【読まないと損】はじめてアクアビーズを買う人のおすすめ品・図案を紹介!

【読まないと損】はじめてアクアビーズを買う人のおすすめ品・図案を紹介! アクアビーズ
この記事のまとめ

はじめてアクアビーズを始める方へ。

当サイト【ゆんとも】では、失敗しない商品の選び方や、おすすめ商品(はじめてのアクアビーズ・スーパーカラフルいっぱいdx)を紹介!

また、どこで買うのが最安値なのか? についても解説!

「水でくっつく」ビーズのおもちゃとして、子どもたちに大人気のアクアビーズ。

アクアビーズの作品

友だちに大好評のプリンセスたち

アクアビーズはたくさん種類があるので、どれにしようかな? と迷うパパママも多いですよね。

ママ
ママ

どれが一番いいのかな…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

なが~く遊べるおすすめの商品を紹介していくね!

アクアビーズは商品によってビーズの種類や、ビーズを入れるケースの形が違います

当サイト【ゆんとも】では、後悔しない商品の選び方について解説しています。

ぼくはビーズの買い足しに失敗を経験しているので、みなさんはぼくのような経験をしないように、ぜひ参考にして下さいね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

「前置きはいいから、商品の選び方やおすすめの商品が知りたい!」というママパパは、下記の画面を確認ください!

ママ
ママ

画面をタップすると、詳細説明にスキップするよ

気になるところまで移動

アクアビーズの商品は全部で3種類

アクアビーズの種類は全部で3種類

アクアビーズは、大きく分けると下記の3種類の商品があります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

商品を間違えて買ってしまうと、遊べないことがあるから、ここはしっかりおさえておこうね!

ビーズ単品

作品を作るには、ビーズが必要です。

ビーズは単色(1色)と、5000や8000といったセット商品の2種類あります。

5000ビーズセット

5000個のビーズが入った商品

ゆんともパパ
ゆんともパパ

単品で買うより、セットで購入したほうが、ビーズ1個あたりの値段は安くなるよ

ビーズのことで詳しく知りたいパパママは、下記の記事を参考にして下さい。

イラストシート(図案)

作品を作るためには、イラストシートが必要です。

イラストシートは、図案と呼ばれることもあります。

イラストシート(図案)

イラストシート(図案)は、「車」「動物」鬼滅の刃やディズニーなどのキャラクターもの」など、たくさん種類があります。

図案について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にして下さい。

セット商品

アクアビーズのセット商品は、ビーズイラストシート(図案)トレイ専用きりふきなどが入っている商品です。

セット商品は、大きく分けると下記の2つになります。

  1. ビーズ・図案・チェーンパーツなどのセット
  2. ビーズ・図案・ビーズケース・トレイ・霧吹きなどのセット

「1のセット」は、すでにアクアビーズを持っている人が買うセット商品になります。

たとえば、下記のような商品です。

キラ☆もこドレスセット

図案・チェーンパーツが入った商品

「2のセット」は、これからはじめてアクアビーズを始める方に向けての商品になります。

はじめてのアクアビーズ

これさえあれば遊べる!

注意したいのは、図案だけの商品を買わないことです。

図案だけ買ってしまうと、箱から出して遊ぼうとしたとき、「あれ? これだけだと遊べない…」となります…

アクアビーズの商品選びは、細心の注意を払いましょう。

ママ
ママ

わが家も一度、ビーズの買い足しで間違えっちゃったよね…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ぼくらのような失敗をしないために、「失敗しない選び方」を見ていきましょう!

「おすすめが早く知りたい!」ママパパはこちら

失敗しないアクアビーズの選び方

失敗しないアクアビーズの選び方

アクアビーズはたくさんの種類があるので、どれにしようか? 迷うパパママも多いと思います。

わが家はビーズの買い足しで、ある失敗をしました。

これからアクアビーズを始めるパパママには、同じ失敗をして欲しくないので、選ぶポイントを解説していきますね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこうね!

「選び方はいいから、おすすめが知りたい!」ママパパはこちら

遊ぶのに必要なアイテムが揃っているか? 確認する

アクアビーズで遊ぶには、最低でも下記の4つのアイテムが必要になります。

最低限そろえたいアイテム4選
  • ビーズ
  • ビーズトレイ
  • 図案(イラストシート)
  • 専用きりふき

多くのママパパがやってしまうパターンは、イラストシートセットだけの購入です。

イラストシートセットには、「ビーズ」と「イラストシート」のみ入っています

ビーズを置く「ビーズトレイ」や、ビーズをくっつけるために使う「専用きりふき」は入っていないので注意しましょう。

ママ
ママ

子どもたちとワクワクして箱から出したのに、遊べないとかなりヘコむよね…

ゆんともパパ
ゆんともパパ

はじめてアクアビーズを始めるパパママは、上記の4点セットが入っているか? かならず確認してね!

「選び方はいいから、おすすめが知りたい!」ママパパはこちら

年齢に合った商品を選ぶ

アクアビーズは、3歳から遊べる知育おもちゃです。

ただ、3歳の場合、イラストシート(図案)を見ながら、決まった場所にビーズを置いていくのはちょっと難しいかな? と思います。

もし、あなたのお子さんが3歳の場合、ビーズトレイから始めるのではなく、下記のかたちビーズトレイで遊ぶことをおすすめします。

3歳の作品

3歳の息子が作った作品

かたちビーズトレイの良い点は、ビーズをトレイに入れていくだけで、上記のような作品が作れるところです。

ママ
ママ

うちの3歳の息子は、これでずっと遊んでいるよね

4~5歳なら、下の写真のようにビーズトレイに並べて遊べます。

アクアビーズで遊んでいる娘

エルサ作りに夢中の娘

3歳のお子さんであれば、「かたちビーズトレイ」から始めましょう。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

おすすめのかたちビーズトレイは、下の商品だよ

「選び方はいいから、おすすめが知りたい!」ママパパはこちら

ケースの互換性を確認する

ケースの互換性とは、収納する時にビーズケースを重ねることができるか? のことをいいます。

ビーズケース

人気のアクアビーズセットは、上記のように長方形をしています。

一方で、「アナ雪のスタンダードセット」や「すみっコぐらしのスペシャルセット」は、ビーズケースが特殊な形をしています。

ママ
ママ

ケースの形が特殊だと、何がいけないの?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

ケースの形が違うと、買い足した時にビーズケースを上から重ねることができないから、おもちゃを片付けるスペースが余分に必要になるんだ…

「おもちゃを片付けるスペースに困っていないよ!」というパパママは、ケースの互換性は気にする必要はありません。

ですが、できる限りコンパクトに収納したいと考えているパパママは、ケースの互換性も注意しましょう

ゆんともパパ
ゆんともパパ

この後、おすすめするセットは互換性があるから、安心してね!

「選び方はいいから、おすすめが知りたい!」ママパパはこちら

ビーズが無くなったら買い足しする

アクアビーズは、一度買ったらずっと遊べるおもちゃではありません。

作品を作っていると、肌色や白色といったよく使うビーズが無くなります。

ママ
ママ

ビーズの買い足しが必要ってことね

ビーズは単品でも購入できますが、セット商品を購入することでビーズ1個あたりの値段を安くできます

具体的な金額を比較したものが、下記の表になります。(価格は、2021年6月時点)

商品価格(税込)ビーズの個数1個あたりの値段
まるビーズ単品314円400個0.79円
キラキラビーズ単品314円400個0.79円
まるビーズ8色セット694円1,200個0.58円
キラキラビーズ8色セット682円1,200個0.57円
まるビーズ16色セット1,255円2,400個0.52円
24色セット1,745円2,600個0.67円
5,000ビーズセット2,900円5,000個0.58円
8,000ビーズセット3,286円8,000個0.41円
10,000ビーズセット4,968円10,000個0.49円
ママ
ママ

長く遊ぶなら、ビーズの買い足しはセット商品を買った方が良さそうだね

コスパの良さを求めるなら、セット商品を選びましょう。

ただ、セット商品を選ぶとき、注意が必要です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

商品によって、入っているビーズの種類が違うんだ

アクアビーズのビーズは、下記の4種類あります。

ビーズの種類
  • まるビーズ
  • キラキラビーズ
  • ポリゴンビーズ
  • スタービーズ

写真で紹介すると、下記になります。

ビーズ

4種類のビーズ

値段の安さだけで飛びつくと、欲しい種類が入っていなかった…と後悔することなります。

ビーズを買い足すときは、「どんな種類のビーズが入っているか?」確認しましょう。

ママ
ママ

わが家はビーズの買い足しを間違えた経験があるから、みんなは注意してね

ビーズの買い足しについて、くわしく知りたいパパママはこちらの記事を参考にしてくださいね。

アクアビーズのおすすめセット商品

アクアビーズのおすすめセット商品

おすすめのアクアビーズセットを2つご紹介してきます。

ここでご紹介するのは、選ぶときの注意点で紹介した「他のビーズケースとの互換性がある商品」です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

中身を1つずつ、くわしく紹介していくね

はじめてのアクアビーズ

1つ目におすすめするのは、「はじめてのアクアビーズ」になります。

はじめてのアクアビーズ

中に入っているアイテムはこちら。

セット内容
「はじめてのアクアビーズ」の良い点は、ビーズやイラストシート、トレイ、専用きりふきなど、遊ぶのに必要なアイテムがすべて入っているところ。

ママ
ママ

これさえあればOKっていうことね!

この商品を買った後、もし気になるキャラクターがあれば、図案を買い足していけばずっと遊べます

あえて残念な点を挙げるとすると、3歳の子どもたちが遊べる「かたちビーズトレイ」が入っていないところ。

4歳以上のお子さんであれば、「かたちビーズトレイ」は必要ないです。

3歳のお子さんにプレゼントするなら、下記の商品とセットで購入しましょう。

スーパーカラフルいっぱいデラックス

2つ目におすすめするのは、「スーパーカラフルいっぱいデラックス」になります。

中に入っているアイテムはこちら。

デラックスセット内容

スーパーカラフルデラックスの魅力は、アクアビーズのアイテムがすべて入っているところ。

これさえあれば、ビーズ以外、買い足す必要がありません

1つ目にご紹介した「はじめてのアクアビーズ」には、「かたちビーズトレイ」が入っていませんが、デラックスには入っているのもいいですね。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

値段は高くなるけど、買い足す必要がないから、長く遊ぶならこっちだね!

ちなみに、「はじめてのアクアビーズ」との大きな違いは、下記になります。

デラックス
  • ビーズ:約3,200個
  • かたちビーズトレイ:2個
  • マジカルペン:○
  • ビーズピーラー:○
  • イラストシート:12枚
はじめての
  • ビーズ:1,300個
  • かたちビーズトレイ:0個
  • マジカルペン:☓
  • ビーズピーラー:☓
  • イラストシート:2枚

デラックスには、トレイにビーズが並べやすくなる「マジカルペン」や、水を吹きかけた時に取り外しがすぐできる「ビーズピーラー」が付いています。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

あとで1つずつ買い足すなら、最初からぜーんぶセットになっているデラックスの方が、コスパもいいし、手間がかからないね

どこで買うのが最安値?

どこで買うのが最安値?

アクアビーズのセット商品は、Amazonや楽天、ヨドバシ、トイザらスで購入できます。

ママ
ママ

どこで買うのが一番安いの?

結論を先にお伝えすると、最安値はAmazonになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

具体的に値段を比較してみよう

先ほどご紹介したおすすめ2品の値段比較が、下記になります。(価格は2021年6月の情報)

商品画像Amazon楽天ヨドバシトイザらス
はじめての
アクアビーズ
はじめての アクアビーズ2,173円(税込)3,603円(税込)2,390円(税込)2,999円(税込)
スーパーカラフル
いっぱいデラックス
スーパーカラフル いっぱいデラックス6,980円(税込)8,735円(税込)6,660円(税込)取扱なし

2品とも、Amazonが最安値です。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

さすがAmazon!

Amazonで安く買う裏ワザ

しかも、Amazonなら、ある裏ワザを使うことでさらに安く買えます

ママ
ママ

どんな裏ワザ…?

裏ワザとは、Amazonギフト券を利用する方法です。

Amazonギフト券は、自分のアカウントにチャージできる電子マネーのようなもの。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

電車のSuicaカードみたい感じだよ

Amazonギフト券の利用って、まだあまり知られていないんですよね。

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券を使わないのはむしろ損しているくらい

ゆんともパパ
ゆんともパパ

Amazonギフト券は、15円からチャージできるよ!

最大で2.5%還元なので、ブレイブボードを安く買いたいなら、Amazonギフト券を絶対利用しましょう!

15円からチャージOK!

Amazonギフト券で最大2.5%還元!

\有効期限は1年/

アクアビーズのおすすめ図案

アクアビーズのおすすめ図案

ここからは、人気のイラストシートをご紹介していきますね。

男の子に人気の鬼滅の刃から、女の子に人気のアナ雪やすみっコぐらしまで、たくさんあります。

男の子におすすめの図案

男の子に人気の図案は、下記の4つになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、中身を見ていこう!

鬼滅の刃

作れるキャラクター炭治郎(たんじろう)、襧豆子(ねずこ)、善逸(ぜんいつ)、伊之助(いのすけ)
セット内容ビーズ、イラストシート4枚、チェーンパーツ、カラーストラップ

スーパマリオ

作れるキャラクターマリオ、ルイージ、クッパなど
セット内容ビーズ、イラストシート4枚

スプラトゥーン2

作れるキャラクターガール、イカ、ジャッジくんなど
セット内容ビーズ、ビーズトレイ、イラストシート2枚

カーズ

作れるキャラクターライトニング・マックィーン、ドック・ハドソンなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚、スタンドパーツ

女の子におすすめの図案

女の子に人気の図案は、下記の4つになります。

ディズニープリンセス

作れるキャラクターシンデレラ、アリエル、ラプンツェルなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚、カラーストラップ、チェーンパーツ

カラーストラップとチェーンパーツが入っているので、作った作品をキーホルダーにすることもできます。

ディズニープリンセスのキラ☆もこドレスセットについてくわしく知りたいパパママは、下記の記事を参考ください。

アナと雪の女王

作れるキャラクターアナ、エルサ、クリストフ、オラフ
セット内容ビーズ、イラストシート2枚

アナと雪の女王のキャラクターセットについてくわしく知りたいパパママは、下記の記事を参考ください。

すみっコぐらし

作れるキャラクターしろくま、ぺんぎん、とんかつ、ねこなど
セット内容ビーズ、イラストシート4枚、ボールチェーン、キーチェーンパーツ

サンリオ

作れるキャラクターハローキティ、マイメロディ、リトルツインスターズ、シナモンロール
セット内容イラストシート10枚

アクアビーズのメリット・デメリット

アクアビーズのメリット・デメリット

子どもが夢中になれるアクアビーズ。

子どもが遊んでいる姿を見て感じた、メリット・デメリットについてお伝えしていきたいと思います。

メリット

  • 集中力が身に付く
  • 手先が器用になる
  • テレビやスマホを見る時間が少なくなる

5歳の娘は外で遊ぶのが大好きなので、「アクアビーズをやりたい!」といい出したときは「本当にやるの?」と半信半疑でした。

娘は、机に向かって集中して遊ぶのがどちらかと言うと苦手で、またアクアビーズに興味を持ったきっかけが、「友達が持っている」だったからです。

ママ
ママ

あまりにも「やりたい」っていうから、根気負けしたよね…

すぐ飽きるんだろうな…と思ってプレゼントしたら、これが意外で、すごく集中して作品を作っているんですよね。

1時間、ひとことも喋らずに、自分の世界に入ってアクアビーズで遊んでいることがよくあります。

集中している娘

ゆんともパパ
ゆんともパパ

外遊びが好きな娘が、ここまでハマるとは…

小さいビーズを1つずつ取って、トレイに並べていくので、5歳の娘は細かい作業をするのが好きになりました

あと、アクアビーズを買ってよかったなと感じる瞬間は、テレビやスマホを見る時間がグッと減ったことです。

ママ
ママ

新しい趣味を見つけた感じだね

作品を作る楽しさもありますが、集中力が付いたりスマホで遊ぶ時間が少なくなったことがメリットに感じました。

デメリット

  • 疲れて機嫌が悪くなることも
  • ビーズが散らばった時、片付けるのが大変…

アクアビーズで遊ぶのは、いいことばかりではありません。

1時間くらいずっと集中して並べていたビーズが、手にひかかって床に落ちてしまったときは、それはもう大変でした…

ママ
ママ

怒るし、泣くし…1日中機嫌が悪かったよね

きれいに作品ができればいいですが、思い通りにビーズが並ばなかったり、バラバラになってしまうと機嫌が悪くなって大変な思いをします。

あと、もう1つ思い出に残っているのが、約4,000個のビーズを床にこぼしてしまったときです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

あれは、悲惨な光景だった…

ビーズはとても小さいので、床やテーブルに散らかると、片付けるのが大変なことを覚えておいてくださいね。

アクアビーズの口コミ

ここではTwitterでの口コミ・評判をご紹介していきたいと思います。

Twitterの口コミを見ていて感じたのは、「買って後悔した…」「子どもが全然遊ばなかった…」という口コミが一切なかったこと。

あと、「子どもが楽しく遊んでいるからやってみたら、自分もハマってしまった」という口コミをたくさん見かけました。

Twitterの口コミや感想を見ていると、「アクアビーズを買って正解だった!」という思いが伝わってきますね。

まとめ

アクアビーズは、3歳から遊べる知育おもちゃです。

自分の好きなキャラクターをビーズで作る楽しさもありますが、1つのことに集中して作品を作り上げる習慣が身に付きます。

はじめてのアクアビーズを始めるなら、「はじめてのアクアビーズ」もしくは、「スーパーカラフルいっぱいデラックス」がおすすめです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

遊ぶアイテムがすべて揃っているよ!

楽天やヨドバシなどで購入できますが、最安値のAmazonで購入しましょう!

アクアビーズ

【誰でもできる】アクアビーズのきれいな作り方!上手くはがす方法も解説

これからはじめてアクアビーズを始める方へ。当サイト【ゆんとも】では、きれいなアクアビーズ作品を作る方法をていねいに解説!また、裏側をきれいにはがす方法や、ピーラーの代用はできないの? 立体作品はどうやって作るの? 乾かす時間はどれくらい? の疑問も解決します!
アクアビーズ

[読まないと損]はじめてアクアビーズを買う人のおすすめ品・図案を紹介!

これからアクアビーズを始める方へ。当サイト【ゆんとも】では、失敗しない商品の選び方や、おすすめ商品(はじめてのアクアビーズ・スーパーカラフルいっぱいdx)を紹介!また、どこで買うのが最安値なのか? についても解説!
アクアビーズ

【超カンタン】アクアビーズでキーホルダーを作ろう!必要なアイテムは?

作ったアクアビーズの作品をキーホルダーにできたら、楽しさがさらに広がりますよね?当サイト【ゆんとも】では、アクアビーズのキーホルダーを作る方法や、必要なアイテムを紹介!パーツのみ買えるの? 雨の日のために防水やカバーの必要ってある? レジンで加工できる? の疑問も解決します!
アクアビーズ

【失敗者が語る】アクアビーズの5000ビーズの正しい選び方【鬼滅やマリオの紹介も】

アクアビーズのビーズの買い足しに、5000や8000ビーズセットの購入を考えているパパママへ。ビーズセット選びに失敗したぼくが、正しい選び方を解説!当サイト【ゆんとも】では、Amazonや楽天、ヨドバシ、トイザらスの4社の価格を比較して、最安値の情報も紹介してます!
アクアビーズ

[どっちが安い?]アクアビーズの単品とセット品のビーズ値段を徹底比較!

アクアビーズのビーズを買い足す時、単品を買った方がいいのか? それともセット商品の方がお得なのか? 迷いますよね。当サイト【ゆんとも】では、単品とセット商品のビーズ1個あたりの値段を比較!また、Amazonやヨドバシ、トイザらスのうち、どこで買うのが1番安いのか? についても検証!
アクアビーズ

アクアビーズって男の子でも遊べる?おすすめセットと図案7選を紹介!

当ブログ【ゆんとも】では、男の子におすすめのアクアビーズを紹介しています。アクアビーズを始めるのに揃えたいアイテムや、実際に作った作品を写真付きで公開!また、鬼滅の刃やマリオ、カーズなどのキャラクターに興味がある男の子に向けて、おすすめのイラストシート(図案)を紹介
アクアビーズ

【レビュー】アクアビーズのディズニープリンセスのキラ☆もこセットで遊んでみた!

当サイト【ゆんとも】では、アクアビーズのディズニープリンセス「キラ☆もこドレスセット」や、「スタンダードセット」の中身を大公開!アリエルやラプンツェルの図案(イラストシート)を探している人は必見!また、Amazon・楽天・ヨドバシのどこで買うのが最安値なのか? についても解説しています
アクアビーズ

【レビュー】アクアビーズのアナ雪のキャラクターセットで遊んでみた!

当サイト【ゆんとも】では、アクアビーズのアナ雪「キャラクターセット」や、「スタンダードセット」の中身を大公開!アナやエルサの図案(イラストシート)を探している人は必見!また、Amazon・楽天・ヨドバシのどこで買うのが最安値なのか? についても解説しています
アクアビーズ

【何歳から?】アクアビーズに3歳の息子が挑戦!揃えたいアイテムを紹介

アクアビーズって何歳から遊べるの? 3歳や4歳でも、楽しく遊べるの? 当サイト【ゆんとも】では、3歳の息子がアクアビーズの作品が作れたかどうか? を解説! また、アクアビーズを始めるのに最低限そろえたいアイテムや、最初に買うならこれ! というおすすめの商品を紹介!
アクアビーズ

【子供が歓喜】アクアビーズの図案を手に入れる4つの方法!【無料から有料まで】

当サイト【ゆんとも】では、アクアビーズのイラストシートを無料で手に入れる方法を解説!アナ雪やディズニープリンセスなどの女の子に人気の図案から、鬼滅の刃やマリオなどの男の子に人気の図案を紹介!また、アプリで遊ぶ方法や、ポケモン・トトロの図案を手に入れる方法も紹介!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました