道でも立ちこぎすることなく、涼しい顔をして坂道が登れます

坂道

オートマチックモードでスイスイ登れます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

グリッターは、誰もが安心して乗れる電動自転車です

荷物がたくさん入る大容量バスケット

2つ目の魅力は、荷物がたくさん入る大容量バスケットです。

大型バスケット

おしゃれなデザインの大容量バスケット

横幅サイズはそこまでなく、縦に深いところがいいですね。

横幅サイズがあると、駐輪場に止めたとき、止まっている横の自転車に引っ掛ってしまうことがありますが、縦に深いのでその心配がいりません。

ママ
ママ

横の自転車をおさえながら

出したり入れたりするのって

大変だから助かる~

前カゴのサイズは、下記のとおりです。

買い物袋や、ティッシュペーパーなどが余裕で入ります

ゆんともパパ
ゆんともパパ

自転車で買い物によく出かける人は
重宝するアイテムです

ハンドルが固定できるくるピタ

パナソニックのグリッターには、「くるピタ」という機能が付いています。

ハンドルロック

くるピタは、自転車を止めたときにハンドルを固定してくれる機能です。

くるピタが活躍するシーンは、下記になります。

  • かごに荷物を入れたとき、ハンドルが動かない
  • 自転車を止めたとき、タイヤが動くのを防ぐ

自転車のかごに荷物を載せたとき、ハンドルがクルッと動いて慌てた経験、みなさんにも一度はあるはず。

パナソニック「グリッター」の良かったところをレビュー

ぼくは何度も経験しています…

止まった状態で急にハンドルが動くと、自転車がそのまま倒れてしまう危険があります。

グリッターは「くるピタ」機能が付いているので、たくさん買い物をしても安心して自転車に乗れます

20インチの電動自転車にハンドルロック機能が付いていることが少ないので、「くるピタ」は他社にない魅力になります。

座り心地が最高なサドル

座り心地が最高なところも、グリッターの魅力です。

具体的には、フカフカ素材が使われているので、長時間自転車に乗っていても、おしりが全く痛くなりません

サドル

座る面積が大きいサドル

ぼくはこれまで、20インチの電動自転車を20台以上乗っていて、「このサドル、いいね!」とべた褒めしたのはグリッターが初めて

サドルは、乗り心地に大きく関わってくるパーツです。

デザインがおしゃれで、座り心地が最高なサドルが使われているとこも、グリッターの良さになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

座った瞬間に良さが分かります!

グリッターの最安値はこちら→

パナソニック「グリッター」の気になったところをレビュー

パナソニック「グリッター」の気になったところをレビュー

「グリッター、最高!!」と言いたいところですが、気になる点もいくつかありました。

グリッターの購入を考えている人に向けて、デメリットも包み隠さずお伝えしていきますね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、見ていきましょう

またぐフレームがすこし高い

グリッターは、またぐフレームが他の電動自転車と比べて低く作られています。

女性でもまたぎやすいフレーム

女性が楽にまたげるフレーム

男性なら問題なくまたげますが、スカートを履いた女性や年配の方がまたぐことを考えると、もう少し低くてもいいかな… と感じました。

ただ、グリッターはコンパクトサイズで、スタイリッシュな自転車をテーマに作られた電動自転車なので、この点は仕方がないかなと思います。

「フレームは、もっと低い方がいい!」方は、またぐフレームが「U字フレーム」のSWが良いでしょう。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ちなみに、SWは

かごやギアが付いていません

フレームの高さについて触れましたが、他の電動自転車と比較するとグリッターは十分またぎやすいです。

フレームの高さが気になる方は、SWも検討してみて下さい。

スポーティーな走りはできない

グリッターは、男性女性問わず安全に乗れる電動自転車です。

スピードを出す目的に作られていないので、スポーティーな走りが楽しみたい方は物足りなく感じるでしょう。

スポーティーな走りはできない

もし、スポーティーな走りが楽しみたい方は、ヤマハ「PAS CITY-X」やパナソニック「ベロスターミニ」をおすすめします。

パナソニック「グリッター」はどこで買うのが最安値?

パナソニック「グリッター」はどこで買うのが最安値?

パナソニック「グリッター」は、楽天・Yahooショッピング・ヨドバシなどで購入できます。

結論を先にお伝えすると、パナソニック「グリッター」の最安値は楽天になります。

ママ
ママ

いくら違うの?

値段を比較したものが、下記のとおり。

楽天Yahooヨドバシ
110,680円
(税込)
111,700 円
(税込)
116,840円
(税込)

値段を比較すると分かるように、パナソニック「グリッター」は楽天での購入が最安値になります。

楽天カードを持っている人は、さらにポイントがザクザクたまります。

パナソニック「グリッター」を買うなら、楽天で買いましょう!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

グリッターを買ったその日から

生活がガラッと変わりますよ!

パナソニック「グリッター」の評判・口コミ

ここでは、グリッターに乗っている人の評判・口コミを紹介していきます。

パナソニック「グリッター」をおすすめする人・しない人

パナソニック「グリッター」をおすすめする人・しない人

パナソニック「グリッター」をおすすめする人・しない人は、下記のとおり。

おすすめする人
  • 運転しやすい、電動自転車を探している人
  • 自転車に乗って、買い物によく出かける人
  • 安全運転できる電動自転車を探している人
おすすめしない人
  • スポーティーな走りが楽しめる電動自転車を探している人

グリッターは、街乗り用のコンパクトサイズ電動自転車です。

縦に深い大型バスケット付きなので、自転車で買い物によく出かける人は、間違いなく手放せないアイテムになるはず。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

乗り始めたその日から

ハッピーになれます!

アシスト力がやさしく、男性女性問わず乗りやすいので、

  • 車より、自転車に乗って出かける頻度が多い人
  • 日常生活に使いやすい電動自転車を探している人

に絶対おすすめ!

ママ
ママ

グリッターがあれば

行動範囲がグッと広がります

グリッターの最安値はこちら→

まとめ

当記事では、パナソニック「グリッター」の特徴や、良かった点・気になった点をレビューしました。

あらためて、グリッターのメリット・デメリットをお伝えすると、下記のとおり。

メリット
  • アシスト力がやさしくい
  • 荷物がたくさん入る大容量バスケット
  • ハンドルが固定できる
  • 座り心地が最高なサドル
デメリット
  • またぐフレームがすこし高い
  • スポーティーな走りができない

パナソニック「グリッター」は、電動自転車に初めて乗る人や、自転車に乗って買い物によく出かける人におすすめ。

アシスト力がマイルドで、大容量バスケットにたくさん荷物を入れるからです。

荷物をかごに入れたとき、ハンドルが動かない「くるピタ」機能付きなところもいいですね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

男性女性問わず

乗りやすい電動自転車です

コメント

タイトルとURLをコピーしました