子供乗せ電動自転車の安いおすすめレンタル3選!利用するときの注意点も解説

【厳選】子供乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選!利用するときの注意点も解説
この記事のまとめ

子ども乗せ電動自転車のレンタルを考えているママへ。

当ブログ【ゆんとも】では、1日から利用できる安いレンタルや、1ヶ月のお得なサービスまで幅広く紹介!

札幌・愛知・福岡に住んでいるママが利用できるサービスもあるよ

保育園・幼稚園の送り迎えや、子どもと一緒にお出かけるするときに大活躍するども乗せ電動自転車

子ども乗せ電動自転車があると、バスや電車に乗ることなく、自分の好きなタイミングで移動できます。

ビッケに乗るママ
子どもと一緒に公園にお出かけ~

電動自転車があると便利なのは分かってはいるものの、

  • 値段が高いから、買おうかどうか迷う…
  • 短期間、レンタルしたい
  • 電動自転車が必要かどうか? じっくり乗ってから決めたい

上記に考えるママも多いですよね。

そこで、当ブログ【ゆんとも】では、気軽に借りられる子ども乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選を紹介!

1日からレンタルできるサービスから、1ヶ月お得に借りられるサービスまで幅広く紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

「おすすめレンタルが早く知りたい!」ママは、こちらをタップするとおすすめがすぐ見れます

ママ
おすすめレンタルまで

ジャンプできるよ

スポンサーリンク
タップできる目次

子供乗せ電動自転車レンタルを利用するときの注意点

子供乗せ電動自転車をレンタルを利用する際の注意点

子ども乗せ電動自転車のレンタルを探しているとき、値段ばかりに目が行きがちになります。

ですが、値段以外に選ぶときの注意点がいくつかあります。

はじめに、レンタル自転車を利用するときの3つの注意点についてお伝えしていきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

レンタル後に後悔しないよう、しっかりおさえておきましょう

契約内容を確認しよう

レンタルを申し込む前に、契約内容をかならず確認しましょう。

確認するときのポイントは、次の3つ。

契約内容の確認ポイント
  1. 契約縛りがないかどうか
  2. 解約の締日と解約方法
  3. 故障・事故・盗難があった場合の保証

自転車のレンタルは、車のレンタルと同じようなもの。

利用規約をしっかり読んでおきましょう。

自転車保険に入ろう

子どもを乗せて自転車に乗るなら、自転車保険にかならず加入しましょう。

自転車保険に加入する理由は、次の2つ。

  • 他の人と接触するケースが考えられるため
  • 子どもと一緒に乗っていて、バランスを崩し転倒する可能性があるため

歩行者にぶつかり、高額な支払い請求が発生したニュースを聞いたことがあるママも多いですよね。

最近では、自転車保険の加入を義務化する自治体も増えてきています。

自転車保険の加入マップ
引用:au保険

自転車保険は月々210円から入れるので、子ども乗せ自転車をレンタルするならかならず加入しましょう。

おすすめは、ネットでカンタンに申し込める楽天の自転車保険です。

ママ
わが家も楽天保険を

利用しています

\ネットで申込むだけ/

月々210円から入れる!

ヘルメットを購入しよう

自転車に子どもの乗せるなら、ヘルメットを購入しましょう。

子どもが自転車に乗る場合、ヘルメットの着用が義務化されています。

ブリヂストンの子供乗せ電動自転車に5年以上乗って良かったところ
たいせつな子供のためにヘルメットは必須!

ヘルメットは、たいせつな子どもたちの頭を守るアイテムなので、自転車に乗るならからなず購入しましょう。

値段がお手頃で、安全性が高いのは、OUTDOORMASTERのヘルメット。

Amazonでベストセラーのヘルメットで、口コミの数が1,600件以上と多く高評価です。

おしゃれなヘルメットなら、ナットケースがおすすめ。

ナットケースのヘルメット
てんとう虫柄のヘルメット

ナットケースは海外ブランドのヘルメットで、鮮やかなデザインが特徴。

値段は高いですが、子どもが好きなデザインが多く、自分から進んでヘルメットを被ってくれます。

たいせつな子どもを自転車に乗せるなら、自転車が届く前にヘルメットを準備しましょう。

子ども乗せ電動自転車の安いおすすめレンタル【エリア別】

子ども乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選

ここからは、エリア別の子ども乗せ電動自転車おすすめレンタルを紹介していきます。

ゆんともパパ
上記をタップすると

そこまでジャンプできるよ

関東エリアのおすすめレンタル 

関東エリアのおすすめレンタルは、次の2つ。

関東エリアのおすすめレンタル2選
ゆんともパパ
それぞれ見ていきましょう

MBR(Mom’s Bike Rental)

1つ目のおすすめレンタルは、MBR(Mom’s Bike Rental)です。

MBR

対応エリア・料金・レンタル車種は、次のとおり。

自転車配送エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府
※一部地域を除く
料金4,950円/月 ~
レンタル期間1ヶ月~
レンタル車種ヤマハ PASシリーズ

MBR(Mom’s Bike Rental) は、月4,950円から子ども乗せ電動自転車がレンタルできます。

「前にチャイルドシートが付いたタイプ」と「後ろにチャイルドシートが付いたタイプ」、好きなモデルが選べます。

前乗せチャイルドシート
前乗せモデル
後ろ乗せチャイルドシート
後ろ乗せモデル

お子さんが2人いる場合、3人乗りのモデルもレンタル可能です。

レンタルの方法は、とてもカンタン。

希望のプランと希望配送日を選べば、自宅までレンタル自転車を持ってきてくれます。

  • 子ども乗せ電動自転車を安くかりたい!
  • 1ヶ月の短期間だけ利用したい!

上記のママには、MBRをおすすめします。

ママ
解約は電話じゃなく

ネットでできるよ

\月4,950円から/

3分でレンタルできる!

ハッピーサイクル

2つ目のおすすめレンタルは、ハッピーサイクルです。

ハッピーサイクル
ハッピーサイクル

対応エリア・料金・レンタル車種は、次のとおり。

自転車配送エリア東京都・埼玉
料金2,040円/日~
レンタル期間1日~
レンタル車種ヤマハ PASシリーズ

ハッピーサイクルの魅力は、1日からレンタルが可能なところ。

世田谷のお店に引き取りに行くことが条件になりますが、1日からレンタルできるのは他社にないサービスです。

レンタル時に、お店のスタッフが乗り方をていねいに教えてくれます。

短期間の子ども乗せ電動自転車レンタルを探しているなら、ハッピーサイクルがおすすめ。

関西エリアのおすすめレンタル 

関西エリアのおすすめレンタルは、イーチャリティです。

イーチャリティ
イーチャリティ

対応エリア・料金・レンタル車種は、次のとおり。

自転車配送エリア兵庫県・大阪府・京都府
東京都・神奈川県
※一部地域を除く
料金7,980円/月
*1年利用の場合
レンタル期間1年~
レンタル車種ブリヂストン・パナソニック・ヤマハ

イーチャリティレンタルは、中期間(1年以上)のレンタルを想定したサービスです。

ママに人気のブリヂストン・パナソニック・ヤマハの中から、自分好みのモデルが選べます。

レンタルの期間が長くなると、月額の利用料金が安くなる点も魅力的です。

札幌・愛知・福岡のおすすめレンタル 

札幌・愛知・福岡の電動自転車おすすめレンタルは、ハッピーサイクルです。

ハッピーサイクル

対応エリア・料金・レンタル車種は、次のとおり。

自転車配送エリア全国
料金9,610円/月
レンタル期間1ヶ月~
レンタル車種パナソニック・ヤマハ

ハッピーサイクルの魅力は、配送エリアが全国に対応しているところ。

また、自転車メンテンスのプロが整備した電動自転車を手配してくれるため、安心して利用できる点も魅力です。

ちなみに、往復の配送金額(税込)は、次のとおり。

  • 北海道:29,290円
  • 愛知:17,950円
  • 福岡:26,158円
ママ
送料、結構かかるね…

自転車は大型荷物配送になるため、送料がかかってしまいます。

「送料がかかってもレンタルしたい!」ママには、ハッピーサイクルがおすすめです。

5年以上子ども乗せ電動自転車を乗っているぼくとしては、送料が2万円近くかかるなら、安い電動自転車を買うことをおすすめします。

ゆんともパパ
7万円台でかわいいモデルが買えるからね

ただ、「7万円でも、ちょっと高い…」と思うママも多いかもです。

7万円の子ども乗せ自転車を購入した場合、1日の値段は次のとおり。

3ヶ月利用半年利用1年利用2年利用
752円376円188円15円

もし1年間利用する場合、毎日の費用は188円

2年間なら、毎日たった15円で電動自転車が乗れることになります。

ママ
送料に2万円以上も払うなら、新品を買った方が良さそうだね

電動自転車は、一度使うと毎日の生活に手放せなるくらい便利な乗り物。

安く借りれるならレンタルをおすすめしますが、送料に何万円も取られることを考えると新車を買った方がコスパは高いです。

安い子ども乗せ電動自転車について、くわしく知りたいママはこちらの記事を参考にして下さい。

「短期間だけ借りたい!」ママは、ハッピーサイクルを利用しましょう。

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット

子ども乗せ電動自転車をレンタルするメリットは、次の5つです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこうね!

新車や中古を買うより値段が安い

レンタルのメリットは、新車や中古の電動自転車を購入するより、値段をグッとおさえられるところです。

ママ
ママ

具体的に、どれくらい安いの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれの値段を比較してみよう!

下記は、子ども乗せ電動自転車のレンタルを行っている「MBR」との値段比較になります。

レンタル新車中古
値段
(税込)
4,950円~/月15~16万円6~10万円
ママ
ママ

値段がぜんぜん違うね!

レンタルは新車や中古と比べて、値段をグッとおさえられるところが魅力になります。

子どもの成長に合わせて、モデルを変更できる

レンタルの2つ目のメリットは、子どもの成長に合わせて「前乗せモデル」から「後ろ乗せモデル」に変更できるところ。

前乗せモデルとは、チャイルドシートがハンドルの前についたタイプの電動自転車のこと。

運転に不安がある、また運転しやすいモデルを探しているママに人気です。

ママ
ママ

前にチャイルドシートがあると、重心が安定するんだ

前乗せモデルは、メーカーによって年齢制限(たとえば1~3歳まで)があります。

新品の場合、子どもたちの成長に合わせて、チャイルドシートを新たに買い替えなければなりません。

これがレンタルの場合だと、同じ料金で「前乗せモデル」から「後ろ乗せモデル」に変更が可能です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

子どもたちの年齢に合わせて、自分にピッタリの自転車が選べるのはいいよね!

メンテナンス料がかからない

3つ目のメリットは、バッテリー交換などのメンテナンス料がかからないところ。

電動自転車を長く使っていると、バッテリーやタイヤ、ブレーキなどが消耗していきます。

レンタルの場合、バッテリーやブレーキなどの消耗品を無料で交換してくれるサービスがあります。

ママ
ママ

無料っていうのがいいね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

バッテリーは、新品に交換すると3~4万円かかるから、すごくうれしいサービスだね!

バッテリーやタイヤなどの消耗品を取り替えることまで考えて、自転車選びをしているママは少ないと思います。

ぼくも自転車選びをしているときは、バッテリーやブレーキの消耗品のことは頭になかったです。

電動自転車のレンタルを利用する場合、メンテナンス料のことを考えなくていいのはスゴく助かりますね!

短期間から借りられる

子供乗せ電動自転車は、最短で1日からレンタルできるところも魅力になります。

  • 子どもが大きくなったら使わなくなるから、短期間だけ乗りたい
  • 転勤の予定があるから、新車を買うのはちょっと…

上記のママに、レンタルはぴったりです。

ママ
ママ

必要なときに、必要な分だけ借りられるのがいいよね

余分な出費をしないで、必要なときだけ借りるレンタルは、ムダがなく、とても賢い方法になります。

自宅に自転車が届く

子供乗せ電動自転車のレンタルは、申し込むと自宅に自転車が届くしくみになっています。

「わざわざお店に足を運んで申し込んで、自転車に乗って家に帰る」という手間が無いのは、すごく助かりますよね。

ママ
ママ

ネット注文のように、自宅に商品を届けてくれるのは便利だよね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電話じゃなく、メールで申し込めるのもいいよね

ネットで申込みができて、自宅に自転車を届けてくれるレンタルは、忙しいママパパの「あったらいいな!」を実現してくれたサービスになります。

\月4,950円から/

登録は3分で完了!

子供乗せ電動自転車をレンタルするデメリット

子供乗せ電動自転車をレンタルするデメリット

続いて、子ども乗せ自転車をレンタルするデメリットについて、ご紹介していきます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこね!

レンタル期間が長期になると、購入した方が安くなる場合も

3年以上の長期間レンタルの場合、新車を買う方が安くなります。

ママ
ママ

レンタルの方がお得になるのはいつまで?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

分かりやすいように、比較してみよう

子ども乗せ自転車をレンタルをしている「MBR」の場合、次のとおり。

プラン内容
税込み料金
6ヶ月1年2年3年
1ヶ月契約72,600円145,200円290,400円435,600円
3ヶ月契約66,000円132,000円264,000円303,600円
6ヶ月契約59,400円99,000円178,200円257,400円
1年契約79,200円151,800円224,400円
2年契約145,200円211,200円

子供乗せ電動自転車の新車の相場は15万円~16万円

1ヶ月~6ヶ月の短期間の場合、新車を買うよりレンタルの方が安く利用できることが分かります。

新車の金額を超えてくるようであれば、レンタルはしない方がよいでしょう。

ママ
ママ

レンタルは短期間の利用に向いているってことね

最新モデルや、好きな色が選べれない

好きなメーカーや最新モデル、色が選べないところが、レンタルのデメリットになります。

たとえば、ママチャリのレンタルをしている「MBR」を利用する場合、対象車種はヤマハの電動自転車のみとなります。

ママ
ママ

とはいえ、ヤマハもママたちに大人気のメーカーだからね

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ヤマハは車体のサイズが1番コンパクトで乗りやすいから、大きなデメリットにはならないんだけどね

「自分の好きなメーカーや色を選びたい!」というママパパにとって、選択肢が少ないのはちょっと残念かなと思います。

ダスキンは自転車レンタルってやっていないの?

子供乗せ電動自転車のよくある質問

大手レンタルといえば、ダスキンが有名ですよね。

ベビー用品や家電製品など、ママの暮らしを快適にしてくれるグッズレンタルが充実しています。

ですが、残念ならが、ダスキンでは子供乗せ電動自転車のレンタルサービスは行っていません

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電動自転車のレンタルをしている会社は、まだ少ないのが現状なんだ

まとめ

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリットは、新車を買うより値段をグッとおさえられ、短期間から借りられるところ。

利用する期間が1ヶ月、または半年以内と、短いことがあらかじめ分かっている場合、レンタルサービスを利用したほうがコスパは圧倒的に良いです。

ママ
ママ

中古でも、安くて6~7万円するからね

自転車保険の加入や、ヘルメットは忘れがちなので、レンタルと一緒に申し込みしましょう。

\ネットで申込むだけ/

月々210円から入れる!

おすすめレンタル3選を紹介しましたが、イチオシはMBR

月4,950円から利用できて、前乗せと後ろ乗せ、好きなモデルが選べるからです。

ネットでサクッと申し込めるので、子ども乗せ電動自転車を探しているなら、MBRを利用しましょう。

\月4,950円から/

登録は3分で完了!

【厳選】子供乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選!利用するときの注意点も解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次