【楽しさ2倍】自転車になるおすすめストライダー5選!口コミや正しい選び方も解説!

【楽しさ2倍】自転車になるおすすめストライダー5選!口コミや正しい選び方も解説! ストライダー
この記事のまとめ

自転車に変身できるストライダーを探しているパパママへ。

当サイト【ゆんとも】では、ペダルを付けて自転車に変身できる「おすすめストライダー5選」を紹介!

16インチのおすすめや、自転車への移行の時期なども解説しています!

バランス感覚を養いながら、公園で楽しく乗れるストライダー

ストライダーには、ペダルを後付して自転車に変身できるタイプがあります。

ディーバイクのマスターシリーズ

男の子に人気のd-bike「マスターシリーズ」

ママ
ママ

自転車になる
おすすめストライダーが知りたいな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ペダルが付けれる

おすすめ5選を紹介していくね!

当サイト【ゆんとも】では、キックバイクも自転車も両方楽しみたいお子さんに向けて、ペダルが後付できるキックバイクを紹介しています。

各メーカー、特徴が違うので、あなたのお子さんにピッタリのモデルを見つけて下さい!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

「イチオシがすぐ知りたい」パパママは
下記の画像をタップください

ママ
ママ

その場所までジャンプできるよ!

気になるところまで移動

スポンサーリンク

自転車に変身できるおすすめストライダー5選

自転車に変身できるおすすめストライダー5選

ペダルが後付できるおすすめキックバイク5選を、一覧表にまとめました。

商品名画像価格(税込)おすすめ度タイヤサイズ対象年齢
ストライダー
14x
14x26,950円
4.5
14インチ3歳6ヶ月~7歳
ディーバイク
マスターシリーズ
ディーバイク マスターシリーズ22,980円~24,979円
5
14~16インチ3歳~
ピープル
ケッターサイクル
ピープル ケッターサイクル14,782円~21,000円
3.5
12~18インチ2歳~5歳
ピープル
キックル
ピープル キックル24,121円
3
14インチ3歳~4歳
へんしんバイク
12X、14X
へんしんバイク22,000円
4
12~14インチ3歳~6歳
ママ
ママ

商品名をタップすると
詳しい商品情報まで移動できるよ

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていきましょう!

ストライダー「14X」

ストライダー14x

ストライダー14xは、キックバイクから自転車にカンタンに移行できるモデルになります。

メリット・デメリットを挙げると、下記になります。

メリット
  • 3分で装着可能
  • 車体が軽い!
  • カスタマイズできる
  • 大会に出場できる
・デメリット
  • 値段が高い
  • ペダルの幅が狭い

ストライダー14xは、カンタンにペダル装着できるところが魅力です。

初めてでも3分、慣れれば1分でペダルの装着が可能です。

ママ
ママ

ママでもカンタンにできるのがいいね!

ストライダー14xは、他のキックバイクと比べて約3kg軽いところも良いところ。

車体が軽ければ軽いほど運転しやすく、また子どもたちだけでも持ち運びできます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

自宅から外に出すとき
子ども1人でできるよ!

残念な点を挙げるとすると、ペダルの踏み幅が通常の自転車より短く作られているところ。

ペダルを練習するときに邪魔にならないよう、あえてショート幅で作られています。

乗り慣れるまでは、ショート幅の方がやりやすいです。

ですが、乗り慣れてからは、ペダル幅がしっかりあった方が足を置けるスペースが広く、走りやすくなります

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ストライダー14xのペダルは、自転車に乗れることを優先に作られています

デメリットを挙げましたが、ストライダーは自由にカスタマイズできたり、大会に出場できたりするなど、他のキックバイクない魅力がたくさんあります。

キックバイク遊びをメインにしつつ、自転車も楽しみたいお子さんには「14x」がおすすめです。

ストライダー14xやカスタマイズについて、もっと詳しく知りたいパパママは、下記の記事を参考にして下さいね。

ディーバイク「マスターシリーズ」

ディーバイク マスター12

ディーバイクは、乗りやすさ・練習のしやすさで評判のキックバイクです。

メリット・デメリットを挙げると、下記になります。

メリット
  • 5秒でモードチェンジ
  • ブレーキをかけやすい!
  • こぎやすいペダル
  • ふらつきにくいタイヤ
・デメリット
  • ストライダーと比べて重たい
  • シート高さの調節幅が狭い

ディーバイクのマスターシリーズは、ワンプッシュでペダル装着が可能です。

5秒で取り付け可能!!

ママ
ママ

これなら、わたしにでもできそう!

ディーバイクのマスターシリーズは、従来のペダルよりサイズが2倍広く作られています。

ペダル幅が広いので、踏み外しがなく、こぎやすいところが魅力です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ストライダー14xとは、逆の考え方

タイヤが太っちょタイヤなので、運転中のふらつきがなくなるのもいいですね。

ディーバイクのタイヤ

安定感抜群のタイヤ

ママ
ママ

自転車で一緒に出かけるとき、安心だね

残念な点を挙げるとすると、ストライダー14と比べて約3kg重たいところ。

子どもたちが運転しやすいよう、ペダルやタイヤの幅が広く作られているので、この点は仕方がないかもです。

子どもたちの自転車デビューを目的にキックバイクを探しているパパママには、ディーバイクがおすすめです。

ディーバイクについて、もっと詳しく知りたいパパママは、下記の記事を参考にして下さいね。

ピープル「ケッターサイクル」

ケッターサイクル

ケッターサイクルは、補助輪をパスして自転車イチバン乗りができるキックバイクです。

メリット・デメリットを挙げると、下記になります。

メリット
  • 種類が豊富(12~18インチ)
・デメリット
  • ストライダーと比べて重たい
  • キャッチハンドルが付いたまま
  • 色の種類が少ない

グッドデザインアワード2020を受賞しているケッターサイクル。

タイヤのサイズが12インチから18インチまで計4種類あり、子どもたちのからだの大きさに合わせて選べるのがいいですね。

キックバイクが乗りこなせるようになったら、ペダルを着けて30分でマスターできるところがケッターサイクルの売りになっています。

ママ
ママ

補助輪が必要ないのがいいよね

残念な点を挙げると、ママパパが後ろでキャッチできるキャッチハンドルが外せないところ。

また、色の選択肢が少ないところも残念かなと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

16インチや18インチを探しているパパママにおすすめのモデルです

イチオシはこちら

ピープル「キックル」

キックル

キックルは、キックスケーターモードも楽しめるキックバイクです。

メリット・デメリットを挙げると、下記になります。

メリット
  • キックスケーターが楽しめる
・デメリット
  • ストライダーと比べて重たい
  • キャッチハンドルが付いたまま
  • 色の種類が少ない

キックルの魅力は、「足けりモード」「キックスケーターモード」「自転車モード」の3つの楽しみ方ができるところ。

特に、キックスケーターは、他のキックバイクにはない遊び方です。

ママ
ママ

バランスを取りながら乗るのが楽しそうだね

残念な点は、1つ前にご紹介したケッターサイクル同様、ママが後ろからキャッチするハンドルが取れないところ。

あと、色がブルーとレッドの2つの選択しかない点です。

キックスケーター遊びに興味があるパパママには、キックルがおすすめです。

ピープルについて、もっと詳しく知りたいパパママは、下記の記事を参考にして下さいね。

イチオシはこちら

へんしんバイク

へんしんバイク

へいしんバイクは、「30分で自転車デビュー」が売りのキックバイクです。

メリット・デメリットを挙げると、下記になります。

メリット
  • 30分で自転車デビューできる
  • 反射板付き
  • ベル付き
・デメリット
  • ペダルの取り付けが大変…
  • ストライダーと比べて重たい
  • シート高さの調節幅が狭い

へんしんバイクの魅力は、ペダルなしのキックバイクに乗り慣れたら、自然と自転車デビューできるところ。

大阪の保育園で84人中40人が、30分で自転車デビューできたことがHPで紹介されています。

ママ
ママ

半分の子どもたちが乗れたってすごいね!

残念な点を挙げると、ペダルの取り付けが大変なところ。

取り付けにドライバーや六角レンチが必要で、後輪を外さないと取り付けできないのがデメリットになります。

「1時間かかった…」といった書き込みも見かけたので、初めての取り付けは時間にゆとりがあるときがいいかもしれません。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

一度ペダルを付けたら、気軽に外せないところがちょっと残念…

へんしんバイクの公式はこちら

イチオシはディーバイク「マスターシリーズ」

イチオシはディーバイク「マスターシリーズ」

ストライダーから自転車に変身できるキックバイクのイチオシは、ディーバイク「マスターシリーズ」になります。

イチオシの理由
  • 5秒でペダルが装着できる手軽さ
  • ブレーキがかけやすい
  • 幅広のペダル
  • 太っちょタイヤ

マスターシリーズは、わずか5秒でペダルが装着できます。

カチッとはめるだけのペダル

カッチっとはめるだけのペダル

ディーバイクのブレーキは、他のメーカーのブレーキの半分の力で止まれるVブレーキを採用。

ディーバイクのブレーキ

力強くギュッと握らなくていいブレーキ

ペダルは踏み外しがないよう、通常の2倍サイズの広さになっています。

ディーバイクのペダル

足がゆったり置けるペダル

運転しているときにふらつかないよう、太っちょタイヤなのもいいですね。

ディーバイクのタイヤ

頼りになる極太タイヤ

子どもたちが、キックバイクから自転車にカンタン移行できる機能が満載のマスターシリーズ。

ママ
ママ

他のキックバイクにはない魅力がたくさんだね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

子どもたちは

すぐに自転車デビューできるよ!

ストライダー14xは、車体の軽さ・大会に出場できる・自分好みにカスタマイズできるところが魅力です。

ペダルの幅が広く作られていて、ブレーキがやりやすければ、ぼくのイチオシは「ストライダー14x」でした。

ディーバイクは、子どもの乗りやすさを最優先に作られたキックバイなので、今回のイチオシになりました。

自転車に変身できるストライダーの選び方

自転車に変身できるストライダーの選び方

ここでは、自転車に変身できるストライダーの失敗しない選び方についてご紹介していきます。

選ぶポイントは、下記の3つになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、見ていこう!

タイヤのサイズ

1つ目の選ぶポイントは、タイヤのサイズです。

ディーバイクのタイヤ

ディーバイクの太っちょタイヤ

タイヤのサイズ(インチ)は、子どもたちの体にぴったりサイズを選ぶことがたいせつ。

ママ
ママ

目安ってあるのかな?

ブリジストンのHPによると、子ども用のタイヤサイズは、下記になります。

年齢3~5歳3~6歳4~8歳
身長92~107cm98~119cm103~125cm
タイヤサイズ14インチ16インチ18インチ

ちなみに、6歳の娘は14インチの自転車に乗っています。

自転車に乗る娘

自転車に乗って公園にお出かけ

あなたのお子さんが3~4歳で、自転車に変身できるキックバイクを探しているなら、14インチがベストサイズです。

タイヤが大きいと、キックバイクが乗りづらいので、サイズ選びは注意してくださいね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

お子さんが3~4歳なら

14インチを選べばOKです

ペダルの装着が簡単かどうか?

2つ目の選ぶポイントは、ペダル装着のしやすさです。

ペダルを外した状態

ペダルを外したキックバイク

ペダルの装着に時間がかかると、パパママが大変だからです。

ママ
ママ

誰でもパパっとできるのが理想だよね!

ペダルの装着が一番ラクなのが、ぼくがイチオシのディーバイク「マスターシリーズ」です。

装着にかかる時間は、たったの5秒。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

パパママに一番やさしいのがディーバイクです

ペダルの大きさ

3つ目の選ぶポイントは、ペダルの大きさです。

ペダルの大きさ

ディーバイクのペダル

ペダルが大きいほど、足が乗せやすく、こぎやすいからです。

ママ
ママ

ペダルの大きさまで考えていなかった…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

なが~く、快適に乗るには

ペダルの大きさも大切です!

イチオシはこちら

ペダルが後付できるストライダーの口コミ・評判

ここでは、自転車になるストライダーの口コミ・評判を紹介していきますね。

ストライダー「14X」の口コミ・評判


「自転車に乗れるスピードがぜんぜん違います!」「すぐに乗れました!」の口コミがありました。

ディーバイク「マスターシリーズ」の口コミ・評判


女の子にも人気のディーバイク。

タイヤをカスタマイズして乗っている女の子もいました。

ピープルの口コミ・評判


「ペダルを付けたら一発で乗れた!」「自転車を買わずに済んだ」といった喜びの口コミがありました。

へんしんバイクの口コミ・評判

HPのキャッチコピーにあるように、みんなすぐに自転車に乗れていました。

イチオシはこちら

よくある質問

よくある質問

ここでは、パパママがよく疑問に思う点について、解説していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

詳しく見ていきましょう!

ストライダーと自転車、買うならどっち?

目的に応じて選びましょう!」が、こちらの問いに対する回答になります。

「ペダルが付けれるストライダー」と「自転車」の違いは、下記になります。

ペダル付きストライダー
  • キックバイクと自転車、両方楽しめる
  • 補助輪が付けれない
  • カゴなし
  • 泥よけなし
  • ベルなし
  • 反射板なし
自転車
  • キックバイクができない。自転車だけ楽しめる
  • 補助輪が付けれる
  • カゴ付き
  • 泥よけあり
  • ベルあり
  • 反射板あり
ママ
ママ

たくさんの違いがあるんだね

自転車は、自転車に乗ることを目的に作られた乗り物です。

快適に自転車ライフが楽しめるよう、荷物が載せれるカゴが付いていたり、ベルや反射板が付いたりしています。

補助輪が付けれるので、運転に慣れない小さな子どもたちでも楽しく乗れます。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

一方、ペダル付きストライダーは

両方楽しめるがコンセプト!

キックバイクは、バランスを取りながら走る乗り物なので、キックバイクを乗り続けていると「自転車の移行が楽」と言われています。

実際、6歳の娘はキックバイクを乗り回していたおかげで、自転車の移行にかかった時間は30分程度でした。

自転車でおでかけ

自転車でのお出かけが大好きな娘

キックバイクも自転車も両方、経験させてあげたい」と考えているパパママには、ペダル付き自転車がおすすめです。

自転車の移行がスッとできるので、パパママが中腰の姿勢で自転車の後ろを支えるつらさから開放されます

ゆんともパパ
ゆんともパパ

後ろで支えていると

腰がすごく痛くなるんだよね…

キックバイクと自転車の両方の楽しみを取るか?

それとも、快適に乗れる機能が付いた自転車を取るか?

目的をはっきりさせて、あなたのお子さんにピッタリな方を選びましょう!

ストライダーから自転車に移行するのは何歳?

子どもが自分から、「自転車に乗ってみたい!」といい出したタイミングが移行の時期です。

幼稚園に入ると、友達が自転車に乗っている姿を見て、「自分も乗ってみたい!」と言い出すようになります。

ママ
ママ

友達と一緒に遊びたいってなるよね

娘の場合、5歳になったときに自転車に移行しました。

自転車にのる娘

周りの友達は補助輪を付けて乗っている子が多かったので、自転車の移行は早かった方でした。

「○歳になってから」ではなく、子どもたちが自転車に興味を持ったタイミングが移行の時期と考えましょう。

16インチのおすすめってどれ?

16インチサイズがあるペダル付き自転車は、下記の2つです。

ぼくのおすすめは、ディーバイク「マスターシリーズ」。

イチオシでも紹介しているディーバイクは、子どもたちが乗りやすい機能が満載だからです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

16インチを探しているなら、ディーバイクをご検討ください!

イチオシはこちら

まとめ

キックバイクと自転車の両方が楽しめる乗り物、ペダル付きストライダー。

キックバイクに乗っていると、子どもたちは自然にバランスが取れるようになって、自転車の移行がとてもラクです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

何日も練習しなくていいのが

ホント助かる~

ママ
ママ

後ろでずっと支えているのは

腰が痛くなるからね

「カンタンに自転車に乗れるようになりたい!」と考えているなら、ペダルが後付できるキックバイクをプレゼントしましよう。

パパママも子どもも、できないことにイライラすることなく、ラクに自転車に乗れるようになりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました