【厳選】子供乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選!利用するときの注意点も解説

【厳選】子供乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選!利用するときの注意点も解説 子ども乗せ電動自転車
この記事のまとめ

「子供乗せ電動自転車は値段が高いから、レンタルってできないの?」 と考えるママパパも多いですよね。

当サイト【ゆんとも】では、1ヶ月から利用できる安い電動自転車レンタルサービス3選を紹介!

また、メリット・デメリットや、利用するときの注意点も解説!

ブリジストンパナソニックなどの子ども乗せ電動自転車は、新車を購入すると10万円以上の買い物になります。

車と同じように何年も利用するなら新品を買うかどうか? 悩むママパパも多いですが、利用する期間が短い場合は、少しでも値段を安くおさせたいですよね。

ママ
ママ

レンタルってできないの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電動自転車は、安い値段でレンタルできるよ!

当サイト【ゆんとも】では、1ヶ月から利用できる子供乗せ電動自転車のレンタルサービスを3つ紹介しています。

また、レンタルサービスを利用するメリット・デメリットや、借りるときの注意点についても解説しています。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

「おすすめのレンタルが知りたい!」「メリット・デメリットが知りたい!」ママパパは、下記の画像を確認ください!

ママ
ママ

下の画像を押してもらうと、

それぞれのおすすめにジャンプできるよ!

気になるところまで移動

スポンサーリンク

子供乗せ電動自転車をレンタルを利用する際の注意点

子供乗せ電動自転車をレンタルを利用する際の注意点

子供乗せ電動自転車のレンタルを探しているときって、どうしても値段ばかりに目が行きがちになります。

ですが、値段以外に選ぶときの注意点がいくつかあります。

まずはじめに、レンタルを利用する際の4つの注意点について解説していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

たいせつなポイントだから、1つずつ見ていこうね!

契約内容を確認しよう

レンタルを申し込む前に、契約内容をかならず確認しましょう。

確認するときのポイントは、下記の6つになります。

契約内容の確認ポイント
  • 支払い方法
  • 契約縛りがないかどうか
  • 解約の締日と解約方法
  • 途中解約した場合の違約金
  • 消耗品(バッテリー)などの交換費用
  • 故障・事故・盗難があった場合の保証
ママ
ママ

確認するポイントは、たくさんあるんだね…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

車のレンタルと同じだね。漏れのないように確認してね

バッテリーの容量を確認しよう

レンタルを申し込んで、自転車が自宅に届いたら、バッテリーの容量を確認しましょう。

バッテリーの容量が少ない場合、満タンに充電しても電動アシスト機能がすぐに無くなってしますからです。

ママ
ママ

せっかく、電動アシスト自転車をレンタルしたのに、バッテリーがすぐ切れるようだと意味ないからね…

バッテリーの容量に問題がある場合、レンタル業者に依頼すれば無料で新しいものと交換してくれます。

こまめに充電するのは手間も時間もかかって面倒なので、乗り始める前に電源を入れてバッテリーの容量がしっかりあるか? 確認してくださいね。

自転車保険に入ろう

自転車のレンタルとはいえ、自転車保険には必ず加入しましょう。

なぜなら、「自転車保険の加入義務化」が進んでいるからです。

2021年4月時点の加入を義務化する自治体は、下記のようになっています。

自転車保険義務化のマップ

引用:au保険

ママ
ママ

自転車で事故を起こして、高額な賠償請求をされたニュースをテレビで見たことがある…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

車と同じで、もしもの時に備えて保険には必ず入ってね!

自転車保険は月々340円から入れるので、レンタルを申し込んだときに一緒に申し込むようにしましょう。

月々340円の自転車保険はこちら

ヘルメットを購入しよう

子どもたちが自転車に乗る際、ヘルメットの着用が義務化されています。

ヘルメットは、たいせつな子どもたちの頭を守るアイテムなので、自転車に乗るならからなず購入しましょう。

ビッケに乗るママ

ヘルメットをかぶる子どもたち二人

子ども用のヘルメットはたくさんの種類があるので、「どれにしようか?」迷うパパママも多いと思います。

ヘルメットは重たいからイヤだ!」と子どもはなりがちなので、できる限り重さが軽いタイプを選ぶことをおすすめします。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

OGKのヘルメットは日本製で軽くて、子どもたちの頭にピッタリ合うよ!

子ども乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選

子ども乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選

ここからは、子供乗せ電動自転車のおすすめレンタル3選をご紹介していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、特徴を解説していくね!

ママチャリレンタルのMBR

ママチャリレンタルのMBR

1つ目におすすめするのは、ママチャリのレンタルを行っている「MBR(Mom’s Bike Rental)」です。

MBRは、子育てに奮闘するママパパの「あったらいいな」の声から生まれた自転車レンタルサービスです。

MBRの魅力は、子供乗せ電動自転車が月4,950円(税込)からレンタルできるところ。

ママ
ママ

新品を買うと、10万円以上するから、月5,000円以下で借りられるのはいいよね!

また、子どもの成長に合わせて、前乗せ用モデルから後ろ乗せモデルに、値段はそのままで変更できるのもいいですね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

レンタルできるのは、ママたちに大人気のヤマハシリーズってところも高ポイント!

サービスを利用できるエリアや料金は、下記になります。

自転車配送エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府
※一部地域を除く
料金4,950円/月 ~
決済方法クレジットカード
レンタル車種ヤマハ パスキス

レンタルの方法は、とてもカンタン。

希望のプランと、希望配送日を選べば、自宅までレンタル自転車を持ってきてくれます。

解約は電話でなく、メールでできるので、「電動自転車を安く借りたい!」「短期間だけ利用したい!」ママパパにはMBRが絶対おすすめ!

\料金は4,950円/月から/

登録は5分で完了!

電動自転車レンタルドットコム

電動自転車レンタルドットコム

2つ目のおすすめは、「電動自転車レンタルドットコム」になります。

レンタルドットコムの魅力は、電動自転車の種類が豊富なところ。

小柄なママが運転しやすい20インチの小さなタイヤサイズもあれば、パパが運転しやすいように26インチと大きめのタイプもあります。

ママ
ママ

選べる種類が多いのはいいよね!

契約期間がなく、1日からレンタルできるのも「電動自転車レンタルドットコム」の良いところです。

主な情報は、下記になります。

自転車配送エリア東京都・神奈川県・千葉県
埼玉県・大阪府・兵庫県
料金4,980円/月 ~
決済方法クレジットカード
レンタル車種ブリジストンやパナソニックなど
ゆんともパパ
ゆんともパパ

納品時と引き上げ時に、それぞれ配送料が1,000円かかる点は注意してね

ハッピーサイクル

ハッピーサイクル

3つ目におすすめするのは、「ハッピーサイクル」になります。

ハッピーサイクルは、東京世田谷区に店舗を構える電動アシスト自転車専門店が運営しているレンタルサービスです。

利用期間が短いから、レンタルがしたい!」「いろんなモデルに乗ってみたい!」のママパパの要望をかなえてくれるサービスが充実しています。

ハッピーサイクルの魅力
  • レンタル車は、新車~3年以内に整備されたもの
  • レンタル期間は、最短1日からOK
  • 長期レンタルは、無料で出張点検
  • 1ヶ月分のレンタル料 50%キャッシュバックのサービスあり
ママ
ママ

1日からレンタルできるのはいいね!

人気モデルは、サイズがコンパクトで小柄なママが運転しやすい「ヤマハ バビーシリーズ」や、大人の女性にピッタリの「パナソニック ギュットシリーズ」になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ヘルメットのレンタルもあるから、すごく便利だよ!

ハッピーサイクルの主な情報は、下記になります。

自転車配送エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
料金4,230円/月 ~
決済方法現金またはクレジットカード
レンタル車種ヤマハ・パナソニック

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット

ここからは、子供乗せ電動自転車をレンタルするメリットについて解説していきたいと思います。

メリットは、下記の5つになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこうね!

新車や中古を買うより値段が安い

レンタルのメリットは、新車や中古の電動自転車を購入するより、値段をグッとおさえられるところです。

ママ
ママ

具体的に、どれくらい安いの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれの値段を比較してみよう!

下記は、新車と中古、ママチャリのレンタルを行っている「MBR」の3つの値段を比較した表になります。

レンタル新車中古
値段(税込)4,950円~/月15~16万円6~10万円
ママ
ママ

値段がぜんぜん違うね!

レンタルは新車や中古と比べて、値段をグッとおさえられるところが特徴になります。

子どもの成長に合わせて、モデルを変更できる

レンタルの2つ目のメリットは、子どもの成長に合わせて「前乗せモデル」から「後ろ乗せモデル」に変更できるところ。

前乗せモデルとは、チャイルドシートがハンドルの前についたタイプの電動自転車のことで、運転に不安があるママパパや、運転しやすいモデルを探しているママパパに人気です。

ママ
ママ

前にチャイルドシートがあると、重心が安定するんだ

前乗せモデルは、メーカーによって年齢制限(たとえば1~3歳まで)があります。

新品の場合、子どもたちの成長に合わせて、チャイルドシートを新たに買い換える必要があります。

これがレンタルの場合だと、同じ料金で「前乗せモデル」から「後ろ乗せモデル」に変更が可能です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

子どもたちの年齢に合わせて、自分にピッタリの自転車が選べるのはいいよね!

メンテナンス料がかからない

3つ目のメリットは、バッテリー交換などのメンテナンス料がかからないところです。

電動自転車を長く使っていると、バッテリーやタイヤ、ブレーキなどが消耗していきます。

レンタルの場合、バッテリーやブレーキなどの消耗品を無料で交換してくれるサービスがあります。

ママ
ママ

無料っていうのが助かるね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

バッテリーは、新品に交換すると3~4万円かかるから、すごくうれしいサービスだね!

バッテリーやタイヤなどの消耗品を取り替えることまで考えて、自転車選びをしているママパパは少ないと思います。

ぼくも自転車選びをしているときは、バッテリーやブレーキの消耗品のことは頭になかったです。

電動自転車のレンタルを利用する場合、メンテナンス料のことを考えなくていいのはスゴく助かりますね!

短期間から借りられる

子供乗せ電動自転車は、最短で1日からレンタルできるところも魅力になります。

「子どもが大きくなったら使わなくなるから、短期間だけ乗りたい」「転勤の予定があるから、新車を買うまでないんだけど…」というママパパに、レンタルはぴったりです。

ママ
ママ

必要なときに、必要な分だけ借りられるのがいいよね

余分な出費をしないで、必要なときだけ借りるレンタルは、ムダがなく、とても賢い方法になります。

自宅に自転車が届く

子供乗せ電動自転車のレンタルは、申し込むと自宅に自転車が届くしくみになっています。

「わざわざお店に足を運んで申し込んで、自転車に乗って家に帰る」という手間が無いのは、すごく助かりますよね。

ママ
ママ

ネット注文のように、自宅に商品を届けてくれるのは便利だよね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電話じゃなく、メールで申し込めるのもいいよね

ネットで申込みができて、自宅に自転車を届けてくれるレンタルは、忙しいママパパの「あったらいいな!」を実現してくれたサービスになります。

\料金は4,950円/月から/

登録は5分で完了!

子供乗せ電動自転車をレンタルするデメリット

子供乗せ電動自転車をレンタルするデメリット

続いて、ママチャリをレンタルする場合のデメリットについて、解説していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこね!

レンタル期間が長期になると、購入した方が安くなる場合も

レンタルの魅力は、新品や中古を買うときと比べて安くなるところですが、場合によってはデメリットになることがあります。

具体的な例をあげると、3年以上と長期間のレンタルになると、新車を買う方が安くなります

ママ
ママ

レンタルの方がお得になるのはいつまで?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

分かりやすいように、比較してみよう

ママチャリのレンタルをしている「MBR」のレンタル料金で、比較していきたいと思います。

前乗せ電動自転車のレンタル料金表は、下記になります。

表は、横にスクロールできます。

プラン内容6ヶ月1年2年3年4年
1ヶ月契約66,000円
(税込)
132,000円
(税込)
264,000円
(税込)
396,000円
(税込)
528,000円
(税込)
3ヶ月契約59,400円
(税込)
85,800円
(税込)
191,400円
(税込)
297,000円
(税込)
402,600円
(税込)
6ヶ月契約52,800円
(税込)
82,800円
(税込)
151,800円
(税込)
217,800円
(税込)
283,800円
(税込)
1年契約33,000円
(税込)
66,000円
(税込)
125,400円
(税込)
184,800円
(税込)
244,200円
(税込)
2年契約29,700円
(税込)
59,400円
(税込)
118,800円
(税込)
171,600円
(税込)
224,400円
(税込)

子供乗せ電動自転車の新車の相場は、15~16万円です。

なので、6ヶ月契約~2年契約のプランが、新車を買うより値段が安くなるということになります。

新車の金額を超えてくるようであれば、レンタルはしない方がよいでしょう。

ママ
ママ

レンタルは短期間の利用に向いているってことね

最新モデルや、好きな色が選べれない

好きなメーカーや最新モデル、色が選べないところが、レンタルのデメリットになります。

たとえば、ママチャリのレンタルをしている「MBR」を利用する場合、対象車種はヤマハの電動自転車のみとなります。

ママ
ママ

とはいえ、ヤマハもママたちに大人気のメーカーだからね

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ヤマハは車体のサイズが1番コンパクトで乗りやすいから、大きなデメリットにはならないんだけどね

「自分の好きなメーカーや色を選びたい!」というママパパにとって、選択肢が少ないのはちょっと残念かなと思います。

子供乗せ電動自転車のよくある質問

子供乗せ電動自転車のよくある質問

ここでは、子供乗せ電動自転車のレンタルを考えているママパパが、疑問に思う点についてお答えしていきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく説明していくね!

ダスキンの自転車レンタルはやっていないの?

大手レンタルといえば、ダスキンが有名ですよね。

ベビー用品や家電製品など、ママパパの暮らしを快適にしてくれるグッズレンタルが充実しています。

ですが、残念ならが、ダスキンでは子供乗せ電動自転車のレンタルサービスは行っていません

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電動自転車のレンタルをしている会社は、まだ少ないのが現状なんだ

東京や関西、名古屋のレンタル業者が知りたい

子供乗せ電動自転車のレンタルは、借りられるエリアが決まっています

東京や関西に対応しているレンタル会社は、こちらで紹介した「MBR」もしくは「自転車レンタルドットコム」になります。

名古屋はこれまで、名古屋市から委託された業者が子供乗せ電動自転車のレンタル事業を行っていましたが、現在はそのサービスは終了となっています。

ママ
ママ

神戸とかはどうなの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

神戸はレンタル業者が無いんだ…残念…

レンタルを行っていないエリアは、新車もしくは中古品を購入する必要があります。

安い子供乗せ電動自転車のおすすめが知りたいママパパは、下記の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

子供乗せ電動自転車をレンタルするメリットは、新車を買うより値段をグッとおさえられ短期間から借りられるところになります。

利用する期間が1ヶ月、または半年以内と、短いことがあらかじめ分かっている場合、レンタルサービスを利用したほうがコスパは圧倒的に良いです。

ママ
ママ

中古でも、安くて6~7万円するからね

レンタルは安く借りれるところが魅力ですが、下記の点の注意がひつようです。

レンタルの注意点
  • 契約内容の確認
  • バッテリーの容量の確認
  • 自転車保険に加入する
  • ヘルメットは必ず購入する

保険に加入することや、ヘルメットは忘れがちなので、レンタルと一緒に申し込みしましょう。

おすすめのレンタルは、下記の3つになります。

ママ
ママ

上記3つの中から、あなたにピッタリのサービスを探してね

ゆんともパパ
ゆんともパパ

イチオシは、配送が無料の「MBR」だよ!

\料金は4,950円/月から/

登録は5分で完了!

コメント

タイトルとURLをコピーしました