アクアビーズって男の子でも遊べる?おすすめセットと図案7選を紹介!

アクアビーズって男の子でも遊べる?おすすめセットと図案7選を紹介! アクアビーズ
この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、男の子におすすめのアクアビーズを紹介しています。

アクアビーズを始めるのに揃えたいアイテムや、実際に作った作品を写真付きで公開!

また、鬼滅の刃マリオカーズなどのキャラクターに興味がある男の子に向けて、おすすめのイラストシート(図案)を紹介

「水でくっつく」ビーズのおもちゃとして、子どもたちに大人気のアクアビーズ

ママ
ママ

女の子に人気のイメージがあるけど、男の子も遊べるのかな?

ゆんともパパ
ゆんともパパ

男の子に人気の作品には、どんなものがあるのか? 写真付きで詳しく紹介してくね

当ブログ【ゆんとも】では、まずはじめに、男の子向けのアクアビーズにはどんな作品(図案)があるのか? について解説しています。

その後、これからアクアビーズを始める男の子に向けて、最低限揃えたいアイテムや、おすすめの商品人気イラストシートを紹介してきます。

気になるところまで移動

スポンサーリンク

アクアビーズは男の子も遊べる知育おもちゃ

アクアビーズは男の子も遊べる知育おもちゃ

アクアビーズってキラキラしたビーズを使うので、女の子が遊ぶイメージがあるかもしれないですが、男の子も楽しく遊べる知育おもちゃになります。

鬼滅の刃スーパーマリオなどのイラストシートは、男の子に大人気です。

3歳の息子ははじめ、アクアビーズにまったく興味が無さそうでしたが、5歳の娘が楽しそうに作品を作っている姿を見て「ぼくもやりた~い」と言うようになりました。

ママ
ママ

今ではお姉ちゃんと同じくらい、ハマっているよね

息子はまだ3歳で、一つずつビーズを手に取って置いていくのが難しいので、かたちビーズトレイを使って遊んでいます。

かたちビーズトレイで遊ぶ3歳の息子

男の子が遊ぶおもちゃって、トミカやレゴ、プラレールなど、すでにあるものを組み立てる遊びが多いですよね。

一方、アクアビーズは、1から自分の手で作品を作っていく遊びです。

ママ
ママ

0から作品を作る過程が、すごく楽しいみたいだね

プラレールやレゴで遊ぶのが大好きだった3歳の息子ですが、今ではアクアビーズで遊ぶ時間の方が長くなっています

ちなみに、息子が一番気に入っている作品は、恐竜と車になります。

息子の作品

ママ
ママ

パパと一緒に作った作品だよね

ゆんともパパ
ゆんともパパ

完成するまでにすごく時間がかかったけど、それが逆に思い出になっているよね

自分が作った車と恐竜の作品を手に取って、追いかけっこをして楽しく遊んでいる3歳の息子を見て、アクサビーズを買ってよかったなと感じています。

3歳の息子がアクアビーズで遊ぶ様子は、こちらの記事で紹介しているので、詳しく知りたいパパママは参考にして下さい。

アクアビーズで遊ぶのに必要なアイテム

アクアビーズで遊ぶのに必要なアイテム

アクアビーズで最低限そろえたいアイテムは、下記の3つになります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

それぞれのアイテムを、詳しく紹介していくね

ビーズ

1つ目に必要なアイテムは、ビーズになります。

ビーズ

ビーズは、単品と、色んなビーズがセットになった商品の2種類あります。

ぼくがおすすめするのは、セットの商品になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

色が華やかで、かっこいい作品が作れるからね

ビーズトレイ or かたちビーズトレイ

2つ目に必要なアイテムは、ビーズを置いていくビーズトレイになります。

ビーズトレイ

ビーズトレイには小さな穴がたくさん空いていて、イラストシートを見ながらその穴にビーズを埋めていきます。

トレイにビーズを埋め終わると、下記の写真のように作品が出来上がります

ビーズトレイの作品

4~5歳の男の子なら、トレイは「ビーズトレイ」でいいと思います。

まだ手先が器用に使えない3歳の男の子は、ビーズをトレイに入れていく「かたちビーズトレイ」がおすすめです。

3歳の作品

現在、かたちビーズトレイは、ファインディング・ドリーのみの販売になるので、お子さんが3歳の場合は下記の商品がおすすめです。

専用きりふき

3つ目に必要なアイテムは、専用きりふきです。

作品ができたら、最後に専用きりふきで水を吹きかけます。

専用のきりふき

水を吹きかけると、糊の力でビーズがくっつきます。

30分から1時間くらいそのままにしておくと、作品ができます。

恐竜の作品

ママ
ママ

必要なアイテムは、「ビーズ・トレイ・きりふき」の3点セットということだね

男の子におすすめのアクアビーズセット2選

男の子におすすめのアクアビーズセット2選

上記で紹介した3点セットは、最低限そろえたいアイテムになります。

ですが、長く遊ぶならビーズケースやイラストシート(図案)がセットになった商品をおすすめします。

ここでご紹介する2つの商品は、男の子がアクアビーズで遊ぶのに揃えたいセット商品を2つご紹介していきたいと思います。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

コスパで選ぶなら、この2つ!

1つずつ、中身をくわしく紹介していきますね。

おすすめ①はじめてのアクアビーズ

「はじめてのアクアビーズ」は、アクアビーズで遊ぶアイテムがすべて揃っている商品になります。

はじめてのアクアビーズ

中に入っているアイテムは、下記になります。

セット内容

ママ
ママ

ビーズやトレイ、きりふき、イラストシートがすべて入っているんだね!

イラストシートには、車やロケットといった乗り物や、ステゴサウルス(恐竜)といった男の子が大好きなキャラクターが書かれています。

イラストシート

アイテムを単品で揃えると割高になってしまうので、アクアビーズを始めるならこちらのセット商品をおすすめします。

あえて残念な点を挙げるとすると、かたちビーズトレイが付いていないところ。

もし3歳の男の子が遊ぶなら、かたちビーズトレイとセットで購入することをおすすめします。

おすすめ②デラックスセット

デラックスセットは、アクアビーズで長く遊ぶことを考えているパパママにおすすめの商品です。

デラックスセットの中身は、下記になります。

デラックスセット内容

1つ目にご紹介した「はじめてのアクアビーズ」との大きな違いは、下記になります。

デラックス
  • ビーズ:約3,200個
  • かたちビーズトレイ:2個
  • マジカルペン:○
  • イラストシート:12枚
  • 図案:車、動物、恐竜など
はじめての
  • ビーズ:1,300個
  • かたちビーズトレイ:0個
  • マジカルペン:☓
  • イラストシート:2枚
  • 図案:車、ロケット、恐竜など

デラックスセットの魅力は、アクアビーズのアイテムが全部そろうところ。

デラックスには、「はじめてのアクアビーズ」には無かった「かたちビーズトレイ」も入っています

ママ
ママ

イラストシートが12枚入っているのもいいね!

ゆんともパパ
ゆんともパパ

すこし値段が高くなるけど、長く遊ぶなら「デラックス」の方がコスパがいいよ!

男の子におすすめのアクアビーズ図案7選

アクアビーズで作品を作っていくには、イラストシートが必要になります。

イラストシートは、「図案」と呼ばれることもあります。

ここでは、男の子に人気の図案を7つ、ご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃

作れるキャラクター炭治郎、襧豆子、善逸、伊之助
セット内容ビーズ、イラストシート4枚、チェーンパーツ、カラーストラップ

スーパーマリオ

作れるキャラクターマリオ、ルイージ、クッパなど
セット内容ビーズ、イラストシート4枚

カーズ

作れるキャラクターライトニング・マックィーン、サリー・カレラなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚、スタンド

スプラトゥーン2

作れるキャラクターガール、ヒメ、イイダなど
セット内容テーブルトレイ、ケース、ビーズ、イラストシート3枚など

ミニオンズ

作れるキャラクターケビン、オットー、ボブ、スチュアートなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚

恐竜セット

作れるキャラクターブラキオサウルス、ティラノサウルスなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚、スタンドパーツ、ジョイントパーツ

昆虫セット

作れるキャラクターヘラクレスオオカブト、オオクワガタなど
セット内容ビーズ、イラストシート2枚、スタンドパーツ、ジョイントパーツ

アクアビーズでよくある質問

ここでは、アクアビーズを買う時にパパママが疑問に思う点についてまとめました。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

1つずつ、くわしく見ていこね

3歳からでも遊べるの?

アクアビーズは、3歳から遊べる知育おもちゃです。

3歳の息子が作った作品が、こちらです。

3歳のアクアビーズ作品

3歳の場合、まだ器用に小さいビーズをトレイに置くことができないので、はじめは「かたちビーズトレイ」で遊ぶことをおすすめします。

3歳の息子が遊ぶ様子について詳しく知りたいパパママは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

ビーズを買い足すとき、単品とセットはどっちがお得?

ビーズを買い足すときは、セットで購入するほうがコスパがいいです。

単品とセットで買う時のビーズの値段を比較したのが、下記になります。

商品値段(税込)ビーズ1個あたりの値段
単品314円0.75円
8色セット694円0.58円
16色セット1,255円0.52円
5,000ビーズセット2,836円0.56円

ビーズだけが欲しい場合、もっともコスパがいいのは「16色セット」になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

5,000ビーズセットには、イラストシートやトレイが入っているから、その分、ちょっと高くなっているよ

ビーズを買い足すなら、ビーズ1個あたりの値段がもっとも安い「16色セット」にしましょう。

ポケモンの図案ってあるの?

アクアビーズに、ポケモンの図案はありません

ポケモンの図案があるのは、アイロンビーズになります。

アイロンビーズとは、熱の力でビーズをくっつけるおもちゃになります。

アイロンビーズ

ママ
ママ

アクアビーズと何が違うの?

アイロンビーズとの違いは、下記になります。

アクアビーズ
  • 1ビーズの値段:0.5~0.6円
  • 安全性バツグン
  • 手にくっつくことがある
  • キャラクター作品が豊富
  • 完成までの時間が長い
アイロンビーズ
  • 1ビーズの値段:0.1~0.2円
  • 安全性はちょっと心配な所も
  • 手にくっつかない
  • キャラクター作品が少ない
  • 完成までの時間が少ない

上記を見ると分かると思いますが、それぞれ良い点・残念な点があります。

2つとも子どもたちに人気のおもちゃですが、どちらも家にあるぼくがオススメするのは「アクアビーズ」になります。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

安全性が高くて、男の子に人気のキャラクターの図案が多いからだよ

ママ
ママ

アクアビーズの方が、作品がカッコいいのもあるよね

お子さんが「どうしてもポケモンが作りたい!」ということであれば、アイロンビーズをおすすめします。

鬼滅の刃や恐竜など、いろんなキャラクターに興味があるなら、アクアビーズが良いでしょう。

まとめ

アクアビーズは、男の子も遊べる知育おもちゃです。

鬼滅の刃やマリオ、スプラトゥーン2のイラストシートは、とても人気があります。

最低限そろえたいアイテムは、「ビーズ・ビーズトレイ・専用きりふき」の3つになります。

ただ、長く遊ぶのであれば必要なアイテムがすべて揃うセット商品がおすすめです。

ゆんともパパ
ゆんともパパ

単品で買い足していくと、割高になるからね

これから始めるお子さんにおすすめのセット商品は、「はじめてのアクアビーズ」になります。

3歳のお子さんは、まだ1つずつビーズを決まった場所に置いていくのが難しいので、トレイに入れてくだけで作品が作れる「かたちビーズトレイ」を一緒に買うことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました