Musashi Veloをレビュー!変速不要で走りに夢中になれる電動自転車

Musashi Veloをレビュー!変速不要で走りに夢中になれる電動自転車

評価:4

この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、Musashi Veloに乗って感じた良かった点・気になった点をレビュー!

他社Eバイクとの比較や、オトクに買う方法も紹介しています。

バスや電車を使わず、最短ルートで移動できる自転車。

自転車の中でも、となり街まで気軽に行けて、坂道や向かい風を物ともしない電動アシスト自転車(Eバイク)が最近、人気を集めています。

Eバイクの人気が日に日に高まっている中、センサーライトで国内トップシェアを誇る株式会社ムサシが変速不要の次世代モデル「Musashi Velo」を2022年1月に発売しました。

Musashi Velo
Musashi Velo

当ブログ【ゆんとも】では、これまで50台以上のEバイクに乗ってきた筆者が、Musashi Veloの良かった点・気になった点を徹底レビュー!

乗り心地は?

変速がいらない電動自転車ってどう?」

上記が気になる方は、当レビュー記事をぜひ参考にしてください。

メリット
  • 余計なギア操作がなく、走りに夢中になれる
  • アシストOFFでも快適な走り
  • 車体が軽い
  • ミニマルデザイン
  • 2年間のメーカー保証
デメリット
  • シングルギアは好みが分かれるところ
  • 充電方法
スポンサーリンク
タップできる目次

Musashi Veloの概要

Musashi Veloの概要

Musashi Veloは、機能とデザインの両方を兼ね備えた、次世代の電動アシスト自転車(Eバイク)です。

モデルMusashi Velo CS01
タイヤ700x28c
車体サイズ長さ180cm/最大幅63㎝
フレームアルミ合金
車体重量17kg
モータ出力250w
バッテリー容量11.2Ah
充電時間ゼロからフル充電 6時間
変速シングル
ブレーキメカニカルディスクブレーキ
Matt Black
価格(税込)242,000円

Musashi Veloは、アルミフレームを採用しています。

フレーム

またぐフレームには、Musashi Veloのブランドロゴ「m」が控えめながらも存在感をアピール。

ロゴ
オシャレなロゴデザイン

色は、今回レビューしている「Matt Black」の1色展開。

Musashi Veloのバッテリーは、フレーム内蔵型になります。

電動自転車によくある電気配線がほとんどないため、ぱっと見、電動自転車に見えません。

フレーム内蔵型のバッテリー
見た目がスマートなMusashi Velo
ママ
言われてはじめて

Eバイクと気付きました

バッテリー容量は11.2Ah

フル充電の状態でアシスト強度3で走った場合、約120kmの走行(道路状況・荷重・気温によって変動)が可能です。

Musashi Veloのユニットモーターは、後輪に付いています。

後輪駆動モーター
タイヤ中心部の黒パーツがモーター

後輪駆動モーターの特徴は、前から引っ張られる感覚がなく、誰かがうしろからやさしく押してくれるサポート感が得られるところ。

ゆんともパパ
自然な走りが楽しめます

電動アシストの電源ON・OFFの切り替えは、右ハンドルに付いているボタンで行います。

液晶モニター
指で指しているボタンが電源ボタン

アシストモニターの見方は、次のとおり。

液晶モニターの見方

電動アシストは、6種類のモードから選べます。

アシストレベル1
アシスト1
アシストレベル5
アシスト5
  1. アシスト0:アシストOFF
  2. アシスト1~2:やさしい加速、省エネで長く走れる
  3. アシスト3:街乗りに適した走り
  4. アシスト4~5:坂道がスイスイ登れる

液晶モニターは、アシストの操作以外に次の5つが確認できます。

液晶モニターで確認できること
  1. 平均時速
  2. 最高時速
  3. 走行距離
  4. 最高時速
  5. 走行時間
平均速度
平均速度や最高速度
走行距離
走行距離
ママ
時速や走行距離が手元で確認できるのは楽しいよね

Musashi Veloのギアは、前46・後ろ18

フロントギア

Musashi Veloはシングルギアになります。

シングルギア
誰でも乗りこなしやすいシングルギア

シフターが付いていないため、ハンドルまわりは余分なものがなくスッキリしています。

ハンドル周り
見た目スッキリのハンドル

タイヤの大きさは700×28c

タイヤ
700cの前タイヤ
タイヤの太さ
太さは28c

ブレーキはメカニカルディスクブレーキを採用。

前タイヤのブレーキ
前タイヤのブレーキ
後ろタイヤのブレーキ

メカニカルディスクブレーキは、「油圧式」と「メカニカル」の2種類あります。

「油圧式」ではなく、「メカニカルディスクブレーキ」が採用された理由は、次のとおり。

Musashi Veloがメカニカルディスクブレーキの理由
  • 油圧式は、瞬発的にブレーキが効きすぎる
  • 街中で走るには、メカニカルで十分
  • コストを抑えるため
ブレーキを握る
止まりたいときに、しっかり止まれます

グリップは、握りやすいエルゴグリップを採用。

グリップ
手に吸い付くようにフィットするグリップ

サドルは、シンプルなデザインのスポーツタイプ。

サドル
座り心地のいいサドル

サドルの高さは、工具を使わず自分好みに変更できます。

サドルの高さ変更
ガバッと開いて締めるだけ!

ペダルは、スニーカーにジャストフィットするサイズ。

ペダル

自転車を立てかけるスタンドは、別売りとなります。

スタンド
しっかり支えてくるスタンド
もくじに戻る

Musashi Veloの良かったところをレビュー

Musashi Veloの良かったところをレビュー

Musashi Veloに乗っていて、「ここいいね!」と感じたことをレビューしていきます。

良かったところ
  • シングルギアだからこそ、走りに夢中になれる
  • アシストOFFでも、軽やかに走れる
  • 軽くて乗りやすい
  • 自転車に見えないミニマルデザイン
  • 2年間のメーカー保証が付いている
ゆんともパパ
1つずつ

見ていきましょう

シングルギアだからこそ、走りに夢中になれる

Musashi Veloで1番魅力を感じたのが、走りに夢中になれるところ。

走りに夢中になれる
心地よい風を感じながら、ストレスフリーな走りが楽しめます

通常のEバイクは、ギアを操作するシフターがハンドル右側に付いていますが、

Musashi Veloはシングルギアでシフターがなく、アシストモニターが付いています。

液晶モニター
Musashi Veloの右ハンドル
シフター
他社の右ハンドル

通常のEバイクの場合、アシスト操作するために、左手をハンドルから一度離す必要があるんですよね。

他社のアシスト操作
左手で操作するので、やりずらい……

Musashi Veloは右ハンドルを握ったままアシスト操作ができるため、視線を手元に下げることなく、走りに夢中になれます。

右ハンドルを握ったまま操作
右ハンドルを握ったまま操作できる
ゆんともパパ
この違いは

めちゃくちゃ感動しました

Musashi Veloがアピールしている、「変速機に頼らない、ダイレクトな走り」。

実際に乗ってみると、その魅力が全身で実感できます

アシストOFFでも、軽やかに走れる

2つ目に感動したのは、アシストOFFの状態でも爽快な走りが楽しめるところ。

アシストオフでも快適な走りが楽しめる
アシストのサポートを借りなくても、快適に走ります

タイヤが細く車体が軽いため、アシスト機能に頼らなくてもハイブリッド車に乗っているかのような静かでスマートな走りが楽しめます。

10kmほど走行して、「アシスト機能が必要」と感じたのは次のケースでした。

アシストが必要なシーン
  • 坂道
  • 強い向かい風が吹いているとき
  • 赤信号で止まった状態から、トップスピードに行きたいとき
坂道
坂道もアシストレベル1~2で十分!

アシストOFFでも爽快な走りが楽しめるため、アシスト機能を利用するシーンが思いの他すくないことにびっくり。

もし毎日、片道5km~10km以上の移動に使ったとしても、

アシストを利用する機会が少なく、バッテリーが11.2Ahとたっぷり容量なので、充電の頻度は週1回で十分でしょう。

軽くて乗りやすい

Musashi Veloの重さは17kgで、他社のスポーツEバイクと比べて3kg~4kg軽いです。

自転車が軽い
ラクに持てる軽さ

車体が軽いと、次のメリットがあります。

車体が軽いメリット
  • 軽やかな走りが楽しめる
  • 階段道があったとき、かついで登れる
  • 駐輪場から取り出しやすい。方向転換が楽

自転車は、ほぼ毎日使うものです。

車体が軽いおかげで、力を入れて自転車を動かす毎日のちょっとしたストレスから開放されます

電動自転車に見えないミニマルデザイン

Musashi Veloはバッテリーがフレーム内蔵型のため、ぱっと見、電動自転車に見えません

電動自転車に見えないデザイン
電動自転車に見えない電動自転車

家族や友達にMusashi Veloを見せたところ、「これって、電動自転車なの!?」と驚きの反応が返ってきました。

ゆんともパパ
めちゃくちゃ

ビックリしていました

ブランドロゴが、控えめにデザインされているところもいいですね。

控えめなロゴデザイン
どんな服装でもピッタリ合うデザイン

大人にピッタリ合うミニマルデザインもMusashi Veloの魅力になります。

2年間のメーカー保証が付いている

Musashi Veloには、2年間のメーカー保証が付いています。

保証内容

電気系統(ディスプレイ、バッテリー、モーター、コントローラー)とフレーム本体は、購入後2年保証。

その他、一般的な自転車パーツ(タイヤ、チェーンなど)は消耗品のため、保証対象外

ママ
2年間の保証が付いてるメーカーってなかなかないよね

Eバイクでよくあるは、「モーターの調子がおかしい」「ディスプレイがうまく表示されない」といった電気系統のトラブルです。

モーターのトラブル

モータートラブルの場合、5万円前後の修理費がかかるケースがあります。

Musashi Veloは、電気系統のトラブルに対して2年間の保証が付いているため、安心して購入できます。

ゆんともパパ
Eバイクは保証がしっかりしているメーカーを選ぶことがたいせつです
もくじに戻る

Musashi Veloの気になったところをレビュー

Musashi Veloの気になったところをレビュー

「Musashi Velo最高!」と言いたいところですが、気になる点もありました。

Musashi Veloの購入を検討している方に、デメリットも包み隠さずお伝えしていきますね。

気になったところ
  • シングルギアは好みが分かれるところ
  • 充電方法

シングルギアは好みが分かれるところ

Musashi Veloの良さは、シングルギアで操作がシンプルなところ。

ギア変更の必要がなく、ハンドルから手を離すことなく親指でアシスト変更できるところが魅力ですが、

速度が時速24kmに達したとき、ギアを上げてスピードをもっと出したいな…… と感じるときがありました。

ギアチェンジが欲しい

電動自転車のアシストが利く速度は、時速24kmまでと決まっています。(道路交通法により)

信号が多い街中を走るなら、時速24km以上で走ることが少ないためシングルギアで十分です。

ただ、信号がまったくないノンストップの道を走る場合、ギアを上げてスピードを出したいと感じました。

充電方法

Musashi Veloはフレーム内蔵型バッテリーのため、自転車をコンセントに直接つなぐ必要があります。

ガレージで充電
車庫のコンセントで充電

車庫や玄関先にコンセントがある家庭は、上の写真のように充電できますが、

マンションや賃貸アパートに住んでいる場合、充電がネックになるでしょう。

バッテリーがフレーム内蔵型のEバイクは、デザイン性が良いメリットがある一方で、充電方法の課題を抱えています。

もくじに戻る

他社Eバイクとの比較

他社の電動アシスト自転車との比較

フレーム内蔵型バッテリーの他社Eバイクと比較したものが、こちらになります。

スクロールできます
モデルMusashi VeloWELBTHIRDBIKESVanMoof
画像ムサシベロwelbサードバイクvanmoof
車体の重さ17kg16.8kg19.8kg21.0kg
モーター出力250W250W250W250-350W
バッテリー容量11.2Ah6.8Ah10.4Ah504Wh
ギアシングル9段7段4段
メーカー保証2年1年
(有料で自宅修理サポート)
2年3年
価格242,000円198,000円198,000円295,000円
詳細商品はこちら商品はこちら商品はこちら商品はこちら

Musashi Veloをおすすめする人・しない人

Musashi Veloをおすすめする人・しない人

Musashi Veloをおすすめする人・しない人は、次のとおり。

おすすめする人
  • シンプルな操作で、走りに夢中になりたい
  • 通勤や街乗りがメイン
  • 軽やかに走れるスポーツEバイクを探している
  • ミニマルデザインが好き
  • サポートが充実しているメーカーを探している
おすすめしない人
  • ギアをこまめに変えて、走りたい
  • コンセントが部屋しかない

Musashi Veloは余計なギア操作が必要なく、周りの景色を楽しみながら走りに夢中になりたい人におすすめです。

快適な走りが楽しめる

視線をハンドルに一度も下げる必要がないため、自転車に乗っていると最高の気分が味わえます

アシストOFFの状態でも快適に走れ、ハイブリッド車のような静かなスマートな走りができるところも魅力的です。

「ギアチェンジはぜったい必要!」なら、WELBやTHIRDBIKESが良いでしょう。

ただ、いずれも自転車をコンセントに直接つなぐ必要があります。

Musashi Veloをお得に買う方法

Musashi Veloをお得に買う方法

結論を先にお伝えすると、Musashi Veloは「楽天のcyma」で購入するのがおすすめ。

楽天cyamで購入すると、楽天ポイントがザクザクたまるからです。

cymaの購入画面
楽天のcyma

楽天カードを持っているなら、楽天のcymaで購入しましょう。

もし今、楽天カードを持っていないなら、この機会に楽天カードを作ってみてはいかがでしょうか?

今なら、年会費が無料5,000ポイントもらえます。

ゆんともパパ
実質5,000円OFFで

買えちゃいます

\ネットで申込むだけ/

今なら5,000ポイントもらえる!

もくじに戻る

Musashi Veloのよくある質問

BESV「JF1」のよくある質問

ここでは、Musashi Veloのよくある質問に対してお答えしてきます。

よくある質問
  • 販売店が知りたい
  • どこで試乗できる?
  • バッテリー交換ってできる?

販売店が知りたい

Musashi Veloは、クラウドファンディング「Makuake」で先行発売されました。

2022年初旬から、提携販売店で購入できます。

くわしく販売店については、こちらをご覧ください。

どこで試乗できる?

今の世間情勢のこともあり、試乗イベントは現在、限定的となっています。

イベントの開催情報は、Musashi VeloのHPで確認できます。

バッテリー交換ってできる?

Musashi Veloのバッテリーは、充電回数600回もしくは購入後2年が交換目安となっています。

交換バッテリーを購入後、経験者による設備の整ったお店での交換をおすすめします。

ゆんともパパ
電動アシスト自転車の修理交換を扱うお店なら交換可能だよ
もくじに戻る

まとめ

本記事では、Musashi Veloの特徴や良かった点・気になった点をレビューしました。

改めて、メリット・デメリットをお伝えすると、次のとおり。

メリット
  • 余計なギア操作がなく、走りに夢中になれる
  • アシストOFFでも快適な走り
  • 車体が軽い
  • ミニマルデザイン
  • 2年間のメーカー保証
デメリット
  • シングルギアは好みが分かれるところ
  • 充電方法

変速機に頼らない、走りに夢中になれるMusashi Velo。

マットブラックのデザインが、オシャレな大人を演出してくれます。

普段の移動を快適にしたいなら、Musashi Veloがぜったいおすすめです。

スポンサーリンク
Musashi Veloをレビュー!変速不要で走りに夢中になれる電動自転車

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
ページトップへ
タップできる目次
閉じる