Carbon Ageレビュー!驚くほど超軽量でスタイリッシュな電動アシスト自転車

Carbon Ageレビュー!驚くほど超軽量でスタイリッシュな電動アシスト自転車

評価:4

この記事のまとめ

電動アシスト自転車「Carbon Age」に乗って感じた良かった点・気になった点をレビュー!

バッテリーの特徴や、電動アシストの操作画面、保証内容についても詳しく紹介しています。

坂道が続く道や、向かい風が吹いていても楽に走れる電動アシスト自転車(Eバイク)。

バスや電車に乗らなくても気軽に隣り街まで行くことができ、最短ルートで目的地にたどり着けることから、最近電動アシスト自転車を利用する人が増えてきています。

電動アシスト自転車の人気が高まっている中、圧倒的な軽さと、爽快な走りができることで注目を集めているCarbon Age。

Carbon Age
Carbon Age
ママ
Carbon Ageの乗り心地や使いやすさってどうなのかな…
ゆんともパパ
実際に乗った感想をお伝えしていくね

当ブログ【ゆんとも】では、これまで40台以上の電動自転車に乗ってきた筆者が、Carbon Ageの良かった点・気になった点をレビューしています。

「Carbon Ageの乗り心地ってどうなの?

「軽くて、乗りやすい電動アシスト自転車を探している」

上記の方は、当レビューをぜひ参考にして下さい!

良かったところ
  • 車体が約15.5kgと超軽量
  • 坂道がスイスイ登れる
  • コンパクトに折りたためる
  • デザインがおしゃれ
気になったところ
  • 接合部分の操作に慣れが必要
  • カギやカゴが付いていない
スポンサーリンク
タップできる目次

Carbon Ageの概要

Carbon Ageの概要

Carbon Ageは、圧倒的な軽さと頑丈さを誇るEバイクです。

ブランドENDRAGWAY
エンドラグウェイ)
タイヤサイズ20インチ
本体サイズ(通常時)全長×幅×高さ
約1,610×約590×約980(mm)
本体サイズ(折りたたみ時)全長×幅×高さ
約900×約500×約670(mm)
フレームカーボン
車体重量約15.5kg
(スタンド・泥除けカバー含まず)
推奨身長150cm~195cm
モーター出力・電圧250W×36V
バッテリー容量
(サドル)
7.0Ah
バッテリー容量
(ボトル)
5.2Ah
充電時間3~4時間
変速外装7段変速
ブレーキディスクブレーキ
5色(グレー・ネイビー・ブルー・ブラック×レッド・ブラック×オレンジ)
ブラック:Makuake限定
価格(税込)現在Makuakeにて、先着限定159,800円(税込)から

Carbon Ageは、カーボンフレームを採用しています。

フレーム
スポーツカーに使用されているカーボンフレーム

カーボンフレームは、サビにくく耐久性に優れています。

またぐフレームには、ブランドロゴ「ENDRAGWAY」が存在感をアピール。

ロゴ
おしゃれなブランドロゴ「ENDRAGWAY」

色は、全部で5種類

  1. グレー(マット)
  2. ネイビー(マット)
  3. ブルー(マット)
  4. ブラック×レッド(艶)
  5. ブラック×オレンジ(艶)

カーボンブラック(艶)は、Makuake限定のカラーとなります。

この記事でレビューしているのは、ネイビー(マット)。

Carbon Ageのバッテリーは、サドルに内蔵されたタイプです。

バッテリー
持っている場所にバッテリーが内蔵されています

サドル下に充電口があり、自宅で充電できます。

充電口
バッテリー差込口

ガレージや玄関先にコンセントがあれば、サドルを抜かず自転車本体に直接充電することも可能です。

サドルバッテリーなので余分な電気配線が一切なく、美しいスタイルを再現しています。

美しいスタイル
電動自転車に見えないCarbon Age

バッテリー容量は7.0Ah。

最大で約60kmの走行が可能となっています。

ちなみに、バッテリーは別売りでボトルタイプ(容量:5.2Ah)があり、併用すると約110kmの走行が可能になります。

走行可能距離
ボトルバッテリーとの併用で12.2Ahを実現
ママ
100km以上走れるのはすごいね

Carbon Ageは、電気のアシストが後輪に伝わる後輪駆動タイプ。

後輪駆動モーター
後ろタイヤの中央部が後輪駆動モーター

後輪駆動タイプの特徴は、誰かが後ろからやさしく押してくれるサポート感が得られるところ。

液晶モニターはハンドル中央に付いていて、大画面でとても見やすいです。

液晶モニター
グリーンの文字が見やすい大画面モニター

電動アシストの電源は、左ハンドルに付いているスイッチボタンの「M」を長押しすると付きます。

操作ボタン
上矢印がアシストUP、下矢印がアシストDOWN

電動アシストのパワーは、5段階に設定が可能です。

アシスト1
アシストモード1の場合
アシストモード5の場合
アシストモード5の場合

アシストモードの使い分けは、次のとおり。

  • アシスト1~2段階:ゆるやかな加速、省エネで軽く走る
  • アシスト3段階:適度な走り、どんな道でも対応
  • アシスト4~5段階:スピーディーな走り、坂道でも楽に走行

道の状況やその日の気分に合わせて、5段階に自由に変更できます。

液晶モニターではアシストレベル以外に、総走行距離(ODO)・走行距離(DST)・時間(TIME)なども確認できます。

総走行距離
総走行距離(ODO)
時刻
時刻表示

液晶モニターにはUSB差込口が付いていて、ポートをつなぐとスマホが充電できます。

ゆんともパパ
地図アプリ使用中で充電が少なくなっきたときに便利!

Carbon Ageのフロントギアは、52Tサイズを搭載。

フロントギア
フロントギア「52T」

ギア比が大きく、ペダル一こぎでしっかり前に進みます

変速ギアは、SHIMANO7段ギア。

シマノ7段ギア
SHIMANO7段ギア

ギアチェンジは、右ハンドルに付いてるシフターで行います。

シフター
慣れれば下を見ずに操作できるシフター

タイヤの大きさは、20インチ。

タイヤ
20インチタイヤ
タイヤの太さ
安定感のある太っちょタイヤ

雨が降った翌日でも快適に走れるように、前後のタイヤには泥除けカバーが付いています。

前タイヤの泥除けカバー
前タイヤの泥除けカバー
後ろタイヤの泥除けカバー
後ろタイヤの泥除けカバー

ブレーキは、機械式ディスクブレーキを搭載。

ディスクブレーキ
前タイヤのディスクブレーキ

グリップは、握りやすいエルゴグリップ。

エルゴグリップ
手に吸い付くようにフィットするエルゴグリップ

サドルは、おしりにフィットするスポーツタイプ。

サドル
スポーツタイプのサドル

サドルの後ろには、夜遅くなっても安全に走れるよう、反射板が付いています。

反射板
夜でも安全に運転できる反射板付き

サドルの高さは、工具を使わず自由に変更できます。

サドルの高さ調節
ガバっと開いて締めるだけ!

ちなみに、ハンドルの高さも自分好みに調節できます。

ハンドルの高さ調節
こちらもガバっと開いて締めるだけ!

ライトは、前タイヤの上に付いています。

ライト
暗い夜道を明るく照らすライト

ペダルは、スニーカーにジャストフィットするサイズで、折りたたむことができます。

ペダル
通常の状態
折りたたんだペダル
折りたたんだ状態

自転車を立てかけるスタンドは、標準装備となっています。

スタンド

Carbon Ageの良かったところをレビュー

Carbon Ageの良かったところをレビュー

Carbon Ageに乗っていて、「ここ、いいね!」と感じたことをレビューしていきます。

ゆんともパパ
1つずつ

くわしく見ていきましょう

自転車が軽い

Carbon Ageに最初に触れたとき感じたのは、「自転車が軽い!」でした。

通常、20インチのミニベロの場合、車体の重量は25kg~26kgなのが一般的。

Carbon Ageは車体の重量が約15.5kg(スタンド・泥除けカバー除く)しかなく、楽に持ち運びできます。

楽に持ち運びできる
男性なら片手で持てる重さ!
ゆんともパパ
他社より約10kg軽いです

自転車が軽いと、下記のメリットがあります。

  • 駐輪場で自転車が楽に取り出せる
  • 爽快な走りが楽しめる
  • 持ち運びがとにかく楽

スポーツカーにも使われているカーボンフレームを採用しているCarbon Age。

想像していた以上に軽い!」ことに、まず驚かされました。

坂道がしっかり登れるパワフルさ

坂道がスイスイ登れるアシスト力も、Carbon Ageの魅力です。

快適に走れる
爽快な走りが楽しめるCarbon Age

アシストを坂道モード(アシスト4~5)にすれば、サドルからおしりを離すことなく、スイスイ登れます。

坂道
坂道があっても平気!

電動アシスト自転車に初めて乗る人は、「グイーンと、前から引っ張られそうで心配…」と思うかもです。

Carbon Ageは後輪駆動タイプで、後ろからやさしく押してくるサポート感が得られるため、電動アシスト自転車が初めての人でも安心して走れます

景色を楽しめながら坂道が登れるアシストのパワフルさも、魅力に感じました。

コンパクトに折りたためる

Carbon Ageは、コンパクトに折りたたむことができます。

折りたたんだ状態
折りたたんだ状態

折りたたみ方は、とてもカンタン

まず、ハンドルの下部に付いているジョイント部分を解除してハンドルを倒します。

ハンドルを倒す
ステップ1:ハンドルを倒す

続いて、サドルを下げます。

サドルを下げる
ステップ2:サドルを下げる

最後に、またぐフレーム中央についているジョイント部分を解除して、半分に折りたたみます。

中央で折りたたむ
ステップ3:中央で折りたたむ

最初はちょっと戸惑うかもですが、慣れれば1分かからずできます。

折りたたんだサイズ感をイメージしやすいよう、リュックと比較しました。

リュックとサイズ比較
横幅はリュックサイズまでコンパクトになります

コンパクトに折りたためる自転車は、次のメリットがあります。

  • 玄関先に保管できる
  • 車に積んで、サイクリング用に使える
  • 輪行バックに入れて、旅先で使える

車体が約15.5kg(スタンド・泥除けカバー除く)と超軽量で、折りたためるCarbon Age。

Carbon Ageがあれば旅先に持ち込んで、気になる場所やお店に気軽に行く楽しみ方もできます。

ダンパーが快適な走りをサポート

Carbon Ageは、衝撃を吸収するダンパーが付いています。

ダンパー
Aの文字が見えるパーツがダンパー

ダンパーを搭載していることで、でこぼこ道や段差道が快適に走れます

快適な走りが楽しめる
どんな道でも快適に走れます

一般的な電動アシスト自転車は段差を超えるとき、ダイレクトに衝撃が来ないようおしりをすこし浮かすことが多いです。

ダンパーが付いているCarbon Ageは衝撃を吸収してくれるので、サドルにピタッとおしりを付けたまま走ることができます。

ゆんともパパ
ダンパーの効果は

乗った瞬間分かります

20インチのEバイクでダンパーが付いているモデルはほとんどないため、他社にはないダンパー搭載もCarbon Ageの良いところです。

デザインがカッコいい

思わず見とれてしまうデザインのカッコ良さも、Carbon Ageの魅力です。

デザインがかっこいい
クールなデザインのCarbon Age

バッテリーがポコっと付いた電動自転車が多い中、Carbon Ageはサドルバッテリー型で見た目がスリムなのがいいですね。

楽にまたげるフレーム
ポコっと付いた電動自転車
Carbon Ageの概要
サドル内蔵型のCarbon Age

ぼくが乗ったマットタイプのネイビーは、落ち着いた色合いで、どんな服でも合わせられます。

電動自転車に見えない電動自転車「Carbon Age」。

軽量さが注目されがちですが、オシャレなミニマルデザインも忘れてはいけないポイントです。

Carbon Ageの気になるところをレビュー

Carbon Ageの気になるところをレビュー

「Carbon Age最高!」と言いたいところですが、気になる点もありました。

Carbon Ageの購入を検討している方に向けて、デメリットも包み隠さずお伝えしていきます。

ゆんともパパ
こちらも1つずつ

見ていきましょう

接合部位の操作に力が必要

サドルの位置を変えるときや、自転車を折りたたむときに接合部分の操作が必要になります。

たとえば、サドルを抜くときや、中央部で折りたたむときに両手でグイッと力を入れる必要があります

サドルの高さ調節
充電のためにサドルを抜くとき
折りたたむパーツ
中央部で折りたたむとき

サドル部分がかたいのは、走っているときにサドルがずり落ちないようにするためだと思いますが、片手でスルッと抜けない点がデメリットに感じました。

ゆんともパパ
慣れの問題なのかもだけど

女性がサドルの高さ調節や、自転車を折りたたむ場合、すこし苦労しそうだな… と感じました。

カギとカゴが付いていない

カギやカゴが付いていない点もデメリットに感じました。

カゴが付いていない

Carbon Ageにカギやカゴが付いていないのは、軽量化のためだと思います。

ですが、カギは盗難防止に必須なアイテムなので、自転車とセットで購入することをおすすめします。

また、自転車に乗って買い物によく出かける人にとって、カゴは必須アイテムになります。

カゴはカスタムパーツが用意されているため、必要であれば取り付けましょう。

Carbon Ageをおすすめする人・しない人

Carbon Ageをおすすめする人・しない人

Carbon Ageをおすすめする人・しない人は、次のとおり。

おすすめする人
  • 軽い、20インチEバイクを探している
  • 旅先の散策に使えるEバイクを探している
  • 車に積めるEバイクを探している
  • オシャレなEバイクを探している
おすすめする人
  • 5km~10km移動が多い
  • 国内メーカーで探している

Carbon Ageは、軽くて持ち運びに便利なEバイクを探している人におすすめです。

車体の重量が約15.5kg(スタンド・泥除けカバー除く)と、他社と比べて圧倒的に軽いから。

スポーディな走り
軽やかな走りができます

コンパクトに折りたためるので、車に積んだり、輪行バックに入れて旅先のサイクリング用に使えるのもいいですね。

ゆんともパパ
旅行の楽しみ方が、グッと広がります

タイヤが20インチと小さく、小回りが効くので、普段の街乗り用としても使い勝手は抜群に良いです。

あと、1年間の製品保証付きなところもうれしいポイント。

デザインがオシャレで、軽くて持ち運び便利なEバイクを探しているなら、Carbon Ageが絶対おすすめ!

他社の電動アシスト自転車との比較

他社の電動アシスト自転車との比較

折りたたみできる他社のEバイクと比較しました。

メーカー
モデル
ENDRAGWAY
Carbon Age
VELMO
Q2
VELMO
Pegasus
パナソニック
ベロスターミニ
画像carbon ageq2ペガサス ベロスター
タイヤサイズ20インチ20インチ20インチ20インチ
バッテリー容量7.0Ah
(最大12.2Ah)
7.8Ah
(最大14.1Ah)
7.0Ah
(最大13.3Ah)
8.0Ah
車体重量約15.5kg19.8kg14.8kg20.9kg
ギア7段7段9段7段
アシストのパワー普通パワフル普通普通
折りたたみ可能可能可能不可
保証1年保証2年間の出張修理
事故保証
盗難補償
2年間の出張修理
事故保証
盗難補償
バッテリー3年保証
価格(税込)198,000円129,800円198,000円109,800円
商品購入はこちら購入はこちら購入はこちら購入はこちら

本体の値段だけ見ると、VELMO「Pegasus」と同じです。

ただ、保証面で比べると、2年間の無料出張サービスが付いているVELMO「Pegasus」に軍配が上がります。

楽に持ち上げれる軽さ
軽々持てるPegasus

アシストのパワフルさで比較すると、モーターが350W規格のVELMO「Q2」の方が上です。

Q2
VELMO「Q2」
アシストなしで爽快に走れる
向かい風が吹いていて、坂道があっても楽に走れるQ2

他社と比較すると、すこし見劣りしてしまうENDRAGWAY「Carbon Age」。

こちらの比較表を見ながら、あなたにピッタリのモデルを見つけてくださいね。

Carbon Ageのよくある質問

Carbon Ageのよくある質問

ここでは、Carbon Ageのよくある質問についてお答えしていきます。

ゆんともパパ
1つずつ

見ていきましょう

バッテリーの寿命や交換について

Carbon Ageのバッテリーはリチウムイオン電池を使用していて、500回使用すると、電池容量が80%程まで減少します。

バッテリーの減りが早くなってきたな… と感じたら、費用は現時点(2021年2月時点)で未定ですが、新品に買い替えできます。

1回の充電で長く走りたいなら、別売りのボトルバッテリー(容量5.2Ah)の購入をおすすめします。

保証や返品交換について

商品到着から1年以内は保証が付いています。

また、商品到着から1週間以内の連絡であれば、返品・交換が可能

取扱説明書通りの使用方法で万が一故障が発生した場合、保証期間内であれば全国送料無料・無償で修理が受けられます。

ゆんともパパ
手厚いサポートだから

安心できるね

空気入れは何式?

タイヤチューブのバルブには、英式を採用しています。

タイヤ
英式のタイヤ

英式バルブは日本で1番使われているバルブで、サイクルベースあさひなどの大手自転車屋で無料で空気が入れれます。

ママ
米式や仏式じゃないのがいいね

電動アシストの電源を落とし忘れたら?

モニタースイッチを落とし忘れても大丈夫。

5分操作がないと、自動的に電源が落ちるしくみになっています。

まとめ

当記事では、Carbon Ageの特徴や、良かった点・気になった点をレビューしました。

あらためて、メリット・デメリットをお伝えすると、下記のとおり。

良かったところ
  • 車体が約15.5kgと超軽量
  • 坂道がスイスイ登れる
  • コンパクトに折りたためる
  • デザインがおしゃれ
気になったところ
  • 接合部分の操作に慣れが必要
  • カギやカゴが付いていない

軽くて、持ち運び便利なEバイクを探しているならCarbon Ageがおすすめです。

他社の電動ミニベロと比べて約10kg軽いため、男性はもちろんのこと、女性でも楽に取り扱いできます。

車に積んで、気になる旅先のサイクリング用に使えるのもいいですね。

ゆんともパパ
旅行の楽しみ方が

1つ増えますよ

Makuakeで大評判のCarbon Age。

超軽量の電動ミニベロを探しているなら、絶対おすすめ!

Carbon Ageレビュー!驚くほど超軽量でスタイリッシュな電動アシスト自転車

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • carbon age自転車マクアケで購入したのですが、走行中前輪辺りから擦れ音がして、そのうちにキイキイと音が大きくなってきたら、ハンドルが曲がってきて途中で乗れなくなりました。発送者の方に写メ付きメール下さいと言われ送信したのに返信が来ません。ハンドルが直らないと乗る事が出来ません。どうしたら直るかわかりますか?
    ちなみに、ハンドルを真っ直ぐに持つとタイヤの向きが右側に傾いてます。タイヤを真っ直ぐにするとハンドルが左側に向いてる状態です。直し方わかったら教えて頂きたいです

    • 木嵜ふさ子さん

      コメントいただきありがとうございます。

      はじめに、ハンドルが曲がってしまっているということが
      お怪我はないでしょうか?

      ハンドルの向きを直す方法のお問い合わせ、
      carbon ageの自転車は一度試乗しただけなので
      申し訳ございませんが方法が分かりません…。

      carbon ageは鑫三海株式会社という会社が販売しているため、
      すでにやられているかもですが
      下記の公式サイトやTwitterで問い合わせてみてはいかがでしょうか?

      https://www.sinsankai.co.jp/
      https://twitter.com/afustore_jp

      このサイト(https://www.makuake.com/project/carbon_age/)の情報によると
      1年間は保証が付いていますで
      コンタクトが取れれば、かならず問題が解決できるはずです!

      時間と労力がかかって大変だと思いますが
      いい方向に問題が解決できることを祈っています。

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次