【完全版】ストライダーの全モデル(9種類)の違いを徹底比較

【完全版】ストライダーの全モデル(9種類)の違いを徹底比較 ストライダー
この記事のまとめ

ストライダーは、全部で9種類のモデルがあります。人気のモデルは、スポーツモデルとクラシックモデル。

各モデルの違いを、比較表図解を使って分かりやすく紹介!

当サイト【ゆんとも】を見れば、ストライダーの各モデルの違いが分かります

バランス感覚を養いながら、公園で楽しく乗れるストライダー

ホームページを見るとたくさんの種類が出てくるので、それぞれのモデルにどのような違いがあるのか? 分からない…というパパママも多いですよね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ぼくも最初はまったく区別が付かなかった…

本記事では、9種類のモデルのスペックの違いを比較表にまとめました。

比較表相関図が、あなたのお子さんにピッタリのストライダーを見つける手助けになればと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

全種類の比較はいいから、スポーツモデルとクラシックモデルの違いが知りたいパパママは、下記の画面を確認ください!

ママ
ママ

画面を押すと、詳細説明にスキップするよ

気になるところまで移動

スポンサーリンク

ストライダー全種類のスペック比較表

ストライダーは、全部で9種類のモデルがあります。

それぞれのスペックを比較表にまとめました。

スポーツモデルクラシックモデルプロモデル14xセーブザチルドレンモデルホンダ×ストライダーモデルST-Rモデルベイビーバンドルスキーアタッチメント
価格(税込)14,850円11,990円22,550円~26,950円15,950円18,480円100,100円21,780円4,840円
対象年齢1.5~5歳1.5~5歳1.5~5歳3歳半~7歳くらい1.5~5歳1.5~5歳1.5~5歳0歳~5歳1.5~5歳
体重制限27kg27kg27kg36kg27kg27kg27kg27kg27kg
グリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
グリーン
レッド
ブルー
ピンク
シルバー
ウルトラブルー
メタリックマルーン
メタリックアクア
ライムイエロー
スティールブルー
フューシャピンク
ピュアホワイトレッドイエローグリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
ブラック
重さ3.0kg2.9kg2.5kg5.5kg3.0kg3.0kg2.5kgストライダー本体3.0kg
ロッキングベース3.2kg
フットステップ足乗せステップすべり止めテープ足乗せステップ足乗せステップ足乗せステップ足乗せステップなし足乗せステップ
ハンドル
グリップ直径
22mm27mm22mm22.2mm22mm22mm22.2mm22mm
ハンドル素材スチールスチールアルミスチールスチールスチールカーボンスチール
ハンドル
固定方法
クイック
リリース式
ホース
クランプ式
クイック
リリース式
ホース
クランプ式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
ハンドル
バーパット
ありなしありなしありありなしあり
ブレーキなしなしなしありなしなしなしなしなし
サドルの素材クッション性のある
軟質樹脂素材
プラスティッククッション性のある
軟質樹脂素材
クッション性のある
軟質樹脂素材
クッション性のある
軟質樹脂素材
クッション性のある
軟質樹脂素材
ストライダー
パフォーマンスシート
クッション性のある
軟質樹脂素材
シート高の
調整
通常300~440mm
XL300~520mm
300~
410mm
通常300~440mm
XL~520mm
380mm ~ 550mm300~440mm通常300~440mm
XL300~520mm
280 – 480 mm通常300~440mm
XL300~520mm
シートポスト付属あり付属なし付属あり付属なし付属あり付属あり付属あり付属あり
シートポスト
固定方法
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
ペダルなしなしなしありなしなしなしなし
タイヤサイズ12インチ12インチ12インチ14インチ12インチ12インチ12インチ12インチ
タイヤ素材EVAポリマーEVAポリマーEVAポリマーゴム
(チューブタイヤ)
EVAポリマーEVAポリマーゴム
(チューブタイヤ)
EVAポリマー
ホイール素材プラスティックプラスティックプラスティックアルミプラスティックプラスティックアルミプラスティック

色や車体の重さなど、それぞれのモデルに違いがあります。

あなたのお子さんにピッタリのSTRIDERを見つけやすくするために、相関図にまとめると下記になります。

ストライダーの種類の違い

ママ
ママ

この中で、どのモデルが人気が高いの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

スポーツモデルとクラシックモデルの2つが人気だよ

次の章では人気トップ2の「スポーツモデル」と「クラシックモデル」の違いについて、図解を交えながら詳しくご紹介していきたいと思います。

スポーツモデルとクラシックモデルの違い

ストライダーで人気が高いのは、スポーツモデルとクラシックモデルの2つになります。

主な違いは、下記の5つになります。

値段が約3,000円(税込)違う

クラシックモデルの値段は11,990円(税込)に対し、スポーツモデルは14,850円(税込)になります。

値段の差は2,860円(税込)です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

この値段の差の理由は、これから紹介するスペックの違いを見れば分かるよ

色の豊富さが違う

色の豊富さが違う

クラシックモデルは4色(グリーン・レッド・ブルー・ピンク)から選択できます。

一方、スポーツモデルのカラーの品揃えは7色(グリーン・レッド・ブルー・ピンク・オレンジ・イエロー・ブラック)になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

オレンジ・イエロー・ブラックは、スポーツモデルだけだよ

ハンドルが違う【グリップ・バーパット・調整方法】

ハンドルが違う【グリップ・バーパット・調整方法】

ハンドルの部分は、下記の3つが異なります。

  • グリップの直径(クラシックモデル 27mm、スポーツモデル 22mm)
  • ハンドルバーパットの有無(クラシックモデルは無し)
  • 調整方法(クラシックモデルはホースクランプ式、スポーツモデルはクイックリリース式)

スポーツモデルはグリップ経(握りの太さ)が22mmとなっていて、クラシックモデルより細くなっています。

お子さんの手は小さいので、グリップ経が細いほうがハンドルを握りやすいです。

クラシックモデルは、転倒時の衝撃を和らげてくれるバーパットが付いていません

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ちなみに、ハンドルバーパットは後からオプションで購入できるよ

ストライダー オプションパーツ ハンドルバー パッド
created by Rinker

3つ目の違いは、ハンドルの高さの調整方法になります。

クラシックモデルは、調節するのに六角レンチが必要になります。

公園で遊んでいるときに、「高さをすこし変えたな…」と思ってもすぐには変更できません。

スポーツモデルはクイックリリース式なので、工具が必要なく、高さを調節したいときにすぐに変更できます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

兄弟で使う時は、クイックリリース式のスポーツモデルの方がいいね

サドルが違う【素材・シートポスト】

サドルが違う【素材・シートポスト】

クラシックモデルのサドルの素材はプラスティック製なので、触ると分かるのですが硬いです。ずっと座っていると、おしりが痛くなります…

一方、スポーツモデルはクッション性のある軟質樹脂素材を使っているので、座り心地がとてもいいです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ずっと座っている訳ではないけど、柔らかいほうがいいよね

あと、スポーツモデルには標準サイズ(22cm)のシーポストに加え、ロングサイズ(30cm)のシーポストが付いています。

身長が105cm以上のお子さんは、ロングサイズ(30cm)のシーポストの方が乗りやすいです。

ママ
ママ

5歳の平均身長が105~110cmだから、ロングサイズのシーポストはあった方が良さそうだね

ロングサイズのシーポストは、オプションで購入できます。

ですが、値段が2,000円前後するので、幼稚園から小学生に入るまでストライダーで遊ばせたいパパママは、スポーツタイプを選んだほうがいいと思います。

ストライダー スペアパーツ/ シート&シートポスト 220mm
created by Rinker

車体の重さ

車体の重さ

車体の重さは、クラシックモデルの方が0.1kg軽いです。

重さが軽ければ軽いほど、お子さんは運転しやすくなります

ゆんともパパ
ゆんともパパ

0.1kgの違いだけど、お子さんの体重を考えると大きいよね

あなたのお子さんにピッタリのストライダーはこれ!

あなたのお子さんにピッタリのストライダーはこれ!

ストライダーは全部で9種類のモデルがあります。ここからは、あなたにピッタリのストライダーをご紹介していきたいと思います。

どれにしようか迷ったら「スポーツモデル」

スペックの違いはなんとなく分かったけど、どれを選んだらいいか迷う…というパパママにおすすめなのが「スポーツモデル」になります。

こちらのスペック比較表から分かるように、スポーツモデルはバランスが取れていて、お子さんが快適に乗れるように設計されているからです。

ちなみに、スポーツモデルがストライダーの中で一番人気のモデルになります。

ママ
ママ

値段が少し安いクラシックモデルと悩む…

クラシックモデルの方が約3,000円安いですが、身長105cm以上から使うロングシートポストが付いていなかったり、衝撃を和らげるバーパットが付いていません

後からこれらのパーツを買い足すと、3,000円(税込)を越えてしまいます。

であったら、はじめからスポーツモデルを買ったほうがおトクですよね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

迷ったら、スポーツモデルを選んでおけば間違いなしだよ!

ストライダーカップに出場させたいなら「プロモデル」

お子さんをSTRIDERの大会に出場させたいと考えているパパママにおすすめなのが、プロモデルになります。

プロモデルはフレームにアルミ素材を使っていて、車体の重さが一番軽いからです。重さは軽い方が運転しやすいです。

その他にプロの称号であるナンバープレートが付いている点も、お子さんのやる気を出させるアイテムになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

プロモデルにしかない色(シルバー・メタリックなど)も魅力的だね

ストライダー プロ (STRIDER PRO) 12インチ 本体 メタリックマルーン 日本正規品
created by Rinker

自転車に乗り換えることも考えているなら「14x」

ストライダーから自転車に乗り換えることも考えているパパママにおすすめなのが、「ストライダー 14x」になります。

キックバイクから自転車に乗り換えるができるよう、ペダルがセットになっているからです。

3歳半から7歳まで長く乗れるところが魅力になります。ちなみに、14インチというタイヤの大きさは、ストライダーの中で14xだけになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

自転車デビューしやすいのもいいところだね

ストライダーの楽しみ方はいろいろ

ストライダーの楽しみ方はいろいろ

ちょっと人とは違ったタイプが欲しいというパパママに向けて、他のモデルも紹介していきたいと思います。

0歳から遊ばせたいなら「ベイビーバンドル」

ベイビーバンドルは、0歳から乗れるストライダーになります。

ハイハイやつかまり立ちができる頃に、ベイビーバンドルが乗れるようになります。

パパママが手伝いをすることなく、自分の力でまたがって乗る練習になるので遊びながら成長できます。

支援活動をしたいなら「セーブザチルドレンモデル」

支援活動に関心があるパパママにおすすめしたいのが、「セーブザチルドレンモデル」になります。

ストライダーを1台購入すると、セーブザチルドレン(世界で最も歴史のある子ども支援の国際組織)に1,000円が寄付させる仕組みになっています。

色は白と黒を基調にしたもので、セーブザチルドレン限定になります。本体のスペックは、スポーツモデルと一緒になります。

STRIDER :セーブ・ザ・チルドレン 限定モデル
created by Rinker

公園で一際目立ちたいなら「ホンダ×ストライダーモデル」

他と被らないカラーがいい、周囲と差をつけたいと考えているパパママにおすすめするのが「ホンダ×ストライダーモデル」になります。

こちらはホンダとのコラボレーション商品で、HONDAの企業カラーである赤が最高にかっこいいです。

あなたのお子さんがこのモデルを乗っていたら、周囲から注目を集めるのは間違いありません。

STRIDER :HONDA ホンダ コラボモデル(スポーツモデル)ストライダー正規品
created by Rinker

レサー仕様を体験したいなら「ST-Rモデル」

とにかく車体が軽くて、究極の走りをさせてあげたいと考えているパパママにおすすめするのが「ST-Rモデル」になります。

こちらはF1や高級スポーツカーなど、レーシングマシンに使用されているカーボンファイバーを使用していることろが特徴になります。

お子さんにもっと早く、もっと夢を持って走ってもらいたいと考えているパパママには、「ST-Rモデル」がバッチリです。

ストライダーST-R イエロー 限定生産 カーボン 日本正規品
created by Rinker

雪の上をずべってみたいなら「スキーアタッチメント」

ストライダーで雪の大地を走らせてあげたいと考えているパパママにおすすめするのが「スキーアタッチメント」になります。

通常のストライダーにスキーアタッチメントを付けることで、雪の上をスキーのように滑ることができます。

冬に家族みんなでゲレンデに行かれる方におすすめのアタッチメントになります。

STRIDER(ストライダー) スノースキー アタッチメント
created by Rinker

まとめ

ストライダーは、全部で9種類のモデルがあります。それぞれの相関図は、下記になります。

ストライダーの種類の違い

 

上記の相関図を見て、あなたのお子さんにピッタリのキックバイクを見つけましょう。

どれにしようか迷うパパママには、スポーツモデルがおすすめ。人気No1の商品になります。

大会に出て少しでも早く走らせてあげたいと考えているなら、プロモデルがおすすめ。

自転車に乗り換えることまで考えているパパママには、後からベダルが付けられる14xがいいでしょう。

ストライダー プロ (STRIDER PRO) 12インチ 本体 メタリックマルーン 日本正規品
created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました